訪日外国人観光客誘致にユニークな宿泊施設が増加:大阪ミナミにインバウンド向けホテル「ブリッジホテル」開業

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

年々増え続ける訪日外国人観光客に伴い、2020年の東京オリンピックに向け、政府は観光ビジョンの中で、訪日外国人観光客数の目標を4000万人まで引き上げました。

近年、日本国内では官民一体となって、訪日外国人観光客の受け入れ環境の整備が実施されていますが、未だにインバウンド受け入れには課題も多いのが事実。その課題の中で頻繁に取り上げられるのが、インバウンド向けの「宿泊施設不足」です。

 

大阪府で81.6% 人気都市で高い客室稼働率:インバウンド向け宿泊施設が不足

観光庁のデータによると、大都市圏の客室稼働率(*)は東京で77.4%、大阪で81.6%になっており、とても高い数値を記録しています。


都道府県別宿泊施設タイプ別客室稼働率:観光庁より引用
都道府県別宿泊施設タイプ別客室稼働率:観光庁より引用


観光地として人気の京都府では、71.3%。全国平均である57.2%と比較すると訪日外国人観光客に人気の地域では客室稼働率が高いことがわかります。

客室稼働率が高いということは、ホテルや旅館など宿泊施設に空きがなく、インバウンド向け宿泊施設が不足していることを意味します。

現在より多くの訪日外国人観光客を呼び込むためには、宿泊施設を増設することは急務であるといえます。

そのような背景から、国内では以前ご紹介したように、「古民家の再活用」「ムスリム向けサービスの提供」「宿坊の活用の提供」など少しユニークな方法を通じて、インバウンド向け宿泊施設の増設が行われてきました。

今回、大阪で「道頓堀ホテル」を運営する「株式会社王宮」(以下、王宮)でも、インバウンド向け宿泊施設を11月より開業します。

*客室稼働率:ホテルや旅館などの宿泊施設において、全客室の内、実際に顧客に利用されている客室の割合のこと。

<関連記事>

「古民家の再活用」を通じたインバウンド誘致が進む:「モノからコト」へのニーズ移行が背景に

訪日外国人観光客の増加を受け、政府は東京オリンピックが開催される2020年までに、現在の約2倍である4,000万人、2030年までには6,000万人の訪日外国人観光客を誘致することを目標としています。都道府県別宿泊施設タイプ別客室稼働率観光庁より引用そのような状況にある日本ですが、インバウンド誘致において未だに多くの課題を抱えています。その課題の中でよく取り上げられるのが、訪日外国人観光客向けの「宿泊施設不足」。観光庁のデータによると、大都市圏の客室稼働率(*)は東京で77.4%、大阪で...

河口湖にイスラム教徒向け「シャリアホテル富士山」が開業:ムスリム訪日外国人観光客数の増加が背景に

8月17日の下野新聞によると、栃木県佐野市は、イスラム教徒の訪日外国人観光客誘致を目指し、イスラム教徒向けのツアーの開催など、インバウンド対策を行うことを発表しました。「ジャパンハラルツアーセンター」と「両毛ムスリムインバウンド推進協議会」との3社で、これらのインバウンド事業は行われるとのことです。同市では、今年7月18日に「ムスリムソン」も行いました。これは、イスラム教徒を意味する「ムスリム」と「マラソン」を組み合わせた造語。イスラム教徒の訪日外国人観光客に佐野市内をマラソンしてもらい、...

「宿坊」とは?訪日外国人観光客に人気の理由:「宿泊施設不足の解消」と「日本文化の体験の提供」を実現

訪日外国人観光客の増加に伴い、同観光客によるインバウンド消費額も増加しています。さらに、2020年の東京オリンピックに向け、政府は観光ビジョンの中で、訪日外国人観光客数の目標を4000 万人まで引き上げました。そんな追い風を受けている日本のインバウンド市場。しかし、日本国内では、訪日外国人観光客向けの、宿泊施設不足が問題となっています。一般財団法人日本経済研究所から発表された「ご当地インバウンドにチャンスあり ~再発見! Gaikokujin に学ぶ魅惑の日本~」では、「外国人旅行者が日本...

 

大阪ミナミに訪日外国人観光客向け新ホテル「ブリッジホテル」開業

1027%e2%91%a2

「道頓堀ホテル」を運営する王宮は11月22日、大阪、ミナミに訪日外国人観光客向けの新ホテル「ブリッジホテル」を開業します。

訪日外国人観光客の利用比率が90%を超える道頓堀ホテルに続く2カ所目のホテルを開業する王宮。アジアからのインバウンド需要の取り込みを行います。

毎晩アルコール類を無料提供:立地の良さ、日本文化体験イベント、ユニークな館内が売りに

The Bridge Hotelより引用

The Bridge Hotelより引用

インバウンド向け新ホテル「ブリッジホテル」は、大阪市営地下鉄の心斎橋駅から徒歩数分の距離に立地。ショッピングや飲食を楽しむ訪日外国人観光客にとって利便性が高い場所です。

ホテル内では、全室でWi-Fiが完備。また、ユニークな試みとして、生ビールや日本酒、焼酎などアルコール類が毎晩、無料で提供されます。

The Bridge Hotelより引用

The Bridge Hotelより引用

ガイドブックやPC、自転車やベビーカーのレンタルも実施。赤色の橋や神社を思わせる鳥居など和を感じさせる館内も売りです。

浴衣の着付け、ラーメンや手巻きずしの手作り体験など、定期的に日本文化が体験できるイベントも開催されています。

ホームページは日本語、英語、中国語、韓国語、タイ語の5言語に対応。多言語化により訪日外国人観光客誘致を狙います。

 

インバウンド需要に沿ったコンセプトの実施:「日本文化体験」「日本酒の飲むこと」は訪日外国人観光客の楽しみの1つに

訪日外国人消費動向調査 平成 28 年 7-9 月期:観光庁より引用

訪日外国人消費動向調査 平成 28 年 7-9 月期:観光庁より引用

観光庁による「訪日外国人消費動向調査 平成28年7-9月期」では、訪日外国人観光客が「訪日前に最も期待していたこと」に関するアンケート結果が、掲載されています。

調査結果では、訪日外国人観光客が最も期待していたこととして、「日本食を食べること」が25.6%と最も高い数値を記録しています。また、「日本酒を飲むこと」や「日本の歴史・伝統文化体験」にもインバウンド需要があることがわかります。

アルコール類の無料提供や、和食の手作り体験のような日本文化が体験できるイベントの開催など、ブリッジホテルの試みは、訪日外国人観光客のニーズにマッチしているということが言えます。

 

まとめ:インバウンド需要にマッチした宿泊施設の登場

訪日外国人観光客数の増加から、ユニークなインバウンド向け宿泊施設が増加する中、「道頓堀ホテル」を運営する王宮でも新たな訪日外国人観光客向け宿泊施設を開業します。

「日本食を食べること」「日本酒を飲むこと」「日本の歴史・伝統文化体験」など訪日外国人観光客が楽しみにしていることを運営コンセプトに取り込むことで、宿泊業界におけるインバウンド誘致につながります。

今こそインバウンドを基礎から学び直す!ここでしか読めない「インバウンドの教科書」

スマホ最適化で、通勤途中や仕込みの合間など、いつでもどこでも完全無料で学べるオンラインスクール「口コミアカデミー」では、訪日ラボがまとめた「インバウンドの教科書」を公開しています。

「インバウンドの教科書」では、国別・都道府県別のデータや、インバウンドの基礎を学びなおせる充実のカリキュラムを用意しています!その他、インバウンド対策で欠かせない中国最大の口コミサイト「大衆点評」の徹底解説や、近年注目をあつめる「Google Map」を活用した集客方法など専門家の監修つきの信頼性の高い役立つコンテンツが盛りだくさん!

【無料】「インバウンドの教科書」を見てみる
完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!