温泉・スパリゾートのアリペイ・ウィーチャットペイ・クレカ対応に関するインバウンド事例集

温泉・スパリゾートはどうやってインバウンドにおいてアリペイ・ウィーチャットペイ・クレカ対応などの決済対応に取り組むべきなのか?

インバウンド市場が盛り上がる中で、温泉・スパリゾートがアリペイ・ウィーチャットペイ・クレカ対応をすることでインバウンド集客する事例が増えています。アリペイ・ウィーチャットペイ・クレカ対応を行った温泉・スパリゾートの成功事例では、取り込む層を大幅に増やすことができています。

このページでは、温泉・スパリゾートのインバウンド対策やインバウンド集客におけるアリペイ・ウィーチャットペイ・クレカ対応について、次の3つの事例を取り上げます。

  • 温泉・スパリゾート×アリペイ・ウィーチャットペイ・クレカ対応事例その①:御殿場プレミアム・アウトレット内のホテルや日帰り温泉施設での「アリペイ」決済が可能に
  • 温泉・スパリゾート×アリペイ・ウィーチャットペイ・クレカ対応事例その②:「モバイル決済 for Airレジ」:東京マリオットホテルに導入し「アリペイ」に対応
  • 温泉・スパリゾート×アリペイ・ウィーチャットペイ・クレカ対応事例その③:遠鉄ホテル&リゾート全拠点で電子マネーや中国人向けモバイル決済導入

温泉・スパリゾートのアリペイ・ウィーチャットペイ・クレカ対応によるインバウンド対策やインバウンド集客には、顧客層を広げられるというメリットがあります。例えばアリペイ・ウィーチャットペイを日常的に利用している訪日中国人であれば、アリペイ・ウィーチャットペイに対応しているなら買い物しよう、という考えになることもあるでしょう。逆にいえば、アリペイ・ウィーチャットペイに対応しているところが増えてきた現在では、日本円でしか買い物できないとなると中国人客の取り込みという点では不利になってしまいます。クレジットカードも同様です。海外では日本よりもキャッシュレス化が進んでおり、現金を持ち歩かないという人も多くいます。そのような人を顧客として取り込むためにも、クレジットカード対応は重要です。

ここでは、温泉・スパリゾートという業界・業種におけるアリペイ・ウィーチャットペイ・クレカ対応によるインバウンド対策事例を紹介していきます。

温泉・スパリゾートのアリペイ・ウィーチャットペイ・クレカ対応に関連するインバウンド対策資料を無料で詳しく見てみる

「インバウンド研修」の資料を無料でダウンロードする「決済対応」の資料を無料でダウンロードする「多言語接客支援ツール」の資料を無料でダウンロードする

御殿場プレミアム・アウトレット内のホテルや日帰り温泉施設での「アリペイ」決済が可能に

御殿場プレミアム・アウトレット内のホテルや日帰り温泉施設での「アリペイ」決済が可能に

御殿場プレミアム・アウトレット内のホテルや日帰り温泉施設での「アリペイ」決済が可能に

三菱地所・サイモン株式会社は、オリックス株式会社より中国の電子決済サービス大手Alipayが提供するアリペイを、2016年11月7日(にりんくうプレミアム・アウトレット、御殿場プレミアム・アウトレット(静岡県御殿場市)に導入。

アリペイは、4.5億人以上の実名認証ユーザーが利用し、中国国内の80万以上の加盟店および、海外の8万社以上の加盟店で利用できる世界でも有数な決済プラットフォームです。

三菱地所・サイモンでは、全国9か所のプレミアム・アウトレットにおいて、海外からのお客様の来場数が年間約150万人に達するなど、来場者が年々増加。

これまでも、訪日外国人に向けて、より快適なショッピング環境を提供するべく、施設をあげた免税対応(一部対応外店舗有)や言語対応の充実、さらに、無料公衆無線LANサービスやプレイヤールームの設置などに取り組んでいました。

近年、訪日中国人のモバイル端末での決済が拡大していることから、今回、御殿場およびりんくうプレミアム・アウトレットでは、中訪日中国人の決済環境の充実を図ることを目的に導入を決定。

世界文化遺産に登録された富士山を望むプレミアム・アウトレットのフラッグシップ。高級ブランドや国内外の著名なブランドが約210店舗揃い、国内のアウトレットでは最大の店舗面積を誇ります。2020年春にはホテルや日帰り温泉施設も加わる第4期増設オープンを予定しています。

「モバイル決済 for Airレジ」:東京マリオットホテルに導入し「アリペイ」に対応

「モバイル決済 for Airレジ」:東京マリオットホテルに導入し「アリペイ」に対応

「モバイル決済 for Airレジ」:東京マリオットホテルに導入し「アリペイ」に対応

リクルートライフスタイルは、同社が運営するモバイルペイメントサービス「モバイル決済 for Airレジ」が東京マリオットホテルに2016年8月22日より導入されと発表しました。

モバイル決済アプリ「Alipay(アリペイ)」の決済サービスが利用可能になることによって、これにより、訪日中国人の決済環境が最適化されることを見込んでいます。

「モバイル決済 for Airレジ」は、利用者が提示する決済サービスのQRコードを読み込むだけで決済が完了するモバイルペイメントサービスとなります。

訪日中国人の利用者が増加傾向にある中、顧客満足度のアップおよび、今後のさらなる需要拡大に対応するために導入に至ったとのこと。

「モバイル決済 for Airレジ」は、ホテル側の端末に利用者の決済アプリをかざすだけで決済が終了します。宿泊施設では、下呂温泉や水明館などでも導入されています。

遠鉄ホテル&リゾート全拠点で電子マネーや中国人向けモバイル決済導入

遠鉄ホテル&リゾート全拠点で電子マネーや中国人向けモバイル決済導入

遠鉄ホテル&リゾート全拠点で電子マネーや中国人向けモバイル決済導入

遠鉄観光開発は、2018年7月1日から「QUICPay」「iD」「nanaco」「楽天 Edy」「WAON」「TOICA」などの交通系 IC の電子マネー決済サービスと、中国で決済手段として定着しているモバイル決済サービス「アリペイ」および「WeChatPay」について、同社が運営するホテルおよびレジャー施設で取り扱いを開始すると発表しました。

導入場所は、ホテル九重、ホテルウェルシーズン浜名湖、ホテルコンコルド浜松、華咲の湯、浜名湖パルパル、浜名湖オルゴールミュージアム、かんざんじロープウェイとされています。

遠鉄観光開発では、各種ブランドのクレジットカード決済にはすでに対応していますが、全国的なキャッシュレス決済普及の流れを受け、支払い時に利用者よりキャッシュレス決済の取り扱いに関する質問や要望をもらう機会が増えていたといいます。

今後は2019年の静岡ディスティネーションキャンペーンおよびラグビーワールドカップ、2020年の東京オリンピック・パラリンピックを控えており、国内外からの利用者が浜松・浜名湖エリアに訪れることが予想され、支払い時におけるお客様の利便性向上が課題でした。

今回の「アリペイ」および「WeChatPay」の導入により、支払いに要する時間の短縮および手続きの簡略化を図ることで、顧客利便性向上に加え、従業員の業務効率化も目的としています。

温泉・スパリゾートのアリペイ・ウィーチャットペイ・クレカ対応に関連するインバウンド対策資料を無料で詳しく見てみる

「インバウンド研修」の資料を無料でダウンロードする「決済対応」の資料を無料でダウンロードする「多言語接客支援ツール」の資料を無料でダウンロードする

このページに関連する記事

戻る