この記事は約3分で読み終わります。

日本との距離的優位から訪日旅行者が多い訪日韓国人観光客ですが、東京や京都などのゴールデンルートを観光し、リピートを重ねるうちに体験型観光へとシフトしていきます。どのような観光体験が人気なのか、訪日韓国人観光客のインバウンド誘致を目的とした自治体による政策の成功例を挙げながらご紹介します。

 

国の政策「ビジット・ジャパン・キャンペーン」により増加した訪日韓国人観光客

2003年に施行された政策「ビジット・ジャパン・キャンペーン」により、官民一体となって訪日外国人観光客の誘致活動に注力した結果、2015年には2000万人の大台に迫り、政府が掲げる目標「観光立国」へ着々と前進しています。

お隣韓国の訪日観光客も、政治問題があるにも関わらず政冷経熱となり、観光客数では中国に次いで2位のおよそ400万人が日本を訪れています。

訪日韓国人観光客がリピートを重ねると変わる行ってみたい場所とは

JTB総合研究所のインバウンド調査によると、訪日韓国人観光客は訪日回数が増えると「都市型観光」へ移行していきます。訪問回数が増えるに連れ、大阪、京都、札幌、奈良、千葉での宿泊率が増加する傾向があります。これは、リピーターになるにつれ、大阪でグルメツアーを組んだり、京都で着物体験や茶道体験をしたり、沖縄の海でリゾート気分を味わうなど、旅行の目的が多目的化していくことが背景にあります。

 

大分県宇佐市が取り組む「安心院」への訪日韓国人観光客誘致

ぶどうとスッポンの産地として有名な大分県宇佐市安心院町では、「グリーンツーリズムの視察・研修」での訪日韓国人観光客の誘致に成功しています。訪日韓国人観光客の中には安心院が初めての訪日旅行という人も少なくないようですが、その多くは農業関係者で占められています。視察・研修を兼ねた政策・グリーンツーリズムを推進することで訪日韓国人観光客を取り込み、街の活性化に繋げています。

訪日韓国人観光客に人気の高い安心院のグリーンツーリズムとは

この安心院のグリーンツーリズムが人気の理由は、農業体験や一般の農家に観光客が宿泊する、農家民泊の先進地でもあり、グリーンツーリズムの業界では超有名スポットであるためです。また、おもてなしのホスピタリティが非常に高く、感動した訪日韓国人観光客の口コミにより広まり、今日の人気につながっているようです。

 

神戸市の訪日韓国人観光客誘致におけるインバウンド政策

2015年に訪日外国人観光客が100万人を突破した神戸市では、個人旅行の訪日韓国人観光客数が数多く訪れ、日本酒や自然観光、温泉、現代文化(サブカルチャーやファッションなど)に対する意識が高いとされています。

それらの訪日韓国人観光客のニーズに神戸市の観光資源が合っていることが大量誘致の大きな理由となります。

訪日韓国人観光客の悩みである日本のWi-Fi(ワイファイ)スポット未整備に対応

インターネットのインフラ整備において韓国は世界で先進国と言えますです。そのため日本で設備が遅れているWi-Fi(ワイファイ)スポットに非常に不満を覚えてしまうため、神戸市では市内インフォメーションセンターで「KOBEFreeWi-Fiカード」を配布しています。「KOBEFreeWi-Fiカード」を利用することで88拠点・131箇所で24時間接続が可能になります。

 

まとめ:訪日韓国人観光客の誘致にはホスピタリティの高い観光体験が必要

日本から最も近い国である韓国からの観光客はリピーターが多く、訪日回数を重ねるほど体験型観光への興味が高くなり、大阪や福岡でのグルメツアー、京都での着付け体験に旅館や温泉、沖縄の海などの観光スポットに集まります。

また、安心院のような特殊なツーリズムにも関心が高く、ホスピタリティの高いおもてなしによって口コミでインバウンド誘致につながっています。

<参考>

訪日韓国人観光客インバウンドデータ集

 

役にたったら
いいね!してください

インバウンド最新情報をお届けします。

これ以上前の記事はありません…