訪日韓国人観光客の民泊利用:Airbnb(エアービーエンドビー)を使う訪日外国人観光客の7%が韓国人

公開日:2016年06月14日

日本から最も近い国である韓国は、釜山からJR九州の高速船ビートルで3時間程度で福岡の博多港に行けるため、非常に訪日旅行がしやすい国だと言えます。

訪日韓国人観光客数も2015年は400万人を超え、中国に次いで多くなりました。その消費額はインバウンド消費の8.7%にあたる3,008億円にのぼり、国別消費額ランキングでは第5位になります。このように、経済波及効果が比較的大きい訪日韓国人観光客の民泊事情についてご紹介します。

 

訪日韓国人観光客の民泊利用状況

訪日外国人観光客によるAirbnb(エアービーアンドビー)を利用した民泊ゲストの総数は525,200人。その内訪日韓国人観光客が占める割合は7%で、36,764人となっています。これは19ヵ国で集計した中の12位となります。

訪日韓国人観光客は大半がホテルを利用する

訪日韓国人観光客の宿泊先利用率は1位が洋室中心のホテル(80.8%)。続いて2位が旅館(11.2%)、3位がユースホステル・ゲストハウス(9.9%)、4位親族・知人宅(6.9%)、5位が2.6%のその他(民泊など)と続いていきます。

 

訪日韓国人観光客の民泊利用の地域別割合

訪日韓国人観光客の民泊を利用するゲストの宿泊先は東京が最も多く全体の47%を占めています。続いて大阪が23%、京都が15%となっています。以降は韓国に近い福岡やその他九州圏が多くなります。

<関連>

訪日中国人観光客に人気の都道府県ランキング

訪日中国人観光客は、日本のインバウンド市場で人数、消費額ともに最も大きな比率を占めています。訪日中国人観光客に人気の目的地は主に東京や大阪といった大都市ですが、近年リピーターの増加や、地方空港と中国核都市を結ぶ直行便の増加、体験の希少性を求める旅行者のトレンドを背景に、日本全国の各都市に対する関心も高まっています。2019年の訪日外国人数は全国籍3,188万人で、そのうち訪日中国人数は959万4,300万人を記録しました。訪日外国人市場全体で、950万人を超えたのは初めてのことです。また中...

訪日韓国人観光客の民泊利用者を集客するためには

訪日韓国人観光客を民泊で集客するためには、訪日韓国人観光客の日本旅行に期待していることを分析すると、ヒントが見えてくるかもしれません。

訪日韓国人観光客の訪日目的:JNTOより引用

訪日韓国人観光客の訪日目的:JNTOより引用

訪日韓国人観光客の主な観光目的は「日本食を食べること」が最も多く65.2%、「ショッピング」が43.1%で「温泉入浴」が30.2%と続いています。圧倒的にグルメ目的で訪日している韓国人観光客が多いため、RPサイトやアプリ、ガイドブックやフリーペーパーなどにクーポンなどを付けておくと集客効果が期待できるでしょう。

 

韓国籍ホストによる違法民泊が横行している

大阪には在日朝鮮、韓国人や中国人が多く在住していますが、大阪生野区で全国初となる違法民泊ホストが逮捕、書類送検されています。自治体に届け出をしていないことはもちろん、消防法にもまったく準拠しておらず劣悪な環境でゲストを宿泊させていたようです。このようなホストが蔓延すると風評被害で日本の民泊の信用を失いかねないため、対応が急がれます。

<関連>

10分で理解する民泊サービス その実態とは?背景や法的要件、課題などを解説

目次民泊サービスとは?:Airbnb(エアービーアンドビー)を例にAirbnb(エアビーアンドビー)のしくみ・特徴なぜ民泊に注目が集まっているのか?民泊ビジネスの抱える問題点民泊ビジネスと法的要件合法的に民泊ビジネスを行なうには?民泊ビジネスには、法的問題のほか、近隣トラブルも課題となるまとめ:今後の民泊市場の法的・ビジネス的動向に注目民泊サービスとは?:Airbnb(エアービーアンドビー)を例に日本でも急速に広まりつつある民泊ビジネス。業界の中でも最も有名なAirbnb(エアビーアンドビ...

韓国籍男性ホストの民泊で性被害や詐欺事件も

イタリアで民泊を経営していた韓国籍の男が、日本人女子大生を宿泊させてお酒を飲ませ、酔っぱらったところで無理やりキスするなどした性被害の報告が上がっています。ほかにも民泊をキャンセルしても返金されず逃げられたり、写真の部屋と実際の部屋のクオリティが全く違うなど被害事例が相次いでいます。

民泊は取り締まりの対象!? グレーゾーンから違法との見方が強くなった「闇民泊」について解説

訪日ラボでも何度か触れている「民泊」。2016年4月に民泊に対応すべく旅館業法の緩和を行ったり、6月には民泊新法に関する最終報告書が提出されたりしたことは記憶にあたらしいです。<民泊に関する規制緩和についてはこちら>そのような規制緩和がおこなわれつつも、そもそも旅館業法においては民泊の形式は想定しておらず、民泊に関してダイレクトに定めたルールがないのが現状です。そこで問題となっている、いわゆる「闇民泊(ヤミ民泊)」の問題点について解説していきます。目次闇民泊とは、旅館業法の制限を受けずに営...

 

まとめ:訪日韓国人観光客の民泊誘致のカギは安さ

訪日韓国人観光客は一人当たりの旅行消費総額が主だった訪日国16ヵ国中最も低く、宿泊費用に関してもとりわけ低くなっています。これは日本から近く訪日しやすいことが考えられます。そのため、安く宿泊できる民泊を訪日前の韓国人にPRすることができればより多くの集客が可能になると考えられます。

<参照>

訪日韓国人観光客インバウンドデータ集

データでわかる訪日韓国人観光客

2000年代から、日本語を学ぶ学生が増えています。その理由は、日韓交流の増加により日本語が就職に有利と判断され始めていること、日本文化に対する関心が高くなってきていることなどが挙げられます。実際に、韓国の日本語学習者数は約91万人(2006年)と世界の中でもトップで、世界の日本語学習者の約3割(30.6%)を占めていることになります。

訪日韓国人観光客の特徴

日本の製品やコンテンツに強い関心を持っており、距離的にも近い韓国はインバウンド消費を狙ううえで無視できない国のひとつです。リピーターが多く、自分の興味に合わせた旅行プランを練る傾向のある韓国人観光客は、東京都などの定番観光スポット以外にも足を運びます。

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!