訪日客の5人に1人が鉄道の乗換にうんざり?インバウンド向け乗換アプリの利用促進はこれから必須に:担当者なら知っておきたい代表的な乗換アプリまとめ

訪日客の5人に1人が鉄道の乗換にうんざり?インバウンド向け乗換アプリの利用促進はこれから必須に:担当者なら知っておきたい代表的な乗換アプリまとめ

以前の訪日ラボでも取り上げたように、「訪日外国人が困っていること」として筆頭に挙げられていたのが「無料Wi-Fiの少なさ」でしたが、近年では国際ローミングやSIMカードを利用してインターネットネットに接続する訪日外国人観光客数が増加していることや、観光施設や飲食店・宿泊施設にて無料Wi-Fiの増設が進んでいることを背景に、この問題は解決に向かっているという見方ができるでしょう。では、近年の訪日外国人観光客は日本滞在中に他にどのようなことに困っているのでしょうか。

Favicon訪日ラボ

 

「訪日客が旅行中に困ったこと」ここ3年でどう変わった?観光庁のアンケート調査をまとめてわかった意外な事実

クールジャパン戦略の甲斐もあってか、訪日外国人観光客数はここ数年順調に伸びており、昨年には史上最多となる2,400万人の外国人観光客が日本を訪れました。東京オリンピック・パラリンピックが行われる2020年までに年間4,000万人の訪日外国人観光客を誘致することを目標に、政府や自治体、企業などはインバウンド対策を着々と進めてきました。こうした背景から、少なくとも年々、訪日外国人観光客にとって訪日旅行は快適なものになっているのではないかと予想はできますが、実際、訪日外国人観光客は現在の日本...

インバウンド受け入れ環境整備の資料を無料でダウンロードする

訪日外国人にとって大都市圏の電車乗換は至難の業に?訪日客の20%が困惑したと回答

近年の訪日外国人観光客にとって日本の鉄道は利用しづらいものに なっているようです。三菱UFJリサーチ&コンサルティングの資料によると、「速さ」「正確さ」「安全性」に対して日本の鉄道は訪日外国人観光客から高い評価を得ています。一方、「快適さ」「わかりやすさ」に関しては満足度が低下 しています。日本の鉄道は快適ではあるが、訪日外国人観光客にとってわかりにくいものになっていることが把握できます。また、観光庁の資料によると 約20%の訪日外国人観光客が公共交通機関の乗り方に関して「困惑した」と回答 しています。

Favicon訪日ラボ

 

日本の交通インフラは快適だがわかりにくい?西日本鉄道 インバウンド向け鉄道パス発売開始:訪日客の利便性向上へ

訪日外国人観光客の増加を背景に、国内の交通業界では訪日外国人観光客受け入れ環境の整備を進めています。以前の記事でもご紹介したように、鉄道業界でも外国語対応や、訪日外国人観光客向け観光案内所の拡充、地域の特色を活かしたインバウンド向けサービスの提供など、さまざまな取り組みを開始しています。西日本鉄道株式会社(以下、西日本鉄道)でも、訪日外国人観光客向けの商品の販売を行います。<関連記事>[blogcardurl=https://honichi.com/12266][blogcard...

観光口コミサイトや動画サイトでも日本の鉄道に対して「乗り方が難しい」との声が多くみられる

また、以前の記事でもご紹介したように、TripAdvisorのQ&Aや動画サイトから訪日外国人観光客の旅行時の不満点を洗い出してみると、「地下鉄に女性専用車があって間違えて乗車してしまった」「地下鉄の路線図が複雑過ぎる」「券売機のシステムがわかりづらい」「鉄道会社がいくつもあって乗換がとにかく恐怖」 など 鉄道の利用時における不満点が多い傾向に あります。こうした背景から日本国内では訪日外国人観光客の電車の乗換をサポートするサービスが多く開発されています。

Favicon訪日ラボ

 

もう日本はコリゴリ!?2017年に訪日客が最も日本に「がっかり」したことと、その対応策とは?2018年に向けてインバウンド業界が踏まえておくべき課題と解決策を徹底解説!

2020年の訪日外国人観光客4,000万人誘致を目指し、これまで官民一体となったインバウンド対策が進められてきました。以前の訪日ラボの記事でもご紹介したように、2016年に訪日した外国人観光客のうち約30%が「訪日旅行中に困ったことはなかった」と感じており、インバウンド受け入れ環境は年々改善してきていることが把握できます。2017年が終わろうとしているいま、直近の訪日外国人観光客は、日本のインバウンド対策のどのような点に改善を求めているのでしょうか。また、訪日旅行のどこにがっかりし...

こうした背景から続々とリリースされるインバウンド向け交通案内アプリ

NAVITIME for Japan Travel 利用イメージ:App Storeより
NAVITIME for Japan Travel 利用イメージ:App Storeより

「NAVITIME for Japan Travel」は株式会社ナビタイムジャパンからリリースされたインバウンド向けルート検索アプリ。徒歩、電車、バスなど複数の移動手段を組み合わせた出発地から目的地までのルートを乗り換え情報を含め多言語で表示 してくれます。「NAVITIME for Japan Travel」は 無料Wi-Fi検索機能も兼ね備えており、 ネットに接続されていない状態でも周辺の無料Wi-Fiスポット情報を検索できます。また、リアルタイムで電車やバスなどの運行情報を配信 してくれるので、素早く電車の遅延情報なども確認することができます。

②Japan Transit Planner:訪日客の電車乗換をサポート:12か国語に対応

Japan Transit Planner 利用イメージ:App Storeより
Japan Transit Planner 利用イメージ:App Storeより

Japan Transit Plannerは、ジョルダン株式会社がリリースしたインバウンド向け乗換案内アプリ。日本国内の乗換案内・時刻表・路線図等が無料で検索することができます。 Japan Transit Plannerの大きな特徴は 多言語に対応 している点。2017年1月時点で英語・中国語(簡体字・繁体字)・韓国語・タイ語・ベトナム語・インドネシア語、フランス語・ロシア語・ドイツ語・スペイン語・ポルトガル語の 12か国語での検索に対応 しています。

まとめ:乗換時の不安を解消するために様々なアプリがリリースされている:観光施設等でも訪日客に利用を勧めると良いかも

訪日外国人観光客にとって日本の鉄道の乗換は至難の業になっている模様です。こうした背景から、国内では「Japan Transit Planner」や「NAVITIME for Japan Travel」のような高い利便性を兼ね備えたアプリが開発されています。インバウンド向け宿泊施設や観光案内所などで今回ご紹介したようなインバウンド向け乗換案内アプリの利用を促進することで、訪日外国人観光客にとってより快適な鉄道を使った移動が可能に なるでしょう。

インバウンド受け入れ環境整備の資料を無料でダウンロードする

「翻訳・多言語化」の資料を無料でダウンロードする

「多言語サイト制作」の資料を無料でダウンロードする

「多言語化表示サービス」の資料を無料でダウンロードする

「テレビ電話型通訳サービス」の資料を無料でダウンロードする

「訪日外国人向け道案内」の資料を無料でダウンロードする

<参照>

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!