【2021年】中国の休日・祝日カレンダー 過ごし方のトレンドも早わかり!

中国人を迎え入れる旅行業界や、インバウンド関連の業務に携わる人々にとって、中国の祝日を把握しておくことはとても重要でしょう。

以下では、人民報が2020年11月に報じた「中国の2021年の祝日・連休スケジュール」に基づき、2021年の中国の祝日・休日をまとめました。

なお、中国では毎年祝日の日程が変動します。2022年版は2021年11月ごろ中国国務院により発表される予定です。

関連記事:コロナ後の中国インバウンドの動向は?各種データ、富裕層対策やプロモーションについて紹介

インバウンド対策にお困りですか?
「訪日ラボ」のインバウンドに精通したコンサルタントが、インバウンドの集客や受け入れ整備のご相談に対応します!
訪日ラボに相談してみる

2021年中国祝日・休日一覧

1/1~3

元旦

3連休

2/11~17

春節

7連休

2月7日(日)と2月20日(土)が振替出勤

4/3~5

清明節

3連休

5/1~5

メーデー

5連休

4月25日(日)と5月8日(土)が振替出勤

6/12~14

端午節

3連休

9/19~21

中秋節

3連休

9月18日(土)が振替出勤

10/1~7

国慶節

7連休

9月26日(日)と10月9日(土)が振替出勤

それぞれの祝日について簡単に説明します。

元旦:西暦の正月と同様です。

春節:中国における旧暦の正月で、元旦よりも盛大に祝われます。

関連記事:春節とは?2021年では2月11日から中国人はどのように過ごすのか、最新動向も踏まえ解説

清明節:先祖を敬い平和を祈る日です。

関連記事:中華圏お盆の"清明節"とは?美しい色とりどりの食事を紹介、台湾・沖縄バージョンとの共通点を解説

メーデー:労働節のことです。2019年から期間が延長されました。

関連記事:「メーデー休暇」のインバウンド需要、急上昇の見込み:データから読み解くメーデーインバウンド

端午節:日本でも祝われている「端午の節句」のことで、中国では旧暦で祝います。

関連記事:中国の「端午節」とは?日本の端午の節句との違いを徹底解説

中秋節:旧暦8月15日を指し、五穀豊穣を祈る伝統行事が行われます。

関連記事:中秋節とは?日本の十五夜にあたり、中国では家族団らんのひと時を過ごす日

国慶節:中国の建国記念日にあたります。

関連記事:中国の大型連休「国慶節」2021年は10月1日から、昨年のトレンドから今後を予測

インバウンド対策にお困りですか?

「訪日ラボ」のインバウンドに精通したコンサルタントが、インバウンドの集客や受け入れ整備のご相談に対応します!
訪日ラボに相談してみる

<参照>
人民網日本語版:中国の2021年の祝日・連休スケジュール発表

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!