GoToトラベル「同じ県内」でも適用/JTBは限定プランやクーポン発行・東京発着はキャンセル料不要に

公開日:2020年08月20日

新型コロナウイルスで打撃を受けた観光産業を支援し、国内の旅行需要を喚起するための事業である「Go Toトラベルキャンペーン」は7月22日からスタートしました。

運用開始直前に東京発着の旅行はキャンペーン対象外と決定されましたが、10月からはこの規則を改め、東京発着もその対象に含まれています。

各旅行会社やOTAはどのような対応をとっているのでしょうか。

この記事では、JTBのGo Toトラベルキャンペーンへの対応について紹介します。

関連記事
GoTo トラベル:国内旅行の「半額」支援 予約済みも対象

JTBの Go Toトラベルキャンペーンへの対応

JTBは、Go Toトラベルキャンペーンの実施に伴い、2020年7月1日より公式サイトにて専用ページを開設しています。

専用ページでは、JTBでのGo Toトラベルキャンペーンの利用方法や補助額の目安一覧表、また、Go Toトラベルキャンペーンの対象となるおすすめの旅行商品の案内などを掲載しています。

JTBでGo Toキャンペーンの対象となる予約期間は 2020年7月27日(月)以降で、対象宿泊期間は 2020年7月22日(水)~2021年1月31日(日)(2月1日(月)チェックアウト分まで)予定としています。

キャンペーンの利用は、インターネット、またはJTB店舗(直営店)や電話(JTB旅の予約センター)での予約で可能です。

インターネットの場合、申込みの際に専用ページに記載されているクーポンコード・パスワードを入力することで利用できます。

JTB店舗や電話の場合は、相談する際にGo Toトラベルキャンペーンの利用を希望する旨を伝えると、キャンペーンの対象商品が提案されます。

対応している旅行商品の例

JTBでは、Go Toトラベルキャンペーンの対象は、宿泊を伴う旅行商品(参加事業者として指定された宿泊施設に限る)とし、該当する商品は以下としています。

  • 募集型企画旅行(「エースJTB」「JTBダイナミックパッケージMySTYLE」「夢の休日 国内」など)
  • 手配旅行(宿泊のみ)
  • 国内宿泊るるぶトラベルプラン
  • 受注型企画旅行

また、JTBではGo Toトラベルキャンペーンに加えて、2020年8月31日(月)までにオンラインで予約した、2020年7月22日(水)~2021年1月31日(日)期間中1回の利用が10,000円以上の国内宿泊・ツアーに対し、毎回最大3,000ポイントが付与されます(※最大10回目まで)。

一方で、以下の旅行商品については、政府の方針に従い、当面の間キャンペーンの対象外としています。

  • 東京都が目的地となっている旅行(※東京都での宿泊、入場・下車観光・食事が含まれる旅行)
  • 東京都に居住する方の旅行(※旅行の申込み時、宿泊施設へのチェックイン時等に、住所が証明できる書類(運転免許証等)の提示を求め確認を行う) 

注意点など

キャンペーンの対象予約期間前の、7月26日(日)以前にJTBから予約された旅行商品に対しても、条件を満たせば事後還付手続きの対象となります。

対象宿泊期間は2020年7月22日(水)から2020年8月31日(月)(9月1日(火)チェックアウト分まで)まで、対象商品の種類は通常と同様です。

手続きの申請は、支払先(インターネット・JTB店舗・電話)から行うとされています。ただし、詳細は現在調整中であり、実際の申請は8月中旬以降と想定されています。

また、東京発着の旅行がGo Toキャンペーンの対象外となったことを受けて、JTBでは、2020年7月10日(金)から17日(金)の間にJTBにて予約された「東京都を目的地とする旅行」と「東京都に在住している方の旅行」の旅行取り消しについて、キャンペーン対象外となったことを理由にしたものについては、キャンセル料を収受しないとしています。すでにキャンセル料を支払った場合には、返金対応を行っています。

さらにJTBは専用ページにて、Go Toキャンペーンを利用した旅行に関して、新型コロナ感染予防に十分配慮しながら旅行をするよう、利用客に注意を促しています。

6月の日本人宿泊者数、5月比8割増で好転:7月はGo To開始でさらなる回復期待【宿泊旅行統計】

観光庁は7月31日、宿泊旅行統計調査の2020年6月第1次速報と5月第2次速報を発表しました。宿泊旅行統計調査とは、日本人・外国人の宿泊状況を明らかにし、延べ宿泊者数・実宿泊者数、客室稼働率、国籍別の延べ宿泊者数などをデータ化したものです。 調査は月ごとに実施されています。発表された調査データによると、2020年6月の延べ宿泊者数は1,394万人泊で、前年同月比69.6%減となりました。また、外国人延べ宿泊者数は前年同月比98.2%減と、前月に引き続き大きく落ち込んでいます。一方で、日本人...

JTBの独自クーポン「同一都道府県内」Go Toトラベルキャンペーンに合わせて展開

JTBでは、Go Toトラベルキャンペーンのほかにも「都道府県民限定プラン・クーポン」を用意しています。

「都道府県民限定プラン・クーポン」は、落ち込んだ旅行需要を呼び起こしなるべく早くに回復させることを目的に、より気軽に選択できる同一都道府県内の旅行を訴求するクーポンです。

クーポンは、同一県内の旅行者を対象とした限定プランや、同一県内での宿泊を対象としています。

JTB公式サイトでのネット予約でのみ利用可能で、JTBトラベルメンバーへの会員登録とメルマガ登録が必要です。予約画面にてクーポンコードと専用パスワードを入力することで利用できます。

47都道府県すべてにクーポンが用意され、それぞれに利用上限枚数が設定されています。上限に達し次第配布終了となり、一部の地域ではすでに配布が終了しています。

Go Toトラベルキャンペーンとは

Go Toトラベルキャンペーンとは、国内旅行を対象に宿泊・日帰り旅行の代金の2分の1相当額を支援する、政府による観光事業です。

補助額の上限は、宿泊旅行で1人1泊当たり2万円、日帰り旅行は1万円で、連泊での補助額の上限や利用回数の制限は設けられていません。

補助の内訳は、7割が旅行代金の割引、3割は旅行先で使える地域共通クーポンの付与とされています。

そのため、実質の旅行代金の割引額は35%分で、上限は宿泊旅行で1人1泊当たり1万4,000円、日帰りの場合は1人当たり7,000円です。クーポン付与は9月頃より始まる見通しのため、現在は割引額のみで先行スタートしています。

なお、今回のGo Toトラベルキャンペーンは、個人旅行だけでなく、旅行会社や予約サイト経由での修学旅行や社員旅行などの団体旅行も対象となります。

「Go To Travel」キャンペーンとは?徹底解説:仕組み・対象をおさらい/期待と不安交じる事業者の声

Go To Travelキャンペーンが、本日7月22日に開始します。キャンペーンの開始を受けて、安倍首相は「国民の協力を頂きながら、慎重に経済活動を再開していく方針に変わりはない」と、キャンペーンを継続する意向を示しています。一方、ここ数週間で新型コロナウイルス感染が再拡大していることから、東京発着が対象外となるなど、キャンペーンの仕組みに変化もみられました。本記事では、Go To Travelキャンペーンの仕組みや対象について、改めて解説します。関連記事Go To Travel 7月22...

<参照>

JTB「Go Toトラベルキャンペーン」専用ページ

JTB「都道府県民限定プラン・クーポン」専用ページ

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!