爆買い何故減速した?これからターゲットとすべきは欧州圏訪日客? 世界のアウトバウンド・日本のインバウンドデータを比較してわかった意外な外国人観光客の消費動向

爆買い何故減速した?これからターゲットとすべきは欧州圏訪日客? 世界のアウトバウンド・日本のインバウンドデータを比較してわかった意外な外国人観光客の消費動向

2020年の4,000万人のインバウンド誘致を目指し、インバウンド観光市場が盛り上がっています。「外国人旅行客を日本に呼び込む」という視点から、日本国内の企業・自治体はさまざまなインバウンド誘致策に取り組んでいますが、そもそも世界規模での海外旅行市場は、どのようになっているのでしょうか?

UNWTO(国連世界観光機関)では、毎年、World Tourism Barometerというアウトバウンド・ツーリズム(各国からの海外旅行市場)に関するレポートを発行しています。前回は、2016年の世界での海外旅行市場に関して着目すべき数値や特徴を、ピックアップしてご紹介しまたが、今回は、それらを 日本のインバウンド観光市場の消費動向と比較・分析 していきます。

中国人が海外旅行で使ったお金は総額26兆円!13億5,000万人が海外に旅行した2016年の世界の観光市場 知っておくべき数値をまとめました

2020年の4,000万人の訪日外国人誘致を目指し、インバウンド観光市場が盛り上がっています。「外国人旅行客を日本に呼び込む」という視点から、日本国内の企業・自治体はさまざまなインバウンド誘致策に取り組んでいますが、そもそも世界規模での海外旅行市場は、どのようになっているのでしょうか?UNWTO(国連世界観光機関)では、毎年、WorldTourismBarometerというアウトバウンド・ツーリズム(世界の海外旅行)に関するレポートを発行しています。今回は、2016年の世界での海外...

2014年~2016年までの外国人観光客の旅行支出はどう推移しているのか:世界全体と訪日旅行時で比較

海外旅行時の旅行支出額 上位10か国の年代別支出額:UNWTO(国連世界観光機関)「World Tourism Barometer」より数値を引用してグラフ化

海外旅行時の旅行支出額 上位10か国の年代別支出額:UNWTO(国連世界観光機関)「World Tourism Barometer」より数値を引用してグラフ化

上記のグラフは、UNWTO(国連世界観光機関)のWorld Tourism Barometerに記載されている数値から、 海外旅行時の旅行支出額トップ10の国の旅行支出額を2014年から2016年まで年代別で表したもの です。

前編でもご紹介したように、2016年の海外旅行客による支出は、2015年と比較した場合、全体で4%増加。 上記のグラフでご紹介しているように、支出額がもっとも大きかった5か国は、中国、アメリカ、ドイツ、イギリス、フランスとなっており、中国人は26兆円、アメリカ人は12兆円 を海外旅行に使いました。

海外旅行時の旅行支出額 上位10か国の年代別支出額(訪日旅行時):観光庁「訪日外国人の消費動向 平成26年~平成28年」より数値を引用してグラフ化

海外旅行時の旅行支出額 上位10か国の年代別支出額(訪日旅行時):観光庁「訪日外国人の消費動向 平成26年~平成28年」より数値を引用してグラフ化

加えて、上記のグラフは、観光庁訪日外国人の消費動向調査の数値から、 2014年から2016年まで海外旅行時の旅行支出額トップ10の国が訪日旅行時に使った金額を表したもの です。

1つ前のグラフと比べると、アジア圏の国を中心に旅行支出額が偏っている ことが把握できます。この2つのグラフをもう少し細かい視点から比較すると、日本のインバウンド観光市場に関してどのようなことが言えるのでしょうか?

「世界のアウトバンド市場」と「日本のインバウンド消費動向」を比較してどんなことが言えるのか?

その①:やはり「爆買い」は減速している:2015年~2016年の中国人・香港人観光客の旅行支出の伸びは、他国と全く同じ結果に

前編でもご紹介した通り、世界全体で見たときの中国人観光客 は、2012年ごろからアメリカを抜いて海外旅行時にもっともお金を使っている観光客です。中国人観光客の海外旅行支出は、2014年から2015年では+2.5兆円(10%増)、2015年から2016年では、+1兆円(4%増) となっています。

一方で、訪日中国人観光客 の旅行支出は、2014年から2015年では+8,591億円(150%増)と前年比の2.5倍の記録的な増加 が見られます。訪日中国人観光客の大量購買行動である 「爆買い」の影響が反映 されている結果です。

しかし、翌年の2015年から2016年では、+580億円(4%増)と、中国人観光客が他国を旅行した場合の旅行支出の伸び率と同じである ということから、日本での爆買い減速の要因は 日本のインバウンド市場だけにあるわけではなく、そもそも中国人旅行者の海外での消費が減速傾向にある こと、そして 2015年の爆買い現象は一過性の異常値だった という見方ができます。

また、同じ 中華圏である香港においても同じ道をたどっている といえます。香港人が海外旅行時に使ったお金は、2014年から2016年にかけて、4%ほど伸び続けています。一方、訪日旅行時の支出は、2014年から2015年にかけては大きく増加していますが、翌年の2015年から2016年にかけては伸び悩んでいます。

とは言え、現在のインバウンド市場においては両国とも主要顧客であることは代わりありません。伸びにブレーキがかかったものの、いまだ消費額のボリュームは大きいので、引き続き注視すべき最重要市場であると言えます。

中華圏インバウンド対策についてより詳しい資料のダウンロードはこちら

高級志向・コト消費・安全の3つがキーワードに:2017年の中国の海外旅行トレンドまとめ

2017年3月の中国インバウンド市場では、約50.9万人で、3月として過去最高を記録しました。2017年3月までの中国籍インバウンド外客数推移中国から欧州や北米、豪州等へ向かう一部航空券の価格が大きく下がったことで、インバウンド需要が他国への海外旅行需要に流れてしまったことから、伸び率は前年同月比2.2%増にとどまりましたが、依然として日本のインバウンド市場における最大のターゲットとなっている訪日中国人観光客。中国人観光客の間で、2017年の海外旅行のトレンドはどのように...

「コト消費」「モノ消費」とは?最近話題になっている訪日外国人の消費活動の変遷について解説

最近メディアの訪日外国人観光客に関するニュースで、「爆買い」から「コト消費」にキーワードのトレンドが移ってきています。訪日ラボでも何度か触れてきましたが、改めて「爆買い」「モノ消費」「コト消費」について解説していきます。コト消費で重要なのは「顧客満足度を上げる」こと!顧客満足度向上に有効なインバウンド対策についてより詳しい資料のダウンロードはこちら「翻訳・多言語化」の資料をDLして詳しく見てみるバーコードやQRコードを活用した多言語ソリューション「多言語化表示サービス」の資料をDLして詳し...

その②:韓国人観光客は訪日観光時に、よりお金をたくさん使う傾向にある

韓国人が海外旅行に使ったお金は、2014年から2016年にかけて、8%ほど増え続けています。

しかし、それが訪日旅行となると、2014年から2015年にかけて+918億円(43%増)、翌年の2015年から2016年にかけて、+569億円(18%増)となっており、全体の旅行支出額で比較すれば、韓国人は、他国の観光時よりも訪日観光時の方が消費している という見方ができます。

その③:海外旅行支出額が安定しないフランス・ドイツ・カナダも訪日旅行時のインバウンド消費は順調に増えている!

フランス・ドイツ・カナダからの観光客は、海外旅行時 の旅行支出は多いものの、2014年~2016年に関しては旅行支出額が増減を繰り返しており、安定していません。 しかし、2014年~2016年の 訪日旅行時の旅行支出額は、はフランス・ドイツ・カナダからの観光客それぞれ増え続けています。

一般的に、イギリスやフランス、ドイツ、イタリアなどヨーロッパ圏の国々では、英語がどの国でも通じること、移動が楽であること、文化的に共通する点が多いことなどから、長期休暇中の旅行先として他のヨーロッパの国を訪れる傾向があります。

しかし、近年では2015年11月13日のパリ同時多発テロ事件、2016年3月22日のブリュッセルでの爆発事件、そして記憶にも新しい2017年5月の英マンチェスターのコンサート会場でのテロ事件など、治安面からヨーロッパ圏内の旅行を敬遠するムードもあり、治安の良さから日本に訪れる観光客が増加している点がこの数値にも反映されている のかもしれません。ヨーロッパ圏出身の訪日外国人観光客のインバウンド消費動向には、引き続き関心を払っておくべきでしょう。

宿泊に1番金を使うのがスペイン人で、飲食費が最も高いのはオーストラリア人…インバウンド消費項目・国籍別でみる訪日旅行の楽しみかた

日本を訪れる訪日外国人観光客によるインバウンド消費は、いくらぐらいのお金を何に使っているのかご存知でしょうか?出身国(国籍別)に見ていくと色々と面白い傾向があることがわかります。観光庁が発表している「訪日外国人消費動向調査」最新版の平成28年10-12月期報告書をもとに、国籍別・消費項目別に、そのインバウンド消費の詳細を見ていきましょう。インバウンドで1人あたり最もお金を使っているのは実はスペイン人?国籍別インバウンド消費一覧(1人あたり/全消費額)観光庁:訪日外国...

まとめ:訪日旅行時と他国旅行時のお金の使い道はだいぶ違う

今回は、UNWTO(国連世界観光機関)の「World Tourism Barometer」と観光庁の「訪日外国人の消費動向調査」を比較することで、訪日外国人観光客の消費動向について少し違った角度から分析してきました。

世界全体で13億5,000万人が海外旅行をした2016年。旅行支出は全体で前年度+4%を記録しましたが、外国人観光客のお金の使い道は、訪日旅行時と他国旅行時で異なるようです。

2020年までに1億人のインバウンド誘致を目指すフランス:観光超大国が掲げるインバウンド観光におけるこれからとは①

訪日外国人観光客が史上最多となる2,400万人を突破した2016年。2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けて日本のインバウンド観光市場は盛り上がりを見せています。日本は海外から人気の観光地としてブランドを確立しつつありますが、世界で最も外国からの観光客が多いフランスのインバウンド観光事情は、どうなっているのでしょうか?そして、世界最大の観光立国であるフランスは、これからさらなる外国人観光客を呼び込むために何をしていくのでしょうか?フランス外務省のプレスリリース...

世界一のインバウンド誘致に成功しているフランスの取り組みが面白い!:観光超大国が掲げるインバウンド観光におけるこれからとは②

訪日外国人観光客が史上最多となる2,400万人を突破した2016年。2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催時に4,000万人を誘致するために、国内では官民一体となったインバウンド対策が進められています。一方で、世界最大の観光立国であるフランスは、これからさらなる外国人観光客を呼び込むために何をしていくのでしょうか?前編の記事では、フランスのインバウンド観光市場と日本のインバウンド観光市場を比較・分析してお伝えしましたが、今回はフランス政府が2020年までにさらなるインバ...

まずはインバウンドコンサルの資料をDLして相談してみる

<参照>

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!