【消費復調】デパートの免税売上、実は今「爆買い」最盛期の2015年より高水準:免税売上推移からみるインバウンド消費の復活

【消費復調】デパートの免税売上、実は今「爆買い」最盛期の2015年より高水準:免税売上推移からみるインバウンド消費の復活

日本百貨店協会が発表した、93店鋪の百貨店を対象にした免税店売上高の調査によれば、2017年3月の百貨店でのインバウンド消費は前年同月比24.6%増となり、前年を大きく上回りました。特に化粧品やハイエンドブランドなどの免税売上が好調。中華圏を中心とした春節(旧正月)休暇が1月にずれ込んだことで2月の免税売上は9.6%増の微増だったもののプラス成長を維持。3月も売上増になったことで、4ヶ月連続のプラスとなりました。

Favicon訪日ラボ

 

インバウンド消費復活か!?1月にずれ込んだ春節が後押し 1月百貨店免税売上高、2ヶ月連続で前年を上回る

インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに訪日外国人に関するニュースやデータを毎日配信するインバウンドビジネスの総合メディアです。

2017年3月の百貨店のインバウンド免税売上動向

 
 
実額/実数
前年同月比
 
免税総売上高
約196億6千万円
24.6%増
 
一般物品売上高
約111億5千万円
3.8%増
 
消耗品売上高(化粧品、食料品等)
約85億1千万円
69.2%増
 
購買客数
約29.6万人
 29.0%増
 
一人あたりの購買単価
 約66,000円
 3.4%減

2017年3月の百貨店の免税売上は、総額で196.6億円(前年同月比24.6%増)となりました。昨年12月が192.4億円で前年同月比8.3%増、2017年1月が217億円で25.1%増、2月は201.7億円で9.9%増でしたので、4 ヶ月連続で前年同期超え を果たしています。

1月の前年同期比25.1%増の背景にあるのは中華圏の春節(旧正月)休暇は、昨年2016年が2月始まりだったのに対し、今年は1月末にスタートしたこと。これにより買い物需要の高い訪日中国人観光客を中心にインバウンド需要が高まったことが後押しした"だけ"と思われました。しかしながら、蓋を開けてみれば2月はこのあおりを受けかろうじて1桁での成長、3月には1月と同水準のプラス成長を果たしていることから、着実にインバウンドにおける買い物需要が復活しつつあることが伺えます。

円安の影響などもあり「爆買い」でインバウンドが盛り上がった2015年夏。当時の百貨店での免税売上は7月で185.2億円、8月で171.6億円、9月で138.6億円となっています。当時とは訪日外客数の差があるため、1人あたりの免税売上に差はあるものの、この数値を見れば 今期3月の196.6億円となっており、「爆買い」当初よりも免税売上は現在のほうが高い数値である ことがわかります。

Favicon訪日ラボ

 

訪日客消費額が前年比マイナス…ってホントに?現地通貨ベースでは消費額上昇、原因は「コト消費」ではなく為替にあり!!

インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに訪日外国人に関するニュースやデータを毎日配信するインバウンドビジネスの総合メディアです。

 

2017年3月にインバウンドで人気のあった商品/免税手続きした出身国籍順位

 
 
インバウンド人気商品
免税手続きした国籍
 
1位
化粧品
中国
 
2位
ハイエンドブランド
香港
 
3位
婦人服飾雑貨
台湾
 
4位
食品
韓国
 
5位
美術・宝飾
タイ

前掲の票の通り、2017年1月の百貨店免税売上においては、 化粧品や食料品などの消耗品売上が前年同月比69.2%増の好調で、人気商品ランキング1位は化粧品 となりました。全体的に女性向け商品類が好調だった模様です。

また、免税手続きをした訪日外国人観光客の国籍別順位では、1位が訪日中国人観光客、2位が訪日香港人観光客、次点訪日台湾人観光客と、中華圏訪日外国人観光客が独占しています。

中華圏訪日外国人観光客の外客数は1月の春節(旧正月)休暇によるインバウンド需要のピークが過ぎたこと、さらに欧州向けツアーの価格下落によるアウトバウンドの流出があったことから、軒並み前年と同水準となっています。

そのような中、訪日韓国人観光客は前年同月比 30.6%増の約48.8万人という大躍進をしています。訪日中国人観光客(約50.9万人)とほぼ同数でしたが、韓国市場の全体的な傾向として短期間での訪日旅行・低支出という特徴があるため、免税手続き国籍ランクでは4位となっています。

Favicon訪日ラボ

 

2017年3月のインバウンド市場は?:韓国市場が前年比30%増で絶好調、一方中国不振、欧米圏もイースターズレで不調

インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに訪日外国人に関するニュースやデータを毎日配信するインバウンドビジネスの総合メディアです。

2017年3月までの百貨店免税売上高推移



2017年3月までの百貨店免税(インバウンド)売上高推移
2017年3月までの百貨店免税(インバウンド)売上高推移

それでは2015年から2017年3月までの百貨店の免税売上高の推移を見てみましょう。2016年12月以降4ヶ月連続で前年同期超えを果たしており、2月は春節(旧正月)需要のズレによる影響が見られるものの、3月は1月と同水準の伸びを見せています。

2017年3月までの費目別百貨店免税(インバウンド)売上/円相場前年比
2017年3月までの費目別百貨店免税(インバウンド)売上/円相場前年比

免税消費額に密接に関係する円相場と、費目別(一般物品、消耗品、総額)の前年比増減の推移がこちらです。円相場はドル円の推移を示しているので、マイナス成長=円高傾向、つまりインバウンド消費において不利な状況を意味します。

伸び率の推移を見てみると、2月3月は前年とほぼ同水準の円相場傾向であることが見られます。2月は一般物品の免税売上が前年割れしているものの、3月では一般物品・消耗品共に前年プラス成長をしています。

特に、 化粧品や食料品などの消耗品類は過去12ヶ月を通して好調で、3月はその伸びがより顕著 になっています。化粧品を中心に日本製の消耗品のインバウンドでの人気の高さと、それを維持している(むしろ向上させている)ということが伺えます。

 

まとめ:4ヶ月連続のインバウンド消費前年増 その総額は「爆買い」バブル期以上に成長していた

百貨店の免税売上は、2016年は円高の影響で不調だったものの、2016年12月以降4ヶ月連続で前年同月超えを達成しました。化粧品や食料品など消耗品類が顕著に伸びており、免税売上の増大を牽引していることが確認できます。

免税売上の総額は、「爆買いは収束した」と言われ久しいですが、実は免税売上総額ベースでは「爆買い」最盛期よりも現在のほうが高い数値を示しています。もちろん、訪日外客数の増加が下支えした結果ともいえますが、買い物でのインバウンド消費に復調の兆しが見えています。

<参照>

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!