民泊CtoCプラットフォーム AirTrip(エアトリ)民泊本日、グランドオープン

民泊CtoCプラットフォーム AirTrip(エアトリ)民泊本日、グランドオープン

~掲載エリアを全国の簡易宿所及び特区民泊へ拡大し、合法物件約300件を掲載~

[株式会社エボラブルアジア]

One Asiaのビジョンをかかげ、アジアを舞台に、オンライン旅行事業と訪日旅行事業、ITオフショア開発事業、投資事業を手掛ける株式会社エボラブルアジア(本社:東京都港区、代表取締役社長:吉村 英毅、証券コード:6191、以下当社)は、当社の総合旅行サービスプラットフォームAirTrip(通称エアトリ)のiOSおよびAndroid™のアプリ、WEBサイト(URL:https://www.airtrip.jp/)にて主力サービスの「国内航空券」及び「海外航空券」「国内宿泊」の販売に加え、このたび「民泊」サービスをグランドオープン、アプリ及びWEBサイトにて予約を開始いたしました。

なお、掲載エリアは全国の簡易宿所及び特区民泊となり、合法物件約300件登録にてグランドオープンいたします。今後、随時掲載施設の拡充に努めてまいります。また、4サービス共通のエアトリポイントの付与も開始しております。


■掲載エリア

1月25日に発表の通り、当社は合法にこだわり「特区民泊」のみを掲載対象とし、AirTrip(エアトリ)民泊をプレオープンしておりました。このたびのグランドオープンによって、掲載エリアは
・全国の簡易宿所
・特区民泊(東京都大田区、大阪府、大阪市、北九州市)※1 となっております。

■民泊CtoCプラットフォーム「AirTrip民泊」について

サービスURL: https://minpaku.airtrip.jp/
①法に則った物件のみの掲載
②MADE IN JAPANの使いやすさ
③旅行に不可欠な移動手段(航空券・新幹線)も同時に提供
訪日旅行事業

上記3点をコンセプトとし、現在訪日外国人の利用者が圧倒的なシェアを占める民泊マーケットにおいて、日本人でも簡単かつ快適に利用可能なサイトを構築し、旅行のみならずご出張・イベント参加等でも民泊が一般的に利用できる環境となるよう、民泊と同時に移動手段の提供をいたします。
また、2020年の東京五輪・パラリンピックに向け、民泊新法が施行されたのちの2018年に物件数10,000件、東京五輪・パラリンピック開催時までに30,000件登録を目標。宿泊施設不足・マンションの空洞化問題の解消にも貢献し、将来的には航空券+民泊のパッケージ商品の提供および訪日外国人にもご利用頂けるよう、多言語化を推進してまいります。

■エアトリポイントとは

エアトリアプリにて、各サービスを利用し貯まったポイントは旅行代金として利用可能となっております。さらにアプリ内利用だけでなく、Gポイントを経由して、共通ポイント、航空マイル、ギフト券、電子マネー各社のポイント等120サービス以上のサービスで利用することが可能となっております。
詳細URL:https://www.airtrip.jp/info/

今後も当社はより良いサービスの提供につとめるとともに、さらなる事業拡大、発展に邁進してまいります。

■業績に与える影響
平成29年9月期の当社の業績へ与える影響につきましては、平成28年11月14日に公表した業績予想から変更はございません。今後のサービス展開の状況等により、変更の必要が生じた場合には適時にお知らせいたします。
※1 対象自治体の拡大次第、随時追加してまいります。

【株式会社エボラブルアジア】
本社  :東京都港区愛宕2-5-1 愛宕グリーンヒルズMORIタワー19階
社名  :株式会社エボラブルアジア
代表者 :代表取締役社長 吉村 英毅
資本金 :1,019,967千円(払込資本 1,844,934千円)
URL :http://www.evolableasia.com/

【当社サービスサイト】
総合旅行サービスプラットフォーム AirTrip  :https://www.airtrip.jp/
AirTrip海外航空券              :https://overseas.airtrip.jp
総合旅行販売サイト TRIP STAR :http://japanflight.tripstar.co.jp/
国内航空券予約サイト 空旅.com :http://www.soratabi.com/
BTM(ビジネストラベルマネジメント)事業 :http://www.evolableasia.com/service/btm.html
ITオフショア開発事業 :http://offshore.evolableasia.com/
【当社IRサイト】 :http://www.evolableasia.com/ir/

<関連>

新潟市でも特区民泊スタートへ! 食、自然を活かした「ガストロノミー・ツーリズム」の推進を目指して

大阪、東京、京都など都市圏を中心に導入が進めれれている「特区民泊」。そこに新たに新潟県新潟市が加わる見込みであることが、平成29年4月20日に報じられました。新潟市は本州日本海側では最も人口が多く、唯一の政令指定都市となっています。米どころとして知られる同県の例にもれず、新潟市も自然が豊かな土地柄で、農泊やグリーン・ツーリズムの拠点として特区民泊制度を活用する狙いです。[blogcardurl=https://honichi.com/14572]今回は、他の特区民泊導入地...

中国No.1の民泊サイト 急速に日本に進出中!中国国内335都市で45万件の民泊登録物件数を誇る民泊サービス途家(トゥージャー)とは?

ホテルや旅館など一般的な宿泊施設を利用するよりも安価であることや、インターネットの普及、シェアリングエコノミー型サービスの流行などを理由に、世界的で旅行時に「民泊サービス」を活用する観光客が増えています。2017年2月15日の米フォーチュン誌によると、民泊サービス最大手であるAirbnbは、2020年までに35億ドル(日本円でおよそ3500億円)の年間売上を達成する見込みとのこと。[blogcardurl=https://honichi.com/12634]このように世界...

途家(トゥージャー)と自在客(ズーザイクー)の2強にAirbnbは苦戦?!中国で人気の民泊サービスまとめ6選

日本では民泊ビジネスが普及の一途をたどっており、中でもAirbnbを通じて民泊運用を行うケースが多々。一方で、お隣の国、中国ではどのような民泊サービスが人気を集めているのでしょうか?今回は中国で人気となっている民泊系サービスをご紹介します。民泊についてより詳しい資料のダウンロードはこちら「民泊運用代行」の資料をDLして詳しく見てみる[中国の人気民泊サービス①]途家(トゥージャー):中国でシェアNo.1!中国国内外に450,000件の民泊物件をリスティング途家(トゥージア)...

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!