居酒屋・バー・ナイトライフのアリペイ・ウィーチャットペイ・クレカ対応に関するインバウンド事例集

居酒屋・バー・ナイトライフはどうやってインバウンドにおいてアリペイ・ウィーチャットペイ・クレカ対応などの決済対応に取り組むべきなのか?

インバウンド市場が盛り上がる中で、居酒屋・バー・ナイトライフがアリペイ・ウィーチャットペイ・クレカ対応をすることでインバウンド集客する事例が増えています。アリペイ・ウィーチャットペイ・クレカ対応を行った居酒屋・バー・ナイトライフの成功事例では、取り込む層を大幅に増やすことができています。

このページでは、居酒屋・バー・ナイトライフのインバウンド対策やインバウンド集客におけるアリペイ・ウィーチャットペイ・クレカ対応について、次の3つの事例を取り上げます。

  • 居酒屋・バー・ナイトライフ×アリペイ・ウィーチャットペイ・クレカ対応事例その①:「海鮮居酒屋 はなの舞」ではLINE Payとアリペイ2種類の決済が可能
  • 居酒屋・バー・ナイトライフ×アリペイ・ウィーチャットペイ・クレカ対応事例その②:「白木屋」「魚民」「笑笑」でもコード決済が可能に!
  • 居酒屋・バー・ナイトライフ×アリペイ・ウィーチャットペイ・クレカ対応事例その③:「Asahi BeerFront 肥後橋駅前店」では無料Wi-Fi接続サービスの導入やアリペイ、WeChatPayでの支払いなど幅広く対応

居酒屋・バー・ナイトライフのアリペイ・ウィーチャットペイ・クレカ対応によるインバウンド対策やインバウンド集客には、顧客層を広げられるというメリットがあります。例えばアリペイ・ウィーチャットペイを日常的に利用している訪日中国人であれば、アリペイ・ウィーチャットペイに対応しているなら買い物しよう、という考えになることもあるでしょう。逆にいえば、アリペイ・ウィーチャットペイに対応しているところが増えてきた現在では、日本円でしか買い物できないとなると中国人客の取り込みという点では不利になってしまいます。クレジットカードも同様です。海外では日本よりもキャッシュレス化が進んでおり、現金を持ち歩かないという人も多くいます。そのような人を顧客として取り込むためにも、クレジットカード対応は重要です。

ここでは、居酒屋・バー・ナイトライフという業界・業種におけるアリペイ・ウィーチャットペイ・クレカ対応によるインバウンド対策事例を紹介していきます。

居酒屋・バー・ナイトライフのアリペイ・ウィーチャットペイ・クレカ対応に関連するインバウンド対策資料を無料で詳しく見てみる

「インバウンド研修」の資料を無料でダウンロードする「決済対応」の資料を無料でダウンロードする「多言語接客支援ツール」の資料を無料でダウンロードする

「海鮮居酒屋 はなの舞」ではLINE Payとアリペイ2種類の決済が可能

「海鮮居酒屋 はなの舞」ではLINE Payとアリペイ2種類の決済が可能

「海鮮居酒屋 はなの舞」ではLINE Payとアリペイ2種類の決済が可能

株式会社リクルートライフスタイルが運営するモバイルペイメントサービス『モバイル決済 for Airレジ』が、「海鮮居酒屋 はなの舞」など36のブランドを展開するチムニー株式会社運営の、全国の全直営店321店舗での導入がスタートしました。これにより、中国最大手のモバイル決済アプリのアリペイと、コミュニケーションアプリ「LINE」のモバイル送金・決済サービスLINE Payでの支払いが可能に。

年末年始の繁忙期や旧正月を見据え、訪日中国人を含むすべての訪日外国人の決済における利便性を向上や来店率を高めることを目的に、『モバイル決済 for Airレジ』の導入を決定したと言います。

訪日外国人の来店がもっとも多い都内59店舗、その後全国321店舗への導入がスタートします。訪日中国人は自分の国で生活しているときと同じアリペイで決済できるため、飲食店をより利用しやすくなります。

また「LINE Pay」の導入により、国内のお客様にもより利便性向上が期待できます。店舗は、『モバイル決済 for Airレジ』のアプリをダウンロードしたiOS端末とインターネット環境を用意するだけで、他の初期費用をかけることなく2種類の決済サービスを導入できます。

「白木屋」「魚民」「笑笑」でもコード決済が可能に!

「白木屋」「魚民」「笑笑」でもコード決済が可能に!

「白木屋」「魚民」「笑笑」でもコード決済が可能に!

株式会社モンテローザは、2018年8月1日から、スマートフォンのみで支払いが可能な「Alipay」「WeChatPay」「LINE Pay」「楽天ペイ」「Yahoo!ウォレット」などのコードッ決済をモンテローザグループ全店に導入すると発表しました。

外食をはじめとした事業で全国に37ブランド・約1,700店舗を展開する株式会社モンテローザの飲食店「白木屋」「魚民」「笑笑」「千年の宴」「目利きの銀次」などで、コード決済ができるのだといいます。

QRコードまたはバーコードを提示し、レジで読み取ることで支払いが可能になるため、ユーザーが店舗側のコードをスマートフォンで読み取ることで支払いが完了するキャッシュレス・ウォレットレスな決済方法が実現します。これにより、訪日外国人の来店率アップを見込んでいます。

「Asahi BeerFront 肥後橋駅前店」では無料Wi-Fi接続サービスの導入やアリペイ、WeChatPayでの支払いなど幅広く対応

「Asahi BeerFront 肥後橋駅前店」では無料Wi-Fi接続サービスの導入やアリペイ、WeChatPayでの支払いなど幅広く対応

「Asahi BeerFront 肥後橋駅前店」では無料Wi-Fi接続サービスの導入やアリペイ、WeChatPayでの支払いなど幅広く対応

を2018年8月1日、アサヒグループで外食事業を運営するアサヒフードクリエイト株式会社hs、ビアパブ「Asahi BeerFront(アサヒ ビアフロント)肥後橋駅前店」を大阪・肥後橋にオープンしました。

外国語メニューの用意、無料Wi-Fi接続サービスの導入、モバイル決済サービス「Alipay(支付宝)」や「WeChatPay(微信支付)」に対応するなど、ホテルに宿泊する訪日外国人の利用を見込んだサービスも展開していく予定とのこと。

「Asahi BeerFront(アサヒ ビアフロント)肥後橋駅前店」の最寄駅である肥後橋駅前は、観光を楽しむ訪日外国人が多いエリア。そのため、法に違いこ黒人観光客も楽しめる、「BBQスペアリブ」「フランクフルト」「ミックスピザ」のほか、「アサヒスーパードライ」や「TOKYO隅田川ブルーイング ゴールデンエール」「ブラックニッカクリア」などウイスキー、カクテル、ワインなども豊富に用意しているそうです。

居酒屋・バー・ナイトライフのアリペイ・ウィーチャットペイ・クレカ対応に関連するインバウンド対策資料を無料で詳しく見てみる

「インバウンド研修」の資料を無料でダウンロードする「決済対応」の資料を無料でダウンロードする「多言語接客支援ツール」の資料を無料でダウンロードする

このページに関連する記事

戻る