レンタカーのアリペイ・ウィーチャットペイ・クレカ対応に関するインバウンド事例集

レンタカーはどうやってインバウンドにおいてアリペイ・ウィーチャットペイ・クレカ対応などの決済対応に取り組むべきなのか?

インバウンド市場が盛り上がる中で、レンタカーがアリペイ・ウィーチャットペイ・クレカ対応をすることでインバウンド集客する事例が増えています。アリペイ・ウィーチャットペイ・クレカ対応を行ったレンタカーの成功事例では、取り込む層を大幅に増やすことができています。

このページでは、レンタカーのインバウンド対策やインバウンド集客におけるアリペイ・ウィーチャットペイ・クレカ対応について、次の3つの事例を取り上げます。

  • レンタカー×アリペイ・ウィーチャットペイ・クレカ対応事例その①:株式会社ジェイティービー:アリペイでのレンタカー決済が可能に
  • レンタカー×アリペイ・ウィーチャットペイ・クレカ対応事例その②:オリックスレンタカー:中国銀聯カードの取り扱いを全国に拡大
  • レンタカー×アリペイ・ウィーチャットペイ・クレカ対応事例その③:ニッポンレンタカー:中国銀聯カードの取り扱いをスタート!

レンタカーのアリペイ・ウィーチャットペイ・クレカ対応によるインバウンド対策やインバウンド集客には、顧客層を広げられるというメリットがあります。例えばアリペイ・ウィーチャットペイを日常的に利用している訪日中国人であれば、アリペイ・ウィーチャットペイに対応しているなら買い物しよう、という考えになることもあるでしょう。逆にいえば、アリペイ・ウィーチャットペイに対応しているところが増えてきた現在では、日本円でしか買い物できないとなると中国人客の取り込みという点では不利になってしまいます。クレジットカードも同様です。海外では日本よりもキャッシュレス化が進んでおり、現金を持ち歩かないという人も多くいます。そのような人を顧客として取り込むためにも、クレジットカード対応は重要です。

ここでは、レンタカーという業界・業種におけるアリペイ・ウィーチャットペイ・クレカ対応によるインバウンド対策事例を紹介していきます。

レンタカーのアリペイ・ウィーチャットペイ・クレカ対応に関連するインバウンド対策資料を無料で詳しく見てみる

「インバウンド研修」の資料を無料でダウンロードする「決済対応」の資料を無料でダウンロードする「多言語接客支援ツール」の資料を無料でダウンロードする

株式会社ジェイティービー:アリペイでのレンタカー決済が可能に

株式会社ジェイティービー:アリペイでのレンタカー決済が可能に

株式会社ジェイティービー:アリペイでのレンタカー決済が可能に

株式会社ジェイティービーは、IDやFintechを活用した決済サービスをスマート決済領域と位置付け「スマート決済事業」を開始します。 まずは2017年7月1日(土)より、国内の観光事業者を対象に、スマートデバイスとQR コードを通じて行う アリペイ決済サービスの提供をスタート。

アジアを中心とした各国では、既にキャッシュレス化に伴うスマートフォンを活用した決済手段が普及しており、訪日外国人への受入環境を整備する上でも、彼らが日常利用している決済サービスの提供の必要性が、今後さらに高まってくると想定されます。

また、訪日外国人における消費行動が「モノ」から「コト」へシフトするなかで、今後スマートデバイスを活用した、場所の制約の無い決済手段の提供が課題になってくると考えられます。

訪日外国人の国内消費の約 40%を占める中国からのインバウンド向けに決済を利用できる環境を国内の観光事業者を対象に広げていく方針です。

まずは、旅館・ホテル・土産品店への導入を開始し、順次、レンタカーや入場施設などへ展開。また、地域における訪日インバウンドの受入環境整備に向け、商店街などの地域事業者への拡大も目指していく予定。

JTB グループは、今後も訪日外国人の日本国内の観光シーンにおいて、アジアを中心とした各国で普及・定着が進むスマートデバイスを活用した決済手段などの新たな決済サービスを順次提供することにより、訪日インバウンドのお客様の日本観光における更なる利便性の向上を目指していく方針です。

オリックスレンタカー:中国銀聯カードの取り扱いを全国に拡大

オリックスレンタカー:中国銀聯カードの取り扱いを全国に拡大

オリックスレンタカー:中国銀聯カードの取り扱いを全国に拡大

オリックス自動車は、全国のオリックスレンタカー拠点において「中国銀聯カード」の取り扱いを開始したと発表しました。

オリックス自動車は現在、全国979拠点のオリックスレンタカーネットワークを展開しています。

同社では、近年の訪日外国人によるレンタカー需要の高まりに合わせ、2014年10月より香港からの訪日観光客などを対象に、北海道および沖縄エリアのオリックスレンタカー全拠点で「銀聯」での決済サービスを開始。

6月1日からは順次、対象を全国のオリックスレンタカー各拠点に拡大し、7月末までに全拠点で決済に対応するとの方針です。

訪日外国人数が過去最高を記録する中で、香港からの2015年の訪日外客数も前年比64.6%増の約152万人と初めて100万人を突破。オリックスレンタカーでは、クレジットカード決済機能に加えて「銀聯」にも対応することで、決済手段を拡充し、インバウンドの利便性向上を図る見込みです。

ニッポンレンタカー:中国銀聯カードの取り扱いをスタート!

ニッポンレンタカー:中国銀聯カードの取り扱いをスタート!

ニッポンレンタカー:中国銀聯カードの取り扱いをスタート!

ニッポンレンタカーは、UCカードと提携し、2016年5月30日より、九州及び沖縄のニッポンレンタカーの拠点で「中国銀聯カード」の取扱いを開始しました。

中国銀聯カードは、2002年に中国人民銀行が中心となって設立された、中国での銀行間決済ネットワークを運営する国際ブランド。

発行枚数は全世界で50億枚、取扱高は916兆円、アジアではVisa・MasterCardを超える会員数・売上高に成長しています。日本でもUCカードが銀聯と提携の上、銀聯カードの加盟店開拓を行い、現在5万店まで拡大しています。

2015年の訪日外国人数は前年比47.1%増の1973万人となり、過去最高を記録。中でもアジア圏からの訪日外国人は1600万人と全体の80%を超え、上位11か国を占めており、ニッポンレンタカー利用客における訪日外国人数も前年比150%と順調に増加を続けています。

こうした背景から、ニッポンレンタカーでは、従来のクレジットカード決済に加え、銀聯カードによる決済も対応することで、訪日外国人向けサービスの拡充を図る方針です。レンタカーでの観光ニーズの高い九州および沖縄の全28拠点でサービスを開始しています。

レンタカーのアリペイ・ウィーチャットペイ・クレカ対応に関連するインバウンド対策資料を無料で詳しく見てみる

「インバウンド研修」の資料を無料でダウンロードする「決済対応」の資料を無料でダウンロードする「多言語接客支援ツール」の資料を無料でダウンロードする

このページに関連する記事

戻る