この記事は約3分で読み終わります。

訪日中国人観光客は観光業においては重要なターゲットになっています。そんな訪日中国人観光客を理解するうえでは、旅行者の人数を詳しく知ることが欠かせません。このような訪日中国人観光客の来訪人数について紹介するとともに、その背景も探っていきましょう。

 

訪日中国人観光客の人数は増加の一途

訪日中国人観光客の数は増え続けています。2000年には35万人だったのが、2005年には65万人に、そして2008年には100万人を突破します。

中国人の外国旅行者数と訪日客数の推移(2006年〜 2015年):JNTOより引用

中国人の外国旅行者数と訪日客数の推移(2006年〜 2015年):JNTOより引用

その後、2009年はリーマン・ショックを受けて多少ペースが落ちましたが、2010年には141万人、2015年にはもう少しで大台突破の499万人と、着実に訪日中国人観光客の人数は増加しています。

2014年の訪日中国人観光客人数の急増

前掲のグラフを見ると、2014年から訪日中国人観光客人数が急増していることが見て取れます。その数240万人で、前年の訪日中国人観光客が130万人程度でしたので、前年比84%で増加しました。その背景には何があるのでしょうか。

 

訪日中国人観光客が増えている理由

訪日中国人観光客の人数がこのように増えている理由が元高円安です。

為替相場の訪日外国人観光客1人あたりの旅行支出額への影響

為替相場の訪日外国人観光客1人あたりの旅行支出額への影響

2011年以後、円安が進行してきましたが、これによって日本旅行がしやすくなっており、訪日中国人観光客の増加、さらにその消費額の増加に貢献しているのです。

<関連>

中国元の上昇も訪日中国人観光客の人数の増加に寄与

また、前掲の図を見てわかるように、円安が進む=ドル高が進むと、それに追従するように元高になります。元は円に対して、ドルに追従する格好で反応する傾向があります。

中国の経済成長とともに中国元の切り上げが続いており、このことも日本旅行がしやすくなっている理由です。円安、中国元高がすすめばそれだけ実質的な旅行コストも下がり、訪日中国人観光客の人数が増えるのは至極当然のことであり、この傾向は今後も続くとされています。

 

LCC(格安航空会社)の増加も

さらに、LCC(格安航空会社)が増えて日本旅行がしやすくなったこともポイントです。これによって所得が少ない中国人にとっても、日本旅行は身近なものになりました。また、日本・中国間の航路も増えています。

訪日中国人観光客の増加にはビザの緩和も関係している

また、訪日中国人観光客向けのビザの緩和も見逃せません。2010年にそれまでは富裕層に限っていたビザの発給が大幅に緩和されました。これによって中間層の中国人も日本を訪れるようになり、訪日中国人観光客の人数が増加しています。

 

まとめ:訪日中国人観光客の人数の増加には、さまざまな原因が

訪日中国人観光客の人数は上昇を続けています。特に近年は著しいものがあります。その背景にあるものが訪日中国人観光客向けビザの緩和や円安の進行、そして格安航空会社や航路の増加などにあることは、しっかりと抑えておきましょう。

<参照>

訪日中国人観光客インバウンドデータ集

 

訪日ラボに「いいね」をして
最新情報を受け取る

インバウンド最新情報をお届けします。

これ以上前の記事はありません…