訪日外国人観光客を受け入れる事業者の“困った”を解決する法人サービス「TATERU Phone」事業者向けレンタル 4月26日より本格開始!トリップコンシェルジュが24時間チャットで多言語対応

[インベスターズクラウド]

アプリではじめるアパート経営「TATERU(タテル)」の開発・運営を行う株式会社インベスターズクラウド(本社:東京都港区/代表取締役:古木大咲/証券コード:1435、以下当社)の子会社である株式会社iVacation(代表取締役:大城崇聡、以下iVacation)は、2017年4月6日公表のプレスリリースの通り、IoTデバイス「TATERU Phone」の宿泊事業者向けレンタルサービスの予約を受け付けておりましたが、本日「TATERU Phone」サイトをオープンし、宿泊事業者だけでなく訪日外国人観光客を受け入れる事業者への「TATERU Phone」レンタルサービスとして、運用を開始いたしますのでお知らせします。

「TATERU Phone」サイト:https://www.tateruphone.jp/


◯ 事業者向け「TATERU Phone」レンタルサービス



このサービスは、事業者向けにIoTデバイス「TATERU Phone」のレンタルを行うものです。「TATERU Phone」では、多言語対応のトリップコンシェルジュが、施設のフロントスタッフに代わり、24時間チャットにて観光案内やレストラン予約、タクシー手配など、旅行中のサポートや宿泊者の要望に応えます。宿泊施設だけでなく、訪日外国人観光客を受け入れる商業施設やアミューズメント施設、旅行代理店などの事業者へのレンタルも行い、「TATERU Phone」の普及を目指します。
事業者は「TATERU Phone」をレンタルすることにより、コンシェルジュサービスを付加することができ、訪日外国人対応のための人員や専用コンシェルジュを常駐させることなく、満足度の向上や他施設との差別化を図ることができます。
※チェックイン/チェックアウトなど、宿泊施設に関する業務は通常通りフロントでの対応となります。
※事業者利用イメージ

iVacationは今後も、「Vacation×Technology」をコンセプトに、最先端のテクノロジーを活用したサービスレベルの向上を図り、国内外の旅行者に安心安全な宿泊サービスと快適な旅行環境を提供するべく事業展開を行ってまいります。

◯「TATERU Phone」の機能

「TATERU Phone」では、日本を快適に過ごしていただくための様々なサービスを提供することが可能です。

<機能予定>
チャット機能
滞在中は多言語(英・中・韓・日)対応の専門コンシェルジュにより24時間体制で、チャットアプリを通じ観光予約などをサポートいたします。



翻訳機能
言語を選んで言葉や文章を手書きで入力するだけで翻訳ができます。

テザリング
「TATERU Phone」をアクセスポイントとして、パソコンやタブレット、ご自身のスマートフォンなど、様々な外部機器をネットにつなぐことができます。

交通予約
新幹線、飛行機などの移動手段の予約ができます。

ミュージックイベント機能
フェスやクラブ、コンサート情報の収集、チケットの予約などができます。

オーディオツアー機能
日本の観光スポットで使用できる音声ガイドです。

アクティビティ機能
観光ツアー、世界遺産観光、ショーエンターテイメント、カルチャー体験などの予約ができます。

エマージェンシーコール機能
医療機関の紹介や手配、傷病人の移送、治療をキャッシュレスで受けられるサービスです。

タクシー予約機能
英語でタクシーの呼び出しができるサービスです。

スキャン機能
商品についている「バーコード」にスマホをかざすだけで、該当商品のあらゆる情報を、利用者の使用言語に合わせて閲覧することができます。

ベジタリアン向けレストラン検索機能
ベジタリアンが必要とする日本全国のレストラン情報を多言語で提供いたします。

物販サービス機能
常駐スタッフがいない宿泊施設に物販スペースを設け、軽食やドリンクなどの購入ができるサービスです。商品を購入する際、ゲストが「TATERU Phone」を使って商品の情報をその場で確認し、そのまま購入・決済することができます。

◯ iVacation概要
社名:株式会社iVacation
設立:2016年6月1日
資本金:20,000,000円
代表取締役:大城 崇聡
所在地:〒107-0061 東京都港区北青山3-3-5 3F
事業内容:
「TATERU Phone」の開発
宿泊マッチングプラットフォーム「TATERU bnb」の開発、運営
民泊の運営及びその代行
民泊及びバケーションレンタル物件の開発
民泊物件・賃貸物件の保証業務

◯ 当社概要
社名:株式会社インベスターズクラウド
設立: 2006年1月23日
資本金: 6億192万円
代表取締役: 古木 大咲
本社: 〒107-0062 東京都港区南青山2-27-25 7F
事業内容:
アプリではじめるアパート経営「TATERU」の開発・運営
「TATERU」 https://www.tateru.co/
アプリではじめるスマートライフ「TATERU kit」の企画
「TATERU kit」 https://www.taterukit.jp/
ネットで賢くリノベーション「スマリノ」の開発・運営
「スマリノ」https://www.sma-reno.jp/
不動産投資型クラウドファンディング「TATERU FUNDING」の企画・運営
「TATERU FUNDING」https://www.tateru-funding.jp
(不動産特定共同事業許可番号 東京都知事第100号)
子会社:
株式会社iApartment(アプリではじめるスマートライフ「TATERU kit」の開発運営)
株式会社iVacation(「TATERU Phone」の開発、民泊物件の開発・管理等)

<関連>

Favicon訪日ラボ

 

AIでのインバウンド対策続々と 月間15,000人の訪日客が利用する「JPNEAZY」とは:インバウンド向けチャットボットコンシェルジュサービス

インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに訪日外国人に関するニュースやデータを毎日配信するインバウンドビジネスの総合メディアです。

Favicon訪日ラボ

 

【宿泊業向け】AIがコンシェルジュを代行?インバウンド宿泊者向けチャットガイドBebotとは?

インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに訪日外国人に関するニュースやデータを毎日配信するインバウンドビジネスの総合メディアです。

 

 

 

役にたったら
いいね!してください

関連インバウンド記事

「TATERU Phone」宿泊事業者向けレンタルサービスの提供決定 トリップコンシェルジュが24時間チャットで多言語対応 宿泊施設の訪日外国人対応をスマート化

訪日ラボ編集部  

TATERU ECOSYSTEM 第11弾 荷物一時預かりサービス「ecbo cloak」の運営を行うecbo(エクボ)社と提携 「TATERU Phone」にて旅行荷物の預かり予約サービスを開始

訪日ラボ編集部  

TATERU ECOSYSTEM 第9弾 訪日外国人向け情報サイトの運営を行うフレンバシー社と提携 「TATERU Phone」にベジタリアン向けレストラン検索機能を追加し、フード機能を強化

訪日ラボ編集部  

民泊向けIoTデバイス「TATERU Phone」を活用したスマート民泊の実証実験を早期終了「TATERU Phone」のレンタル拡大に向け本格運用開始

訪日ラボ編集部  

民泊CtoCプラットフォーム AirTrip(エアトリ)民泊本日、グランドオープン

訪日ラボ編集部  

徹底した外国人目線で訪日観光客を呼び込む「ハートランド・ジャパン」を発足

訪日ラボ編集部  

日本初の民泊向け無人物販サービス、「Air Buy&Check」アプリ版をリリース!

訪日ラボ編集部  

両替事業(AirTrip Exchange)の第一号店をビジョンが運営する歌舞伎町インバウンドタワー(仮称)に5月新規オープン

訪日ラボ編集部  

日本初!インバウンドビューティー集客支援プロジェクト開始

訪日ラボ編集部  

高速バスを利用するインバウンド対応のため、京成バス約160車両へ、通訳サービス「SMILE CALL(スマイルコール)」一斉導入

訪日ラボ編集部  
訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!