【タイ】2泊3日・弾丸東京旅行パックが「3万円」で販売の衝撃…もはや日本は身近な旅行先に/さらなるインバウンドの盛り上がりに期待

【タイ】2泊3日・弾丸東京旅行パックが「3万円」で販売の衝撃…もはや日本は身近な旅行先に/さらなるインバウンドの盛り上がりに期待

タイでは2013年に日本行きのビザが緩和されて以来、空前の訪日旅行ブームが起こっています。その勢いは衰えを知らず、訪日タイ人旅行者の数も年々右肩上りとなっているのはご承知の通りだと思います。

JNTOが発表した2018年8月の訪日タイ人旅行者数は47,500人。前年同月比31.3%増となっており、8月としては過去最高の訪日旅行者数を更新しました。その要因としては、LCCを中心とした飛行機の新規就航や増便により航空座席供給量が昨年と比べて増加したことや、TITFバンコク日本博(旧ジャパンエキスパインタイランド)などでの継続的なプロモーションが功を奏していると言えるでしょう。

【タイ旅行博】SNSや自撮りなどタイ人の特性活かしたPR手法目立つ&タイにない「雪・温泉」を猛プッシュ/第23回タイ国際旅行博覧会(TITF)【現地レポート】

今回で23回目の開催となるタイ国際旅行博覧会(TITF)が、2018年8月9日~8月12日にタイの首都バンコクで開催されました。4日間で50万人が訪れると言われているこのイベントでは、一般消費者向けに大手航空会社、旅行会社、観光地から約1,000のブースが並び、次の旅行先をお得に比較したい来場者で賑わいました。世界中の旅行ブースが並んでいますが、例年最も人気なのは日本ブースとのこと。バンコクの市内中心部で開催され、MRT(地下鉄)クイーン・シリキット・ナショナル・コンベンション・...

今年のタイインバウンド向けプロモーション 8月の新しくなった「バンコク日本博」が注目!! 出展説明会は5/17@大坂 5/18@東京

こんにちは。ギアエイトの山田です。タイ人が最も日本を訪れると言われるタイミング、ソンクラーン休暇が終わり次のタイ人集客やプロモーションを検討するタイミングになりました。2018年下半期のタイの休日をおさらいし、7月以降に予定されているタイ現地での日本関連イベントをチェックしたいと思います。[blogcardurl=https://honichi.com/news/2018/04/09/justbeforesongkran/]3連休で日本!LCCでサクッと日本に来るタイ人観...

訪日タイ人向けオススメインバウンド対策を資料で詳しくみてみる

以前までバンコクが中心だった訪日旅行プロモーション 今は地方都市でも広がっている

プロモーションに関してはバンコクなどの都市部だけではなく、地方都市でも広がりを見せており、ザ・モール・ショッピングセンターでは8月24~9月2日にはバンコクで、14日~23日にはタイ東北部コラート店において「THE MALL SHOPPING CENTER JAPAN DIDCOVERY 2018」を開催しました。

タイで人気のアーティストが出演し、日本をPRするコンサートが開かれたり、日本映画を紹介するイベントや、日本食ビュッフェレストランに行列ができたりするなど、大変な盛り上がりを見せました。

▲「THE MALL SHOPPING CENTER JAPAN DIDCOVERY 2018」のポスター/themall.co.thより引用

▲「THE MALL SHOPPING CENTER JAPAN DIDCOVERY 2018」のポスター/themall.co.thより引用

▲同じく、「THE MALL SHOPPING CENTER JAPAN DIDCOVERY 2018」内の日本の映画放映告知/The Mall Korat公式Facebookページより引用

▲同じく、「THE MALL SHOPPING CENTER JAPAN DIDCOVERY 2018」内の日本の映画放映告知/The Mall Korat公式Facebookページより引用

このように、タイ国内おいても日本食や日本文化に触れる機会が増え、日本旅行への関心が益々高まっているのは言うまでもなく、旅行会社もこぞって日本行きの旅行商品の開発に力を入れています。

今や日本旅行ツアーが「3万円」で発売される時代に突入!

各旅行会社から発売されているパッケージツアーを見ると、安いものでは弾丸東京旅行2泊3日のパッケージツアーで8,900バーツ(約29,370円(1バーツ3.3円換算))の商品が売られています。

ツアー内容としては、東京都内の観光やショッピングを楽しみ、宿泊先は新宿の3星ホテル、朝食及び空港までの送迎付きのパッケージとなっています。兎にも角にも日本に旅行したい!&定番ルートを楽しみたい!という人向けのパッケージツアーかもしれません。

やはり人気の高いパッケージツアーは東京・富士山観光ルートでしょう。3泊5日のコースで、安いパッケージツアーだと11,000バーツ(約36,300円)程度から発売されており、富士山近郊で1泊、その後浅草観光やショッピング、またお台場の巨大ガンダム前で写真撮影をするのがタイ人の定番コースになっているようです。

▲タイ現地OTAで発売される3泊5日の東京方面ツアー/kaitatak.comより引用

▲タイ現地OTAで発売される3泊5日の東京方面ツアー/kaitatak.comより引用

関西方面のツアーで人気の高いパッケージツアーは大阪・高山コースを巡る3泊5日のコースが人気です。安いパッケージツアーだと18,000バーツ(約59,400円)程度から発売されています。

▲タイ現地OTAで発売される3泊5日の大阪・高山方面ツアー/thaifly.comより引用

▲タイ現地OTAで発売される3泊5日の大阪・高山方面ツアー/thaifly.comより引用

関西方面の旅行では神戸牛の鉄板焼きディナーをオプショナルツーアで申し込む旅行者が多く、他の出費は削り、ここぞとばかりに高い神戸牛を食べるのもタイ人にとってステータスとなっています。また、2018年10月30日には、エアアジアXが名古屋/中部線を就航する予定になっており、タイ人にも人気の高い飛騨高山への旅行も、さらに盛り上がりを見せるのではないかと予想されます。

リピーター訪日タイ人に人気の高い北海道ツアー/夜景・紅葉・お菓子・日本食がポイント

これからの時期、やはり一番人気のツアーは北海道ツアーです。北海道を旅行に来るタイ人はリピーターが多く、若干設定料金も高くなっていますが、それでもドンムアン空港(LCC専用空港)―千歳空港便はいつも満席状態です。

北海道ツアーでは札幌・小樽を巡るコースが人気が高く、安いパッケージツアーでは20,000バーツ(約72,600円)のものから発売されています。北海道旅行では夜景や紅葉の見学はもちろんのこと、白い恋人で有名な石屋製菓さんでの工場見学や、カニやサーモンの食べ放題が人気を集めており、日本食への関心の高さがうかがえます。

また「カウントダウンを札幌大通公園で過ごそう!」と銘打ったパッケージツアーや、札幌雪祭りに日程を合わせたパッケージツアーも人気が出てきており、こちらは70,000~80,000バーツ(約231,000~264,000円)の価格帯の商品が売られているようです。

▲比較的高額になる4泊6日の北海道ツアー/thaitourclub.comより引用

▲比較的高額になる4泊6日の北海道ツアー/thaitourclub.comより引用

まとめ:より訪日旅行が身近になってきたタイ・今後注目の市場を成長させるには?

タイ人の平均年収は、日本円で140万円、月収で約11万円ほどですが、そういった一般家庭でも日本への旅行が身近なものとなってきているのは間違いありません。

最近では、インバウンド需要直撃を心配された台風21号と北海道胆振東部地震の影響ですが、タイ市場に関しては今のところ目立ったキャンセルなどは無く、大きな影響はないと考えられます。

日本の情報を発信しているサイトでは、これからの時期、桜前線ならぬ「紅葉前線」なるものを紹介し、儚く短い秋の絶景を見逃すまいと、タイ人の間でも情報収集に余念がありません

「TITF」などの旅行博では、格安パッケージツアーから、富裕層向けの高額なパッケージツアーまで、幅広いジャンルの商品が飛ぶように売れている現在、訪日タイ人旅行者の更なるリピーター化に向けて、ここでしか味わう事のできない、価値のある訪日体験を提供するように受入側も努力していかなければならないのです。

まずは知ってもらう!旅マエに有効なインバウンド集客を資料で詳しくみてみる

「インバウンド動画プロモーション」を資料で詳しくみてみる

「SNSを活用したプロモーション」を資料で詳しくみてみる

「インフルエンサーマーケティング」を資料で詳しくみてみる

「広告プロモーション」を資料で詳しくみてみる

<参考>

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!