世界・日本の観光動向は?【令和6年版観光白書 徹底解説(1)】

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

政府は6月18日、令和6年(2024年)版の観光白書を閣議決定し、公表しました。

今回の観光白書では、主に「訪日外国人旅行者の地方誘客と消費拡大」に焦点をあてて分析を行っています。

2023年の訪日外国人旅行消費額は過去最高水準となりましたが、滞在と消費が三大都市圏に集中しているという課題もあります。

報告の中では、日本のインバウンドの現状と課題を踏まえながら、地方部における誘客や消費の動向を分析し、今後必要な取組の方向性を整理しています。

訪日ラボでは全5回にわたり、インバウンド向け施策を実施している方なら読んでおきたい箇所をピックアップして説明していきます。

インバウンドの最新情報をお届け!訪日ラボのメールマガジンに登録する(無料)


令和6年版観光白書の構成

観光白書とは、その年の観光動向や講じた施策、次年度に講じる施策などをとりまとめたもの。観光白書の内容を理解することで、最新の観光業界の動向を理解できます。

そんな観光白書の令和6年版が6月18日に発表されました。おもな内容としては以下の3つです。(今回の記事では、太字部分を説明していきます)

  • 第Ⅰ部 令和5年観光の動向
    • 第1章 世界の観光の動向
    • 第2章 日本の観光の動向
    • 第3章 インバウンドの地方誘客と消費拡大に向けて
      • 1 インバウンド観光の現状と課題
      • 2 地方部におけるインバウンド観光の動向と地域の取組事例
      • 3 訪日外国人旅行者の地方誘客と消費拡大に向けて
  • 第Ⅱ部 令和5年度に講じた施策
  • 第Ⅲ部 令和6年度に講じようとする施策

世界の観光の動向

まずは世界全体での観光の動向について見ていきます。

世界経済は2021年から回復傾向、消費者物価も上昇

世界経済は、新型コロナウイルス感染拡大により2020年に大きく減退しましたが、2021年以降は回復傾向となっています。国際通貨基金によると、2023年の世界全体の実質経済成長率は3.2%でした。

主要国・地域 実質経済成長率 推移
▲主要国・地域の実質経済成長率の推移

各国通貨の対米ドル為替レートの推移をみると、2022年から2023年にかけて日本円、韓国ウォン、タイバーツは通貨安の傾向にありましたが、ユーロやオーストラリアドルは通貨高の傾向でした。

また、各国の消費者物価指数の動向をみると、消費者物価は総じて上昇傾向にあり、2023年末時点で2019年と比べて約5〜20%上昇しました。

通貨 為替レート 消費者物価指数 推移 
▲各国通貨の対米ドル為替レートの推移/各国の消費者物価指数の推移

2022年の日本の外国人旅行者受入数は世界42位、国際観光収入は26位

世界観光機関によると、2022年の日本の外国人旅行者受入数は383万人で世界42位、アジアでは5位でした。国際観光収入は92億ドルで世界26位、アジア6位です。

外国人旅行者 受入数 ランキング 2022年
▲外国人旅行者受入数ランキング(2022年)
国際観光収入 ランキング 2022年
▲国際観光収入ランキング(2022年)

2023年の世界の国際観光客数は大きく回復

2023年の世界全体の国際観光客数は12億8,600万人(前年比33.9%増)となり、新型コロナウイルス感染拡大の影響による減少から回復がみられました。

これまで国際観光客数と世界の実質GDPの間には強い相関がありましたが、2020年には国際観光客数が実質GDPに比べて大きく減少し、2022・2023年は、実質GDPの伸びに対して国際観光客数が大きく回復しました。

国際観光客数 実質GDP 推移
▲国際観光客数と世界の実質GDPの推移

日本の観光の動向

次に、日本の観光の動向に絞って見ていきます。

訪日外国人旅行者数は2019年比で21.4%減まで回復、消費額は過去最高

これまで訪日外国人旅行者数は順調に伸びており、2019年まで過去最高を更新していました。

具体的な施策としては、ビザの戦略的緩和や消費税免税制度の拡充、CIQ(税関・出入国管理・検疫)体制の充実、交通ネットワークの充実、多言語表記をはじめとする受け入れ環境整備、魅力的なコンテンツの造成、日本政府観光局JNTO)等による訪日プロモーションなどがあります。

しかし2020年から2022年までの訪日外国人旅行者数は、新型コロナウイルス感染拡大に伴い大きく減少しました。

その後、2022年6月の外国人観光客の受け入れ再開、同年10月の水際措置の大幅緩和により徐々に回復しはじめ、2023年に入ってからは東アジアを中心に大きく増加し、同年10月には2019年同月を超え、年間では2019年比で21.4%減までの回復を見せました。

訪日外国人 旅行者数 推移
▲訪日外国人旅行者数の推移

これまでのインバウンドに関する社会的な流れは、関連記事でもご紹介しています。

関連記事:インバウンドとは

2023年の訪日外国人旅行者数を国・地域別にみると、アジア主要市場(韓国、中国、台湾、香港、タイ、シンガポール、マレーシア、インドネシア、フィリピン、ベトナム、インド)が1,949.5万人となり、全体の77.8%を占めました。上位は韓国695.8万人、台湾420.2万人、中国242.5万人と続き、3カ国で全体の62.6%を占めています。

東南アジアでは、シンガポール、インドネシア、フィリピン、ベトナムからの旅行者数が過去最高を記録しました。また米国、カナダについても旅行者数が過去最高を記録しました。

訪日外国人 旅行者 2023年
▲訪日外国人旅行者の内訳(2023年)

2023年の訪日外国人旅行消費額は、5兆3,065億円(2019年比10.2%増)と過去最高を記録しました。 国籍・地域別にみると、台湾が最も大きく、次いで中国、韓国、米国、香港の順となっています。

2019年と比較すると、中国の構成比が低下した一方、韓国や米国等の構成比が上昇しました。旅行消費額を費目別にみると、全体に占める割合では、宿泊費が34.6%と最も高い状況でした。

 訪日外国人 旅行者 消費額 推移
▲訪日外国人旅行者による消費額の推移
訪日外国人 旅行 消費額 構成
▲国籍・地域別の訪日外国人旅行消費額と構成比
訪日外国人 旅行 消費額 項目
▲費目別にみる訪日外国人旅行消費額

国際会議の開催は回復に遅れ

世界の国際会議も新型コロナウイルス感染拡大の影響により開催件数が大幅に減少しましたが、2023年には2019年の約65%まで回復しました。

地域別にみると欧州では2019年比で約70%、北米では同年比約65%まで回復している一方、アジアでは同年比約55%にとどまっており、欧米と比べると回復が遅れている様子がみられます。

またアジアの国・地域別の国際会議開催件数をみると、2023年は日本が1位ですが、2019年比では約65%の回復にとどまっています。新型コロナウイルス感染拡大前の水準に戻った韓国、シンガポール等と比べて回復が遅れていることがわかります。

国際会議 開催件数 推移
▲世界及び地域別の国際会議開催件数の推移
2023年 アジア 国際会議 開催件数
▲2023年アジア大洋州における国際会議開催件数

こうした国際会議をはじめ、企業セミナー、総会・学会などビジネスに関連したイベントは「MICE」と呼ばれ、インバウンドにおいて大きな効果を生み出すことが期待されます。

詳しく知りたい方は、ぜひ関連記事をお読みください。

関連記事

国内の外国人宿泊者数は2019年の水準に戻るが、エリアによって偏りあり

日本国内のホテル、旅館等における延べ宿泊者数は、2023年は5億9,275万人泊(2019年比0.5%減)。このうち、日本人は4億7,842万人泊(2019年比0.4%減)、外国人は1億1,434万人泊(2019年比1.1%減)でした。外国人の宿泊者数、全体に占める割合ともに、2019年と同水準にまで戻っています

国内 宿泊者数 推移
▲日本人・外国人の延べ宿泊者数の推移

しかしこれを三大都市圏(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、愛知県、大阪府、京都府、兵庫県の8都府県)と地方部(三大都市圏以外)に分けて比較すると、三大都市圏では2019年の宿泊者数を超えているものの、地方部では2019年の水準には届いていないことがわかります。

外国人の宿泊者数をさらに地方ブロックに分けてみると、関東が5,102万人泊(全体の44.6%)、近畿が3,267万人泊(同28.6%)、九州が805万人泊(同 7.0%)となり、同3地域で全国の宿泊者数の80.2%を占めています。また2019年比で宿泊者数が上回っているのは関東のみという結果になりました。

都市 地方 外国人 宿泊者数 推移
▲三大都市圏及び地方部の外国人延べ宿泊者数の推移
国内 地方 宿泊者数 外国人
▲地方ブロック別延べ宿泊者数(外国人)

全体ではインバウンド需要は回復、地域の偏りが喫緊の課題

ここまでの動向を踏まえると、2023年は世界的に新型コロナウイルス感染拡大の影響を克服しており、日本でも着実にインバウンド需要が回復してきていることがわかりました。

しかし地域によって状況には差があり、好調なインバウンド需要を地方部へ波及させ、いかに消費を拡大できるかが喫緊の課題となっています。

次回は、日本を取り巻くインバウンドの課題を掘り下げ、どのような取り組みをしていくべきか詳しく見ていきます。

インバウンド対策にお困りですか?
「訪日ラボ」のインバウンドに精通したコンサルタントが、インバウンドの集客や受け入れ整備のご相談に対応します!

訪日ラボに相談してみる

<参照>
観光庁:「令和5年度観光の状況」及び「令和6年度観光施策」(観光白書)について

訪日ラボ セミナー紹介&最新版インバウンド情報まとめ

訪日ラボおすすめのセミナーや記事をご紹介します。

観光地域づくりに必要な”巻き込み力”とは?実例から学ぶ地域コンテンツの活性化ポイント


訪日外国人数は過去最大を見込んでいる2024年ですが、一方で誘客する企業や地域、自治体などでは今でも多くの課題に臨んでいます。

訪日ラボでも、山梨県(富士山)のオーバーツーリズム対策について、対策の重要性とそれに取り組む関係者の姿勢について取材をしてきたばかりです。

そこで今回は、地域産業や関係者を巻き込むことによって起きた地域活性化について最新のデータや情報をお届けします。

  • "巻き込み力"とは何か
  • 組織や地域で創り上げるコンテンツはどのようなメリットをもたらすのか

など、国内最大級の遊び予約サイト「アソビュー!」の専門家とともにこれからのポイントを徹底解説します!

詳しくはこちらをご覧ください。
観光地域づくりに必要な”巻き込み力”とは?実例から学ぶ地域コンテンツの活性化ポイント


【インバウンド情報まとめ 2024年6月後編】富士山の登山規制・通行料の徴収 7/1から開始 他



訪日ラボを運営する株式会社movでは、観光業界やインバウンドの動向をまとめたレポート【インバウンド情報まとめ】を毎月発行しています。

この記事では、2024年6月後半版レポートから、6月のインバウンド最新ニュースを厳選してお届けします。

最新情報の把握やマーケティングのヒントに、本レポートをぜひご活用ください!

本レポートの内容は、原則当時の情報です。最新情報とは異なる場合もございますので、ご了承ください。

最新情報の把握やマーケティングのヒントに、本レポートをぜひご活用ください。

口コミアカデミーにご登録いただくと、レポートの全容を無料にてご覧いただけます。

詳しくはこちらをご覧ください。

富士山の登山規制・通行料の徴収 7/1から開始 / 5月の訪日外国人数304万人、3か月連続で300万人超え【インバウンドまとめ 2024年6月後編】

今こそインバウンドを基礎から学び直す!ここでしか読めない「インバウンドの教科書」

スマホ最適化で、通勤途中や仕込みの合間など、いつでもどこでも完全無料で学べるオンラインスクール「口コミアカデミー」では、訪日ラボがまとめた「インバウンドの教科書」を公開しています。

「インバウンドの教科書」では、国別・都道府県別のデータや、インバウンドの基礎を学びなおせる充実のカリキュラムを用意しています!その他、インバウンド対策で欠かせない中国最大の口コミサイト「大衆点評」の徹底解説や、近年注目をあつめる「Google Map」を活用した集客方法など専門家の監修つきの信頼性の高い役立つコンテンツが盛りだくさん!

→ 【無料】「インバウンドの教科書」を見てみる

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客インバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!

プロモーションのご相談や店舗の集客力アップに