訪日外客数「力強い成長軌道」2024年は過去最高へ:観光庁長官会見

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

観光庁の髙橋一郎長官は6月19日、記者会見を行いました。会見の内容は、インバウンドに関わる内容が主となりました。

関連記事:2024年度は「地方誘客の強化」と「高付加価値旅行の推進」が鍵。JNTOの方針と取り組みを聞いた

インバウンドの最新情報をお届け!訪日ラボのメールマガジンに登録する(無料)

訪日外客数「力強い成長軌道」2024年は過去最高へ

2024年5月の訪日外国人旅行者数は304万100人で、3か月連続で300万人を超え、5月として過去最高となりました。コロナ前の2019年5月と比較して10%増、8か月連続でコロナ前の水準に回復しています。また23市場のうち、インドでは単月として過去最高を更新したほか、シンガポールや米国をはじめ19市場が5月として過去最高を記録している状況です。

この数値について受け止めを問われた髙橋長官は、「力強い成長軌道に乗ってきている」「高い需要を、訪日プロモーションの効果もあり、うまく取り込むことができたのではないか」と述べました。また、「このままのペースで行けば、2024年は旅行者数・消費額ともに、過去最高を実現できる見通し」だとしました。

関連記事:5月の訪日外国人数304万人、3か月連続で300万人超え

中国市場も労働節で旅行需要回復

比較的回復が遅れている中国については、5月の中国からの訪日者数は約55万人、2019年同月からの回復率は単月で約72%。前月4月と同水準、前々月3月からは7ポイント近く高い結果となっています。

これについては「中国では5日間の連続した休日である労働節があり、中国の大手旅行会社が発表した労働節休暇の人気旅行先においては日本が1位となるなど、一定程度の旅行需要の回復が期待できる環境にあった」と指摘しました。個人旅行客の回復が進んでいることから、「回復率が高い個人旅行客やリピーター客を中心に訪日者数をさらに伸ばすことが特に重要である」と考えを述べました。

関連記事:中国の連休「労働節」5/1開始、日本も注目の目的地に

福井県、岐阜県などに注目集まる

日本各地、地域で賑わった事例として、「例えば福井県では、新幹線延伸の効果もあり、越前打刃物の販売・工場見学を行う施設や、本年1月に米国のワシントンポスト紙でも紹介された永平寺がインバウンドに大変人気であったと聞いています」と、北陸新幹線延伸の好影響についても言及。

さらに「岐阜県では5月中旬より長良川の鵜飼いが始まっており、観覧船には多くのインバウンドが訪れ、今後のインバウンド予約も好調であるとのことです」と根強い人気があることを紹介しました。

関連記事:「低予算」でも自治体ブランディングに成功したワケ 世界が認めるサステイナブルな観光地・岐阜県の挑戦

顕在化するオーバーツーリズム問題、観光庁の取り組みは

記者からは、コロナ禍からの回復の一方でオーバーツーリズムが問題になったと指摘。訪日客6,000万人、消費額15兆円の政府目標達成に向けた観光庁の取り組みについての評価について質問がありました。

長官は、「インバウンドの宿泊数の三大都市圏への偏在傾向がみられる」ほか、「オーバーツーリズムの懸念も聞こえてくるように」なったと言及。「オーバーツーリズムの未然防止・抑制に向けた取組をしっかり進めつつ、11のモデル観光地をはじめとして、地方部の本当の魅力を引き出して具体的な消費活動に繋げるための特別な体験の提供や、高付加価値な旅行需要を取り込むための観光地づくりに取り組んでいるところ」だとしました。

関連記事:政府のオーバーツーリズム対策案を徹底解説

オーバーツーリズム対策には「地方部へのインバウンド誘客が極めて重要」

続けて、今後の取り組みについては「地方部へのインバウンド誘客が極めて重要」「地方部の持つ魅力、無限の可能性を、実際の誘客、大きな人の流れ・呼び込みに具体に活かす必要がある」としています。

また、「サステナビリティ」をキーワードとした取り組みについても、「全国各地で課題となっている人手不足への対応、観光地・観光産業の高付加価値化、あるいは観光DXなどを進めて収益力、生産性を高め」、「将来に向けて必要な前向きな投資、あるいは観光を担う人材の育成・確保を行うことによって」、「持続可能なあり方での観光地・観光産業の発展を促進」するとしています。

最後に「インバウンドが力強い成長軌道に乗ってきている」ことを評価しつつ、「地方部への誘客の一層の推進に力を尽くしてまいりたい」と改めて強調しました。

インバウンド対策にお困りですか?
「訪日ラボ」のインバウンドに精通したコンサルタントが、インバウンドの集客や受け入れ整備のご相談に対応します!

訪日ラボに相談してみる

<参照>

観光庁:髙橋長官会見要旨

訪日ラボ セミナー紹介&最新版インバウンド情報まとめ

訪日ラボおすすめのセミナーや記事をご紹介します。

観光地域づくりに必要な”巻き込み力”とは?実例から学ぶ地域コンテンツの活性化ポイント


訪日外国人数は過去最大を見込んでいる2024年ですが、一方で誘客する企業や地域、自治体などでは今でも多くの課題に臨んでいます。

訪日ラボでも、山梨県(富士山)のオーバーツーリズム対策について、対策の重要性とそれに取り組む関係者の姿勢について取材をしてきたばかりです。

そこで今回は、地域産業や関係者を巻き込むことによって起きた地域活性化について最新のデータや情報をお届けします。

  • "巻き込み力"とは何か
  • 組織や地域で創り上げるコンテンツはどのようなメリットをもたらすのか

など、国内最大級の遊び予約サイト「アソビュー!」の専門家とともにこれからのポイントを徹底解説します!

詳しくはこちらをご覧ください。
観光地域づくりに必要な”巻き込み力”とは?実例から学ぶ地域コンテンツの活性化ポイント


【インバウンド情報まとめ 2024年6月後編】富士山の登山規制・通行料の徴収 7/1から開始 他



訪日ラボを運営する株式会社movでは、観光業界やインバウンドの動向をまとめたレポート【インバウンド情報まとめ】を毎月発行しています。

この記事では、2024年6月後半版レポートから、6月のインバウンド最新ニュースを厳選してお届けします。

最新情報の把握やマーケティングのヒントに、本レポートをぜひご活用ください!

本レポートの内容は、原則当時の情報です。最新情報とは異なる場合もございますので、ご了承ください。

最新情報の把握やマーケティングのヒントに、本レポートをぜひご活用ください。

口コミアカデミーにご登録いただくと、レポートの全容を無料にてご覧いただけます。

詳しくはこちらをご覧ください。

富士山の登山規制・通行料の徴収 7/1から開始 / 5月の訪日外国人数304万人、3か月連続で300万人超え【インバウンドまとめ 2024年6月後編】

今こそインバウンドを基礎から学び直す!ここでしか読めない「インバウンドの教科書」

スマホ最適化で、通勤途中や仕込みの合間など、いつでもどこでも完全無料で学べるオンラインスクール「口コミアカデミー」では、訪日ラボがまとめた「インバウンドの教科書」を公開しています。

「インバウンドの教科書」では、国別・都道府県別のデータや、インバウンドの基礎を学びなおせる充実のカリキュラムを用意しています!その他、インバウンド対策で欠かせない中国最大の口コミサイト「大衆点評」の徹底解説や、近年注目をあつめる「Google Map」を活用した集客方法など専門家の監修つきの信頼性の高い役立つコンテンツが盛りだくさん!

→ 【無料】「インバウンドの教科書」を見てみる



完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客インバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!

プロモーションのご相談や店舗の集客力アップに