訪日台湾人観光客が選ぶ日本の観光地は国内でも大人気!東京観光から北海道観光まで

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

訪日台湾人観光客が選ぶ観光地を見てみると改めて日本の良さを再確認できます。それは近代的な文化は勿論のこと、歴史を感じさせてくれる文化や自然であるのです。

日本人はこれらの観光地を当たり前に存在するという贅沢な解釈をしているのかもしれません。訪日台湾人観光客に見習って人気ある観光地の素晴らしさを再認識しつつ、訪日台湾人観光客向けプロモーションやインバウンド対策に活かしましょう。

<関連記事>

訪日中国人観光客に人気の都道府県ランキング

訪日中国人観光客は、日本のインバウンド市場で人数、消費額ともに最も大きな比率を占めています。訪日中国人観光客に人気の目的地は主に東京や大阪といった大都市ですが、近年リピーターの増加や、地方空港と中国核都市を結ぶ直行便の増加、体験の希少性を求める旅行者のトレンドを背景に、日本全国の各都市に対する関心も高まっています。2019年の訪日外国人数は全国籍3,188万人で、そのうち訪日中国人数は959万4,300万人を記録しました。訪日外国人市場全体で、950万人を超えたのは初めてのことです。また中...

訪日台湾・香港人向けオススメインバウンド対策についてより詳しい資料のダウンロードはこちら

インバウンドの最新情報をお届け!訪日ラボのメールマガジンに登録する(無料)

やっぱり外せない人気の観光地東京

訪日台湾人観光客の訪問率TOP10

訪日台湾人観光客の訪問率TOP10

訪日台湾人観光客が観光地として選ぶ場所はやはり東京です。東京は、日本の玄関口となる成田空港、羽田空港から近いこと、また、各種インバウンド対応が他の地域と比較して行き届いており快適なためです。

また、テレビの影響も大きくあります。台湾では、1996年から「緯来日本台(いらいにっぽんたい)」という日本番組専門のチャンネルが、台湾のケーブルテレビ放送局「緯来電視網(いらいでんしもう)」より開局されています。そのため、ロケに使用されている都会的な風景に訪日台湾人観光客は憧れを抱いたり、親しみを持っていることもあり、東京は観光地として外せない模様。

早起きしてでも行きたい訪日台湾人観光客に人気の築地市場

訪日台湾人観光客の東京観光訪問地:東京都 国別外国人旅行者行動特性調査平成26年度版 より引用

訪日台湾人観光客の東京観光訪問地:東京都 国別外国人旅行者行動特性調査平成26年度版 より引用

それでは、東京のどのスポットに訪日台湾人観光客が訪れているのでしょうか。東京都が行った調査によると、浅草が断トツのトップで62.5%の訪問率となっています。

それに続くのが、新宿・大久保エリア、上野、銀座などのショッピングエリアです。

特徴的なのは築地です。訪日台湾人観光客のおよそ3人に1人が訪れていますが、目的はもちろん築地市場です。

訪日台湾人観光客の中には早起きしてでも築地の活気ある雰囲気を楽しむのが好きなようです。当然、新鮮な魚介類にも舌鼓を打っています。

東京が人気なら大阪だって負けていない:実質人気No.2

訪日台湾人観光客の都道府県別行き先の実質的な2位は大阪です。

上記の都道府県別訪日台湾人観光客の訪問率TOP10の第2位は千葉県です。千葉県訪問の主要な目的はディズニーランドですが、首都圏玄関口である成田空港の離発着で立ち寄った方も含まれているものと思われます。

訪問率の差は微々たるものですので、そのため大阪が実質的な人気訪問地2位が大阪であると推測されます。

<関連記事>

東京ディズニーリゾートのインバウンド収益は2016年度で推定200億超え!?

訪日外国人観光客に人気の訪問ルートである「ゴールデンルート」にも入っている東京ディズニーリゾート。今回はオリエンタルランドが発表するゲストプロフィールから、東京ディズニーリゾートのインバウンド収益を見てみます。 目次訪日外国人の来場者比率は近年増加傾向訪日外国人来園ゲスト数は、たった4年で倍の160万人弱まで急増インバウンド収益も4年で倍の172億円(推定)順調に伸びていけば2016年のインバウンド収益200億超えも可能まとめ:インバウンドにおける「定番化」することの重要性訪日外国人の来場...

東京ディズニーランドに負けない人気の観光地 USJ

大阪も、以前から観光地として訪日台湾人観光客に人気がありました。道頓堀での飲食や大阪城観光、ショッピングがその主たる目的です。しかし、現在では子供も楽しめる観光地となっています。

大阪が家族連れの訪日台湾人観光客に人気が出るきっかけとなった理由のひとつに、ユニバーサルスタジオジャパン(USJ)の開園があります。2001年に開園して以降、これまで大人向けの観光地だった大阪が一気に家族連れ向けの観光地となりました。

<関連記事>

USJ入場者の10人に1人が訪日外国人:推定153億のインバウンド収益!

日本の遊園地・テーマパークの2大巨頭であるディズニーランドやディズニーシーを束ねる東京ディズニーリゾートとユニバーサル・スタジオ・ジャパン(以下、USJ)。両者とも訪日外国人観光客に人気のゴールデンルート圏内に所属し、近年外国人来園者数が増加しています。東京ディズニーリゾートについては、東京ディズニーリゾートが発表する「ゲストプロフィール」から割り出すと、およそ200億超えのインバウンド収益があることを、以前の訪日ラボ記事「東京ディズニーリゾートのインバウンド収益は2016年度で推定200...

訪日台湾人観光客が経験する北海道の雪景色

台湾の気候は北部は亜熱帯気候、南部熱帯モンスーン気候に分類されます。そのため、雪は非常に珍しいものとなっています。日本列島の北の大地、北海道の気候はそれだけでコンテンツとして成立します。普段の環境とは別世界の北海道に訪日台湾人観光客は感動し、人気を集めています。

中国語が話せるスタッフがいるスキー場や日ハム観戦が訪日台湾人観光客に人気

雪景色という神秘の世界を堪能している訪日台湾人観光客。彼らにとって嬉しいのが、北海道のスキー場に中国語を話せるスタッフがいることが多いという事です。小樽天狗山スキー場もその1つで、言葉が通じないという問題が解消されているので訪日台湾人観光客には人気の観光地となっています。

その他、北海道が訪日台湾人観光客に人気の理由の1つに、台湾出身のスター野球選手の陽岱鋼(ヤン・ダイガン)選手の影響があります。札幌ドームを本拠地とする日ハムの岱鋼選手の台湾での人気、および日ハム戦観戦ツアーについては以下の記事を参照下さい。

訪日台湾人観光客に人気の観光地、札幌ドーム:陽岱鋼選手が人気の後押し

2013年度の来道外国人観光客数:国土交通省北海道運輸局企画観光部より引用国土交通省北海道運輸局企画観光部の資料によると、2013年度の統計では北海道を訪れた訪日外国人観光客は115万人でしたが、そのうち36%を占める41万人が訪日台湾人観光客でした。訪日台湾人観光客の人気観光地として組み込まれているのが、札幌ドームでの北海道日本ハムファイターズ(以下、日ハム)戦です。では、何故日ハム戦が人気なのかというと、台湾出身のスーパースターである陽岱鋼(ヤン・ダイガン)選手が日ハムの中心選手として...

まとめ:広い範囲で愛してくれる訪日台湾人観光客

このように訪日台湾人観光客に人気のある観光地は北海道にまで達しており、日本列島の広い範囲が訪日台湾人観光客に愛されているという事が理解できます。

引き続き日本を観光地として選んでもらうには継続的なプロモーションと台湾には無いものをアピールする事が大切になってきます。

インバウンド市場や各国の訪日外国人に関する調査やもっと詳しいインバウンドデータ知るには?

「調査・リサーチ」の資料をDLして詳しく見てみる

「インバウンドデータ」の資料をDLして詳しく見てみる

訪日台湾人観光客インバウンドデータ集

データでわかる訪日台湾人観光客

インバウンド施策をしていく上ではターゲットとなる方々がどのような特性や国民性を持っているのかを知るのは非常に重要です。このページでは台湾人は国として国民性としてどのような特徴や特性を持っているのか、訪日台湾人は日本国内でどのような行動を取っているのかを実際のデータを元に紐解いていきたいと思います。

訪日台湾人観光客の特徴

親日家が多いことで知られる台湾は、中国に次いで世界で2番目に日本観光が盛んな地域です。訪日台湾人観光客はテレビ番組などから日本の最新情報を入手していることが多く、人気のエンターテイメントや話題の商品についてよく知っています。

訪日ラボ セミナー紹介&最新版インバウンド情報まとめ

訪日ラボおすすめのセミナーや記事をご紹介します。

訪日ラボ トレンドLIVE! Vol.2 〜見逃せないインバウンドの最新情報をお届け〜


初回から人気を博した「訪日ラボ トレンドLIVE!」シリーズの第二弾を開催!

TVや新聞などでも日々取り上げられているインバウンドの動向ですが、業界が盛り上がるにつれて情報把握が難しくなっています。

「訪日ラボ トレンドLIVE!」では、訪日ラボとして取材や情報収集を行っている中で、これこそは把握しておきたいという情報をまとめてお伝えしています。

今回も、インバウンド業界最大級メディア「訪日ラボ」副編集長が、今月6月のインバウンドトレンド情報や、独自の取材で気づいたことについてお話ししていきますので、ご興味のある方はぜひご覧ください。

<本セミナーのポイント>

  • 毎月インバウンドの最新動向がわかる!
  • インバウンド業界最大級メディア「訪日ラボ」を運営する副編集長 石橋が登壇!
  • 30分間でサクッと学べる!

詳しくはこちらをご覧ください。
訪日ラボ トレンドLIVE! Vol.2 〜見逃せないインバウンドの最新情報をお届け〜

【インバウンド情報まとめ 2024年5月後半】「世界で最も成長している観光地」トップに東京 他


訪日ラボを運営する株式会社movでは、観光業界やインバウンドの動向をまとめたレポート【インバウンド情報まとめ】を毎月発行しています。

この記事では、2024年5月後半版レポートから、5月のインバウンド最新ニュースを厳選してお届けします。

最新情報の把握やマーケティングのヒントに、本レポートをぜひご活用ください!

本レポートの内容は、原則当時の情報です。最新情報とは異なる場合もございますので、ご了承ください。

※【インバウンド情報まとめ】は2024年5月より月2回発行いたします!最新情報の把握やマーケティングのヒントに、本レポートをぜひご活用ください!

口コミアカデミーにご登録いただくと、レポートの全容を無料にてご覧いただけます。

詳しくはこちらをご覧ください。

「世界で最も成長している観光地」トップに東京 / 富士山前のコンビニ、撮影防止の「黒幕・防護柵」設置【インバウンド情報まとめ 2024年5月後編】

今こそインバウンドを基礎から学び直す!ここでしか読めない「インバウンドの教科書」

スマホ最適化で、通勤途中や仕込みの合間など、いつでもどこでも完全無料で学べるオンラインスクール「口コミアカデミー」では、訪日ラボがまとめた「インバウンドの教科書」を公開しています。

「インバウンドの教科書」では、国別・都道府県別のデータや、インバウンドの基礎を学びなおせる充実のカリキュラムを用意しています!その他、インバウンド対策で欠かせない中国最大の口コミサイト「大衆点評」の徹底解説や、近年注目をあつめる「Google Map」を活用した集客方法など専門家の監修つきの信頼性の高い役立つコンテンツが盛りだくさん!

→ 【無料】「インバウンドの教科書」を見てみる

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客インバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!

プロモーションのご相談や店舗の集客力アップに