訪日中国人、2023年消費額は7,599億円で2位【中国市場の最新インバウンドデータを徹底解説!】

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

日本政府観光局JNTO)は、1月17日に訪日外客統計(2023年12月および年間推計値)を発表。さらに同日、観光庁も2023年訪日外国人消費動向調査の結果を公表しました。

それぞれのデータによると、2023年の訪日中国人客数は約243万人で、訪日中国人旅行消費額は約7,600億円となっています。2023年は水際対策や処理水問題をめぐる日中間の摩擦があり、インバウンドの動きにも少なからず影響をおよぼしました。

訪日ラボでは、各データをもとに、国別に訪日客数、消費額、消費傾向などをまとめています。本記事では、中国市場のインバウンド動向について、最新データを交えて解説します。

「訪日ラボ」の最新インバウンドノウハウが配信されるメルマガに登録する


2023年の訪日中国人客数は242万5,000人。緩やかな回復傾向

日本政府観光局(JNTO)が発表した訪日外客統計によると、2023年に訪日した中国人の数は242万5,000人で、韓国、台湾に次いで3番目に多い結果となりました。

▲国・地域別訪日外客数:観光庁 訪日外国人消費動向調査より訪日ラボ作成
▲国・地域別訪日外客数:観光庁 訪日外国人消費動向調査より訪日ラボ作成

訪日中国人客数のこれまでの推移として、コロナ前の2019年まで6年連続で増加し、2019年には過去最多となる年間959万人に達しました。

コロナ禍を経た2023年は2019年比で25.3%と、いまだコロナ前の水準までは回復していないものの、水際対策の緩和以降少しずつ客足は戻り、前年と比較して223万6,000人増加しました。

▲訪日中国人客数 10年間の推移:日本政府観光局(JNTO)訪日外客統計より訪日ラボ作成
▲訪日中国人客数10年間の推移:日本政府観光局(JNTO)訪日外客統計より訪日ラボ作成

年間推移で見ると、2023年は8月に訪日中国人の数が最も増えていて、団体旅行解禁による好影響もあったようです。

一方、9月と10月に低迷した背景としては、例年は中国の連休である中秋節国慶節が離れていて別々の訪日機会になるところ、2023年は連休期間が連続し、トータルでの休日の期間が例年に比べて減ったことが挙げられます。

関連記事:中国、訪日団体旅行解禁を正式発表
関連記事:10月の訪日中国人数の低迷は「休日期間が例年より少なかったため」観光庁長官

▲訪日中国人客数の年間推移:日本政府観光局(JNTO)訪日外客統計より訪日ラボ作成
▲訪日中国人客数の年間推移:日本政府観光局(JNTO)訪日外客統計より訪日ラボ作成

訪日中国人客数は緩やかな回復傾向にあるものの、航空便数の回復の遅れや航空運賃の高さなどが影響し、各国と比べて今ひとつ伸び悩んでいるのが現状です。

福島第一原発の処理水問題もネガティブな要因に挙げられますが、影響は限定的であるといえます。国土交通省・斉藤大臣は9月8日に行った会見でJNTOが実施した旅行会社への聞き取り調査の内容を取り上げ、「実際にツアーのキャンセルの申し出があった」との回答もあった一方、「顧客からの問い合わせの数は多くはない」、あるいは「問い合わせはない」と回答するケースもあったとコメントしています。

関連記事:国交相「中国の大型連休を注視する必要」処理水問題によるインバウンド影響について調査を実施

2023年の訪日中国人消費額は7,599億円。1人当たりの消費額は高水準

観光庁が発表した訪日外国人消費動向調査によると、2023年における訪日中国人の旅行消費額は7,599億円で、台湾に次いで2番目に高い結果となりました。

2019年は消費額全体の36.8%を占めていた中国ですが、2023年は14.4%にとどまっています。

コロナ前にはインバウンド市場をけん引していた中国市場ですが、現在は台湾、韓国と並ぶ規模に変化しています。


▲国・地域別訪日外国人消費額:観光庁 訪日外国人消費動向調査より訪日ラボ作成
▲国・地域別訪日外国人消費額:観光庁 訪日外国人消費動向調査より訪日ラボ作成

年間推移を見てみると、2023年1〜3月期は2019年同期比で22.8%にとどまっていましたが、2023年10〜12月期には同59.6%まで回復しています。

▲訪日中国人消費額の年間推移:観光庁 訪日外国人消費動向調査より訪日ラボ作成
▲訪日中国人消費額の年間推移:観光庁 訪日外国人消費動向調査より訪日ラボ作成

2023年年間では、2019年比42.9%となりました。まだ回復途上であるため、今後の伸びに期待できるでしょう。

▲訪日中国人消費額 10年間の推移:観光庁 訪日外国人消費動向調査より訪日ラボ作成
▲訪日中国人消費額 10年間の推移:観光庁 訪日外国人消費動向調査より訪日ラボ作成

費目別に見ると、買物代が2,860億円、宿泊費が2,137億円、飲食費が1,435億円、交通費が619億円、娯楽等サービス費が547億円でした。

2019年と比べてとくに変化したのは買物代の割合で、当時は全体の半分以上を占めていましたが2023年は38%となっています。

一方、宿泊費、飲食費、交通費、娯楽等サービス費それぞれの構成比が増えていることから、買い物による消費傾向は依然として高いものの、「モノ消費」から「コト消費」へと移行する傾向が強まっているようです。

関連記事:訪日中国人、日本で何を買う? 2位は「お菓子・食料品」、1位は?

▲費目別 訪日中国人消費額:観光庁 訪日外国人消費動向調査より訪日ラボ作成
▲費目別 訪日中国人消費額:観光庁 訪日外国人消費動向調査より訪日ラボ作成

2023年における1人当たりの旅行支出は約32万円で、訪日外国人全体の1人当たりの旅行支出の平均21万2,000円を大きく上回りました。2019年比で50%近く増えるなど、現状は富裕層が消費をけん引しているといえます。

中国インバウンドの動向は日中関係の動きや円安などの景気動向から受ける影響も大きく、中国市場を取り巻く状況について今後も注視していく必要があるでしょう。

インバウンド対策にお困りですか?
「訪日ラボ」のインバウンドに精通したコンサルタントが、インバウンドの集客や受け入れ整備のご相談に対応します!

訪日ラボに相談してみる

<参照>

JNTO:訪日外客数(2023年12月および年間推計値)
観光庁:訪日外国人消費動向調査

訪日ラボおすすめのセミナーをご紹介

インバウンド市場の最新動向がわかる訪日ラボおすすめのセミナーをご紹介します。

2024年のインバウンド動向とデジタルプロモーション

昨年12月、JTBが2024年の旅行動向見通しを発表し、 訪日外国人旅行者がコロナ前の2019年を上回る過去最多の3,310万人に達するとの予測を立てました。

インバウンド市場が回復の動きを見せる中、訪日外国人を集客するために、どのような対策をすべきかお悩みの方も多いのではないでしょうか。

そこで本セミナーでは、訪日外国人の集客支援を行う2社にて、 2024年のインバウンド動向とデジタルプロモーション成功のポイントを独自の視点から紐解いていきます。

【訪日外国人の行動データと口コミデータで紐解く】2024年のインバウンド動向とデジタルプロモーション

今こそインバウンドを基礎から学び直す!ここでしか読めない「インバウンドの教科書」

スマホ最適化で、通勤途中や仕込みの合間など、いつでもどこでも完全無料で学べるオンラインスクール「口コミアカデミー」では、訪日ラボがまとめた「インバウンドの教科書」を公開しています。

「インバウンドの教科書」では、国別・都道府県別のデータや、インバウンドの基礎を学びなおせる充実のカリキュラムを用意しています!その他、インバウンド対策で欠かせない中国最大の口コミサイト「大衆点評」の徹底解説や、近年注目をあつめる「Google Map」を活用した集客方法など専門家の監修つきの信頼性の高い役立つコンテンツが盛りだくさん!

→ 【無料】「インバウンドの教科書」を見てみる

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客インバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!

プロモーションのご相談や店舗の集客力アップに