地方でのコト消費に中国旅行会社様が興味津々!「オンライン商談会」レポート:公益社団法人鹿児島県観光連盟様

公開日:2020年11月27日

訪日ラボでは、コロナ禍で現地での商談実施が難しいインバウンド事業者様向けに、海外の旅行代理店を直接つなぐ「オンライン商談会」サービスを展開しています。

この「オンライン商談会」は、要望と目的に合わせて、一つの海外旅行会社とじっくり話すことができる「個別商談会」と多くの海外旅行会社にプレゼンテーションできる「PRセミナー」の2つの形式を用意しています。

本記事では、10月20日に訪日ラボと株式会社フレンドリージャパンが共催した、中国旅行会社との「個別商談会」を紹介します。

この日は、計6社の中国旅行会社との個別商談会が行われました。

今回は、北京凯撒旅游様、途益集団様、南京途牛国際旅行社様の3社との商談様子をまとめて紹介します。

プレゼンターは、鹿児島全体の観光振興を推進する公益社団法人鹿児島県観光連盟様です。

「オンライン商談会」についてのお問い合わせはこちら

オンライン商談会とは

「オンライン商談会」とは、訪日ラボおよびパートナー企業の独自のネットワークで、日本の地方自治体/DMO/観光協会/民間企業と海外の旅行代理店をマッチングし、Web会議ツールなどを利用してオンライン上で行う商談会のことです。

従来の海外での商談会、旅行博、セールスコール(*1)で大きな負担となるコストを省き、効率よく、また昨今のコロナ禍でも安全に商談を実施できるサービスです。

今回のオンライン商談会は、「個別商談会」と「PRセミナー」の2つの形式で行われます。

「個別商談会」は、海外旅行会社との1対1のオンライン会議です。45分間の商談時間が確保できるため、一つの会社とじっくり商談を進めることが特徴です。

「PRセミナー」とは、日本の企業・団体をプレゼンターとしたウェビナーです。多数の海外旅行会社に一度に魅力を伝えられることがメリットです。

なお、「PRセミナー」、「個別商談会」共に事務局として訪日ラボ及びパートナー会社が同席し、進行のサポートを行ないます。今回は株式会社フレンドリージャパンと共同して事務局を運営しました。

*1:海外に赴き、現地の旅行代理店等に営業活動をすること

大手鉄道会社も注目!「オンライン商談会」PRセミナー :阪急阪神ホールディングス様、東武鉄道株式会社様

訪日ラボではコロナ禍でもインバウンド事業者様に安全かつ効率的に営業活動をしていただくため、海外の旅行代理店をつなぐ「オンライン商談会」を随時開催しています。今回ご紹介するオンライン商談会では、一度に多くの海外旅行会社にプレゼンテーションできる「PRセミナー」と、一つの海外旅行会社とじっくり話すことができる「個別商談会」の2つの形式を用意しています。本記事では前回に引き続き、10月19日に訪日ラボと株式会社フレンドリージャパンが共催した、中国旅行会社様向けの「PRセミナー」の様子の一部を紹介...

30社を超える中国旅行会社に一度にプレゼン!「オンライン商談会」PRセミナー:横浜観光コンベンション・ビューロー様、株式会社よみうりランド様

コロナ禍で海外旅行会社への営業活動が難しいなか、訪日ラボでは海外の旅行代理店と日本国内の事業者をつなぐ「オンライン商談会」を随時開催しています。また、この「オンライン商談会」では目的に応じて、一度に多くの海外旅行会社にプレゼンテーションできる「PRセミナー」と、一つの海外旅行会社とじっくり話すことができる「個別商談会」の2つの形式を用意しています。本記事では、10月19日に訪日ラボと株式会社フレンドリージャパンが共催した中国旅行会社との「PRセミナー」を紹介します。今回紹介するプレゼンター...


「個別商談会」参加者のご紹介

今回の記事は、10月20日に開催した中国旅行会社とじっくり話すことができる「個別商談会」を紹介します。

本記事では「個別商談会」で行われたプレゼンテーションの一部を紹介します。

公益社団法人鹿児島県観光連盟様

公益社団法人鹿児島県観光連盟様は、鹿児島県における観光産業の振興に関する事業を推進することによって、地域の活性化や地域経済の発展に寄与することを目的とします。

参加会員は同県にある宿泊施設や交通・運輸・旅行業、印刷・広告代理店など多岐に渡り、計465社・団体となっています。(2020年11月20日時点)

こうした多種多様なネットワークを活用し、「観光客の誘致促進」と「観光客の受け入れ体制の整備」の2つの事業を中心に様々な取り組みを展開しています。

当日の様子

今回紹介する「個別商談会」は以下の流れで行われました。

  • 公益社団法人鹿児島県観光連盟様からの会社紹介、サービス紹介・・・約30分
  • 中国旅行会社様からのご質問・・・約15分

実際の商談会の様子の一部を紹介します。

公益社団法人鹿児島県観光連盟様のプレゼンテーションの一部をご紹介

公益社団法人鹿児島県観光連盟様のプレゼンテーションでは、「自然環境」「温泉」「体験・アクティビティ」「食」の4つの側面で、鹿児島の持つ独特な観光魅力を伝えました。

まず自然環境では、中国映画「一出好戯」のロケ地でもあり中国で高い知名度を有する「屋久島」や、活火山を間近で楽しめる「桜島」を紹介しました。

そして温泉では、砂蒸し温泉や海に面した、たまて箱温泉など鹿児島でしか体験できない温泉スポットをPRしました。

砂蒸し温泉のイメージをより具体的に伝えるため、動画を交えながらのプレゼンテーションも行われました。

▲[動画で砂蒸し温泉の入り方をご紹介]
▲[動画で砂蒸し温泉の入り方をご紹介]

さらに近年訪日中国人観光客が高い関心を持つ体験・アクティビティでは、肥薩おれんじ鉄道が運行する観光列車「おれんじ食堂」や火山灰アート体験、握り寿司や巻き寿司を作ることができる寿司体験学校などに関する紹介でした。

最後に食においては、鹿児島黒牛やかつおぶし、かき氷「白くま」などのグルメを説明しました。

そのほか、オンライン上でも実際の商談に近い環境を提供できるよう、公益社団法人鹿児島県観光連盟様が様々な工夫をしていました。

例えば、プレゼンテーションが始まる前のアイスブレイクライムで、中国の旅行会社様に「鹿児島、よくご存知でしょうか?」を聞いて、 一社一社の理解度や要望に合わせて紹介内容を調整しました。

そしてプレゼンテーションは一方的に説明するのではなく、途中に聞き手に対して質問を投げかけたり、終了後改善点などの意見を聞いたりして、相互的なコミュニケーションを取ることに意識していました。

中国の旅行会社様からのご質問

プレゼンテーションの終わりに、中国旅行会社様からの質疑応答の時間が設けられ、活発なやりとりが行われました。

質問内容は、観光スポットの詳細な情報や訪日中国人の「コト消費」欲求を満たすおすすめ場所、越境EC展開の可能性など、多岐に渡ります。その一部を紹介します。

北京凯撒旅游様

北京凯撒旅游様が世界的にも珍しい砂むし温泉について興味を示しており、砂むし温泉の安全性や施設の設備に関する質問をしました。

  • 砂むし温泉の温度はどれくらいでしょうか。また砂にかけられるので、砂浴のあと風呂などの設備も提供されていますか?

砂むし温泉はとても熱いですが、かける砂が4、50度になるようにスタッフが調節してくれます。また、風呂などの設備も完備しており、服装を保管するロッカーやシャワーを浴びるところを提供しています。このように、砂むし温泉では安全面と衛生面両方とも整えています。

途益集团様

コロナ禍で人の往来が制限されている現在、インバウンドの激減で経営に苦しむ小売業の打開策として、越境ECが注目されています。

途益集团様は中国人向けの越境ECも運営しており、日本の化粧品やグルメ、日用品などを販売しています。

質疑応答の時間では、途益集团様は越境EC展開の可能性について聞きました。

  • 公益社団法人鹿児島県観光連盟様とコラボして、鹿児島の名産品を弊社の越境ECで取り扱うことができますか?

公益社団法人鹿児島県観光連盟は以前、香港の旅行会社様から鹿児島の黒牛等を香港で入手することについてご相談をいただき、香港で流通経路を持つ本県の業者様をご紹介したことがあります。
ただし、香港における輸入規制と中国における輸入規制が異なるため、物産販売の担当者に確認する必要があります。商談会終了後、物産販売の担当者につなぎます。

南京途牛国際旅行社様

前述したとおり、近年訪日中国人観光客は体験やアクティビティといった「コト消費」に注目し、その土地でしか味わえない空間や経験を求める傾向にあります。

このような背景も受けて、南京途牛国際旅行社様は体験に関連する質問をしました。

  • アンパンマン博物館やカップヌードルミュージアムのような、手づくり体験を提供する観光スポットはありますか?
さつま揚げ手づくり体験や桜島天然温泉掘りツアーなど、鹿児島ならではのアクティビティが多くあります。しかも鹿児島は都会のように混雑しないため、ソーシャルディスタンスを重視する今の旅行者におすすめします。

オンライン商談会へのお問い合わせはこちら

今回の事例では、スライドや動画を活用したり、双方向のコミュニケーションを実践したりすることで、商談をオンライン上でもスムーズに行われることがわかります。

新型コロナウイルスの収束後を見据えたプロモーションについてお困りの方は、ぜひ「オンライン商談会」のご参加をご検討ください。

詳しいサービス内容の説明をご希望される方は、下記のお問い合わせフォームからお願いいたします。

「オンライン商談会」についてのお問い合わせはこちら

オンライン商談会をサポート/低コスト×高効率 インバウンド市場に向けたセールスコールの機会【訪日ラボ】

訪日ラボはこの度、地方自治体/DMO/観光協会/民間企業と海外の旅行代理店をつなぐ「オンライン商談会」サービスをはじめました。新型コロナウイルスの感染拡大の影響で世界的に渡航が制限されている現在、インバウンド業界におけるセールスコール(商談)の実施は困難な状況が続いていました。一方で、日本政府は対象国や渡航目的を絞って段階的に渡航制限緩和を進めているなど、着実にインバウンド業界の「反転攻勢」への準備は整えられています。今回訪日ラボがサービスを開始した「オンライン商談会」は、感染拡大の抑止と...

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!