H.I.S.×オリコ×Mastercard3社が地域活性化で提携 国内・訪日旅行者のカードユーザーにむけた「H.I.S.クーポン」新サービス! 観光地のクレジットカード加盟店情報を自動翻訳でご提供!

[株式会社エイチ・アイ・エス]

株式会社エイチ・アイ・エス(本社:東京都新宿区 代表取締役会長兼社長:澤田 秀雄 以下、 H.I.S.)、株式会社オリエントコーポレーション(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:河野 雅明 以下、オリコ)、Mastercard(本社:米国ニューヨーク州 日本地区社長:ナンダン・マー 以下、Mastercard)は、Mastercardの世界約21億人のカード会員へのアクセス、オリコの国内約1,000万人のクレジットカード会員を保有する強みと、H.I.S.が保有する観光コンテンツ3万情報を連動させ、現金両替を意識しない訪日旅行の観光促進へ、北海道への旅行者にむけて「H.I.S.クーポン」アプリ(※1)を通じた“観光地におけるクレジットカード加盟店情報提供"サービスを4月20日(木)より開始いたします。

3社は、特にクレジットカード利用率の高い訪日外国人旅行者へ向けて、観光施設情報と共に利用可能なクレジットカード情報をご提供することで、旅行者と観光施設とのマッチングを目指します。今回サービスを開始するにあたり、北海道を最初の強化地域として、北海道の自治体が集まる北海道銀行主催「インバウンド・プロダクツ2017」(※2)にて、道内のクレジットカード加盟店情報の収集に努めます。今後、北海道のみならず全国へ順次展開し、クレジットカードユーザーの満足度向上と観光施設の情報提供を図ります。

観光地周辺のクレジットカードが利用できる店舗・施設の情報を収集・紹介する位置情報アプリが少なく、訪日・国内旅行者のクレジットカードユーザーへの利便性が進まないといったカード会社が抱える課題を踏まえ、今回の「H.I.S.クーポン」アプリに自動翻訳機能(英語)と、クレジットカード加盟店情報が確認できる機能を追加し、リニューアルいたしました。さらに、CMS(コンテンツマネージメントシステム)を導入したことで、「地方創生・観光プロモーションコンソーシアム」(※3)の会員である観光施設は、クレジットカード取扱施設の情報を無料で各施設のパソコンから登録・変更を行うことができるようになりました。この機能を活用して自治体・観光施設と連携を深め、観光促進ひいては地域活性化の一助になればと考えております。
オリコは、各地域の課題解決に向けた決済ソリューションの提供や、地場企業への送客など広域的な連携などの取り組みを継続し、Mastercardは、これまで「プライスレス・ジャパン」の取り組み等を通じて日本の素晴らしさを国内、および世界中のお客様にお伝えするなど、日本各地への来訪と消費を促進させるお手伝いを行っており、このたびの提携を含めた一連の取り組みを通じて、観光消費の活性化による地方創生のさらなる促進に貢献して参ります。

今後3社は、2019年、2020年の国際的スポーツイベントを見据え、オリコカード、Mastercardのカード会員に向けて、観光施設のクレジットカードご利用特典をご用意いたします。また、ウェブサイトや利用明細書への広告封入による旅行に関するご案内など、日本全国の観光地への訪問客の増加に向けた活動により、地方創生の促進に努めてまいります。


(※1)「H.I.S.クーポン」アプリ(http://his-coupon.com/ja/)とは、約3万件の観光情報と約1万2
千件のテーマパーク、動物園、水族館、博物館、温泉、空港・旅行先のお食事、お土産などの割引を行うタイムセールクーポンです。

(※2)「北海道銀行インバウンド・プロダクツ2017」とは、インバウンド向けの商品開発・サービスを提供している事業者と道内の観光関連事業者のための商談会です。関東・関西圏(道内外問わず)より、マーケティング(SNS活用・国別対応PR)、多言語対応(通訳・デジタルサイネージ・外国人人材紹介)、システム(Wi-Fi・免税・決済・予約)、保険、調査、コンサルティング、デザイン・設計、耐震対応、民泊、地域ブランディング、その他ハラルやラグジュアリー対応等のサービス提供事業者が出展、北海道からは、ホテル・旅館をはじめとして、飲食、小売、食品メーカー、運輸、スポーツ(アウトドア・体験)、不動産、医療、人材派遣、広告、調査、観光協会、自治体等様々な観光関連事業者の来場参加を予定しています。また、ワークショップとして出展者によるプレゼンテーションや講演会も同時開催いたします。(http://www.hokkaidobank.co.jp/news/)

【日 時】 平成29年5月18日(木)10:00~17:00
【場 所】 SORA札幌コンベンションセンター(札幌市白石区東札幌 6 条1丁目1-1)

(※3)「地方創生・観光プロモーションコンソーシアム」とは、観光地の課題解決へ、大企業・スタートアップ、学生など55の企業・団体・自治体(2017年4月末現在)が、地方自治体と共に、異業種が持つ技術やサービス、アイデアを共有し、各社が保有する知識、ノウハウ、データを組み合わせ、ワンストップで革新的なビジネスモデルを創造するコンソーシアムです。

《本件に関するお問い合わせ先》
H.I.S.(エイチ・アイ・エス)PR事務局(株式会社イニシャル内)
担当:井地・牛江・宮本
TEL:03-5572-6316 FAX:03-5572-6065 Email:h.i.s.-pr@vectorinc.co.jp

<関連>

Favicon訪日ラボ

 

インバウンドでもJAグループが活躍 「農泊」で農協観光、民泊仲介サービスを手掛ける企業と業務提携

インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに訪日外国人に関するニュースやデータを毎日配信するインバウンドビジネスの総合メディアです。

Favicon訪日ラボ

 

インバウンドのワンストップ化を目指す「地方創生・観光プロモーションコンソーシアム」がインバウンド分科会合同説明会・意見交換会を開催

インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに訪日外国人に関するニュースやデータを毎日配信するインバウンドビジネスの総合メディアです。

 

役にたったら
いいね!してください

関連インバウンド記事

徹底した外国人目線で訪日観光客を呼び込む「ハートランド・ジャパン」を発足

訪日ラボ編集部  

インバウンドビジネス総合展2017に行ってきました:現地の模様と展示をピックアップしてレポート

訪日ラボ編集部  

海外旅行ガイドブック『地球の歩き方』を発行する株式会社ダイヤモンド・ビッグ社が総合研究所を発足! ―インバウンド需要取り込みと観光振興・地域活性化を目指す自治体・団体にノウハウを提供―

訪日ラボ編集部  

[PR]リクルート主催 インバウンド受入整備の最新動向を解説!インバウンドマーケティング勉強会#4“旅ナカ編” Vol.2

訪日ラボ編集部PR  

インバウンドのワンストップ化を目指す「地方創生・観光プロモーションコンソーシアム」がインバウンド分科会合同説明会・意見交換会を開催

訪日ラボ編集部  

【11/27〜12/3】先週の気になるインバウンドニュースまとめ:コト消費への変遷で変わるインバウンドサービス、訪日外国人観光客の地方誘致はどうなる?

訪日ラボ編集部  

中国での日本文化を伝えるトレンド情報番組と連動した中国人向け訪日アプリケーションサービス「最霓虹(BEST NIHON)」2017年5月15日より開始

訪日ラボ編集部  

企業・自治体・観光団体の窓口を一本化 効率的なインバウンド対策がワンストップで可能に!H.I.Sの取り組む地方創生・観光プロモーションコンソーシアムとは?

訪日ラボ編集部  

日本初!インバウンドビューティー集客支援プロジェクト開始

訪日ラボ編集部  

【9/11〜9/17】先週の気になるインバウンドニュースまとめ:注目度高まる訪日タイ人への対応 インバウンドサービスの国外提携進む、など5選

訪日ラボ編集部  
訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!