【あなたの都道府県は何位?】”ムスリムフレンドリーランキング”が面白い!2020年には140万人規模の巨大市場「ムスリムインバウンド」を地方誘致するにはどうすれば?

公開日:2017年12月27日

注目を集めるムスリムインバウンド市場ですが、現段階で各都道府県ではどの程度ムスリム訪日外国人観光客を受け入れる体制が整備されているのでしょうか。 CRESCENT RATING・mastercard・HMJの三社が作成したMastercard-CrescenRating Global Muslim Travel Index 2017 (GMTI 2017)をもとに紐解いていきます。

インバウンド対策にお困りですか?
「訪日ラボ」のインバウンドに精通したコンサルタントが、インバウンドの集客や受け入れ整備のご相談に対応します!
訪日ラボに相談してみる

ムスリムの訪日旅行市場に関するレポートGMTI 2017では都道府県別ムスリムフレンドリーランキングを紹介

Mastercard-CrescenRating Global Muslim Travel Index 2017では、都道府県別ムスリムフレンドリーランキング を紹介しています。これは各都道府県がどのくらいムスリム旅行客の受け入れ環境を整備しているかをあらわしたものです。このランキングは、①アクセス環境(訪日者数とWi-Fi整備環境)②サービス(礼拝施設・ハラールフード・空港・宿泊施設)③コミュニケーションの3つの観点から各都道府県のムスリム受け入れの取り組みをポイント化して作成してあります。

[都道府県別ムスリム訪日客受け入れ環境ベスト5]軒並み大都市がランクイン トップは東京に

順位 都道府県名
1位 東京都
2位 大阪府
3位 北海道
4位 千葉県
5位 愛知県

47都道府県でもっともムスリム訪日客の受け入れ環境が整備されているのは 東京都 という結果になりました。2位には大阪府、5位には愛知県がランクインしており 大都市と呼ばれる地域がランキングの上位を占めている ことがわかります。上位にランクインした都道府県ではさまざまなムスリム向けインバウンド対策を実施しています。例えば大阪観光局では宗教上の制約に従った「ハラル」やそれに準じる料理を提供する店やホテルを紹介するA4判の冊子 「ハラル&ムスリムフレンドリーマップ」を英語で作成 しています。

また訪日外国人観光客の玄関口である成田空港が位置する千葉県では 「CHIBA MUSLIM TOURISM GUIDE」を制作。 各観光スポットの礼拝スペース、ハラール認証を受けたレストランの有無などが詳しく紹介してあります。こうした取り組みが評価されたものであると予測することもできるでしょう。

[都道府県別ムスリム訪日客受け入れ環境ワースト5]地方ではムスリムフレンドリー度は低い結果に

順位 都道府県名
43位 秋田県
44位 青森県
45位 山口県
46位 山形県
47位 高知県

対して、現段階でムスリム訪日客の受け入れ体制が整っていないと評価されたのは軒並み 地方部のエリア でした。これらのエリアを訪れる訪日外国人観光客数自体が少ないこともありますが、今後訪日外国人観光客の地方訪問がさらに加速していくと予測されるため、これから何らかの対策は行っていくべきかもしれません。

地方のムスリムインバウンド向け対策実施例として、富山県朝日町 新潟県糸魚川市・上越市 長野県小谷村・白馬村・大町市では北アルプス日本海広域観光連携協議会が中心となって①ムスリムセミナーの実施②ハラール料理教室③礼拝環境整備③各種団体ホームページの統一(ムスリム専用ページの作成)などを実施しています。こうした他の取り組みも参考になるでしょう。

増加するムスリムインバウンド 各自治体の先進事例に学ぶ、ムスリム旅行者の受け入れ対策とは

近年、ビザ要件の緩和やLCCの就航等により東南アジアからの旅行者が急増しており、マレーシアやインドネシアからのムスリム旅行者が今後一層増加することが見込まれています。観光庁は施策としてムスリム旅行者を迎え入れる環境の整備に取り組んでおり2015年8月にはムスリム旅行者が訪日した際に、宗教的・文化的な習慣に不便を感じることがなく、安心して快適に滞在できる環境の向上を図るため、ムスリム旅行者の食事や礼拝に対する習慣やニーズをもとに、「ムスリムおもてなしガイドブック」を作成。また、2015年11...

まとめ:ムスリムの受け入れ環境 都市部でしか進んでいない結果に

訪日ラボの記事でもご紹介したように 最近のインバウンド市場でムスリム訪日外国人観光客が注目のターゲットとなっています。 東南アジアでのビザ緩和に加え、LCC(格安航空会社)の普及、円安、ムスリムをターゲットにしたビジネスの拡大を理由に2014年には15万人であったムスリム訪日客数は、2016年には4倍以上となる70万人にまで増加。2020年には140万人のムスリムが日本に旅行に来るとの予測も存在しています。

しかし、CRESCENT RATING・mastercard・HMJの三社が作成したMastercard-CrescenRating Global Muslim Travel Index 2017 (GMTI 2017)の都道府県別ムスリムフレンドリーランキングでは、上位には大都市が、下位には地方の都市がランクイン。 ムスリムにとって地方部を旅行することは未だにハードルの高いことであるという事実が把握できそうです。訪日外国人観光客の地方訪問が増加している今、地方でムスリムの受け入れ環境を整備すれば「地方創生」にも一役買うことになりそうです。

インバウンド対策にお困りですか?
「訪日ラボ」のインバウンドに精通したコンサルタントが、インバウンドの集客や受け入れ整備のご相談に対応します!
訪日ラボに相談してみる

ムスリム訪日客がわずか2年で4倍以上に増加した

以前の訪日ラボの記事でもご紹介したようにムスリムの海外旅行市場は、2026年には 3,000億米ドル(日本円で33兆6,000億円)にまで成長するとされており、世界中で注目されている市場 です。日本のインバウンド市場に関しても近年、ムスリム誘致へさまざまな取り組みが行われていますが、そもそも 日本のムスリム旅行者市場はどの程度のものなのでしょうか。 CRESCENT RATING・mastercard・HMJの三社が作成したMastercard-CrescenRating Global M...

<参照>

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!