【外国人が多く住む自治体トップ50】コロナ影響か新宿区は激減 川口市が首位に

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

在留外国人インバウンドには密接な関係があります。新型コロナウイルスの感染拡大の中、インバウンド業界では在留外国人が注目されています。

というのもコロナ渦が落ち着いて一般の観光客の渡航制限が解除された時、日本にいる在留外国人と再会するために、現地の知人・親族が日本に訪れる動きが予想されます。これをVFRVFR:Visiting friends and relatives)といいます。

在留外国人が多く住んでいる地域では、その分コロナ収束後のインバウンド消費が期待できるかもしれません。では、日本で在留外国人が多い地域はどこなのでしょうか。公的機関が公表している情報を参照してみましょう。

関連記事:「コロナ収束後の友人・家族の再会」需要を掴めるか:渡航制限解除後の「VFR」向けの対策とは

インバウンド対策にお困りですか?
「訪日ラボ」のインバウンドに精通したコンサルタントが、インバウンドの集客や受け入れ整備のご相談に対応します!
訪日ラボに相談してみる

インバウンドの最新情報をお届け!訪日ラボのメールマガジンに登録する(無料)

在留外国人が多い都道府県は?

例えば東京の池袋近辺に住んでいる中国人であれば、池袋の日々をWeibo微博)やWeChat微信)やDouyin(抖音)で紹介していても不思議ではありません。

またリトルインディアと言われる西葛西に住んでいるインド人であれば、西葛西の生活のほか、西葛西を通る地下鉄東西線の都心方面への理解はありそうですし、その情報をFacebookで発信しているかもしれません。

ひと昔前と比べれば、日本で外国人を目にすることは決して珍しいことではなくなりました。それだけコロナ後の観光業界・インバウンド業界にとって、在留外国人の発信力は重要といえます。

出入国在留管理庁が「令和2年末現在における在留外国人数について」というリリースによると、令和2年末の在留外国人数は288万7,116人であり、前年末に比べ4万6,021人(1.6%)減少したということです。

前年末に比べて減少したのは実に平成24年以来8年振りであり、コロナ禍の影響の深さがここでも伺えるようです。

では日本のどの地域にどこの国の人が多く住んでいるのでしょうか。まずは都道府県単位でみてみましょう。

▲在留外国人が多い都道府県ランキング:法務省 都道府県別 年齢・男女別 在留外国人(総数)2020年6月調査より
▲在留外国人が多い都道府県ランキング:法務省 都道府県別 年齢・男女別 在留外国人(総数)2020年6月調査より

1位の東京都が約56万人です。これは、全在留外国人約288万人の2割を占めていることです。2位以降は27万人の愛知県、25万人の大阪府、23万人の神奈川県と続きます。

ちなみに東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県の関東エリアを合わせると約116万人で、全体の4割を占めます。関西エリアである大阪府、京都府、兵庫県を合計すると全体の15%弱にあたる約43万人になります。

在留外国人が多い市区町村ランキング

さらに法務省が公開しているデータからは、在留外国人総数上位100市区町村を確認することもできます。その内の上位50を抜粋して紹介します。

▲在留外国人が多い市区町村ランキング※上位50市区町村抜粋:法務省 在留外国人数上位100自治体から
▲在留外国人が多い市区町村ランキング※上位50市区町村抜粋:法務省 在留外国人数上位100自治体から

1位は東京都新宿区を押さえ、埼玉県川口市となりました。川口市は中国人、ベトナム人など多くの外国人が居住しています。その主な理由は東京へのアクセスの良さ、住宅費が比較的安いことなどが考えられます。
2位は東京都新宿区です。新宿区は新大久保、大久保、高田馬場などに多くの外国人向けショップがあり、多くの日本語学校もありますが、最新の統計では大きく減少へ転じています。これは新型コロナの影響による学生数の減少が影響していることが考えられます。
3位は東京都江戸川区で、最新の統計では新宿区に迫る数字となっています。江戸川区といえばエスニックタウンの小岩や、リトルインディアの西葛西などが知られています。以下足立区、江東区、板橋区と続きます。

関西では大阪市生野区がトップに。東海地方は大手メーカーの工場地帯が目立つ

関西では、全国では7位の大阪市生野区がトップとなりました。生野区では韓国系住民が多く住むことで知られています。つづいて東大阪市、神戸市中央区、尼崎市と続きます。

愛知県では豊田市、豊橋市、岡崎市といった三河地方が上位にランクインしたほか、中京圏では岐阜市や四日市市がランキングに入るなど、もの作りが強い都市に多く在留外国人がいることがわかります。

東京23区内の在留外国人の多い地域は?

首都である東京都はやはりとりわけ多くの外国人が住んでおり、ランキング上位を東京都エリアが独占する結果となりました。それでは、東京都内に着目し、23区内の在留外国人の数を国籍別に見てみましょう。

東京23区内の在留外国人総数と国籍別人数 東京都総務局統計部 第三表より
▲東京23区内の在留外国人総数と国籍別人数:東京都総務局統計部 第三表より

新宿区は新大久保があることから韓国人が多く、江戸川区は西葛西がありインド人が多いことがわかります。豊島区は中華街があることで知られていますが、在留外国人の数自体は隣の板橋区と比べて少ないことがわかりました。

東京都以外の地方自治体でも在留外国人の人口について統計をまとめており、その多くはWEBサイト上で公開しています。

特にここでランクインした在留外国人が多い自治体は、冒頭で書いたとおり外国人のインフルエンサーを潜在的に抱えていることから、いかにコロナ後のVFRに繋げられるかが重要となります。

日本の旅行を在留外国人に楽しんでもらおうと、JNTO(日本政府観光局)やJR東日本などが施策をしています。各自治体担当者はアフターコロナに向けて在留外国人に向けたプロモーションを検討をしてみてはいかがでしょうか。

インバウンド対策にお困りですか?
「訪日ラボ」のインバウンドに精通したコンサルタントが、インバウンドの集客や受け入れ整備のご相談に対応します!
訪日ラボに相談してみる

訪日ラボ セミナー紹介&最新版インバウンド情報まとめ

専門家が徹底議論!地域に眠る観光資源の「磨き上げ」、結局何をしたらいいの


観光庁は、インバウンドの地方誘客を目的とし、「観光資源の磨き上げ」を推進しています。

これに沿って観光コンテンツの造成や発信力強化に取り組みたいと思うものの、「何からやればいいのかわからない」「やってはみたものの、まだ観光客を呼びこめていない」といった悩みを抱えている自治体・企業の方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで今回は、食体験、ツアー造成、アクティビティ、アドベンチャートラベルなどを専門として第一線で活躍するスペシャリストたちが集結

「観光資源の磨き上げ」とは何なのか、外国人を惹き付ける観光コンテンツはどう作り、どう発信するべきなのか、徹底議論します!

詳しくはこちらをご覧ください。
専門家が徹底議論!地域に眠る観光資源の「磨き上げ」、結局何をしたらいいの?

成功事例から見るインバウンド対策とは。外国人採用の実例から紐解く成長戦略

インバウンド(国際)市場の拡大に伴い、国内では大阪万博やインバウンドへの対応などでグローバルに対応できる環境が必要になっており、日本企業にとって国際市場での競争力確保は重要な課題の一つとなっています。

その鍵を握るのが、インバウンド対策と効果的な外国人採用です。外国人観光客やビジネスパートナーを惹きつけ、国際的な人材を活用することで、企業は新たな成長戦略を構築し、市場で競合に勝つことができます。

今回のセミナーでは、実際に行われた人材活用法を通じて、インバウンド対策と外国人採用が企業にもたらす効果について解説いたします。

実際の事例から学び、自社に適した戦略を見出すためのヒントを得ながら、日本企業がグローバルな舞台で勝ち抜くために必要なスキルや知識を共有し、新たなビジネスの可能性を発見できる機会となっています。

詳しくはこちらをご覧ください。
成功事例から見るインバウンド対策とは。外国人採用の実例から紐解く成長戦略

【インバウンド情報まとめ 2024年5月前半】外国人宿泊者数「中国」がコロナ後初の1位に 他


訪日ラボを運営する株式会社movでは、観光業界やインバウンドの動向をまとめたレポート【インバウンド情報まとめ】を毎月発行しています。

この記事では、2024年5月版レポートから、4月~5月前半のインバウンド最新ニュースを厳選してお届けします。

最新情報の把握やマーケティングのヒントに、本レポートをぜひご活用ください!

本レポートの内容は、原則当時の情報です。最新情報とは異なる場合もございますので、ご了承ください。

※【インバウンド情報まとめ】は2024年5月より月2回発行いたします!最新情報の把握やマーケティングのヒントに、本レポートをぜひご活用ください!

口コミアカデミーにご登録いただくと、レポートの全容を無料にてご覧いただけます。

詳しくはこちらをご覧ください。
岸田首相「2030年に訪日客6,000万人」改めて言及 / 外国人宿泊者数「中国」がコロナ後初の1位に【インバウンド情報まとめ 2024年5月前編】

今こそインバウンドを基礎から学び直す!ここでしか読めない「インバウンドの教科書」

スマホ最適化で、通勤途中や仕込みの合間など、いつでもどこでも完全無料で学べるオンラインスクール「口コミアカデミー」では、訪日ラボがまとめた「インバウンドの教科書」を公開しています。

「インバウンドの教科書」では、国別・都道府県別のデータや、インバウンドの基礎を学びなおせる充実のカリキュラムを用意しています!その他、インバウンド対策で欠かせない中国最大の口コミサイト「大衆点評」の徹底解説や、近年注目をあつめる「Google Map」を活用した集客方法など専門家の監修つきの信頼性の高い役立つコンテンツが盛りだくさん!

→ 【無料】「インバウンドの教科書」を見てみる4月から観光・インバウンドに関わる仕事に就いたり、関連部署へ異動となり、知識のインプットに追われていませんか? また、より一層事業を推進するために必要な学び直しの機会を設ける担当者も増えてきております。
このセミナーでは、
新担当になって、インバウンドの何から始めたらいいか分からない
インバウンド推進が本格化し、改めて情報やノウハウを学び直したい
そもそもインバウンドに興味があるが、情報を収集できていない
方にとって必要な基礎情報と、知っておきたい新情報をお届けする機会となっております!
詳しくはこちらをご覧ください。
→4月までに学んでおきたい!【基礎から始めるインバウンド対策】 〜ラーチーゴー & ジャパンガイドが教える市場別最新データ〜

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

山谷剛史

山谷剛史

76年東京生まれ。東京池袋近辺、中国雲南省昆明育ち。フリーランスライター。36kr日本語版のお手伝い。前職NNA。2002年より中国やアジアのITやトレンドについて執筆。中国IT業界記事、中国流行記事、中国製品レビュー記事を主に連載。著書に「中国S級B級論(共著)」「中国のインターネット史」など。

プロモーションのご相談や店舗の集客力アップに