2種類の決済に対応/ノジマ、インバウンド向けの外貨建てカード決済サービス「DCC決済サービス」を導入

2種類の決済に対応/ノジマ、インバウンド向けの外貨建てカード決済サービス「DCC決済サービス」を導入

2種類の決済サービスをスタート

株式会社ノジマ(以下、ノジマ)は、三菱UFJニコス株式会社と共同でIngenico Japan株式会社のクレジット決済端末「Lane5000」を2月より先行導入するとともに、インバウンド向けの外貨建てカード決済サービス「DCC(ダイナミック・カレンシー・コンバージョン)決済サービス」も併せて導入スタートすることを発表しました。

「Lane5000」と「DCC決済サービス」を同時導入

「Lane5000」と「DCC決済サービス」を同時導入

インバウンドは為替変動の心配が不要に

「Lane5000」を使用すると、顧客は、伝票へのサインが不要となり、暗証番号入力もしくは、電子サインでのクレジット決済が可能になります。

一方、ノジマ側では、店舗スタッフが顧客のクレジットカードを受け取って決済をすることなく、顧客自身が端末操作を行い、決済完了となるため、顧客側も安心して、クレジットカードでの支払いを済ませることが可能です。

また、「DCC決済サービス」は、日本国内において海外発行カード(VisaとMastercard(R))による19通貨に対応した外貨建て決済を可能とする仕組み。インバウンドは、店頭で「自国通貨建て」による支払いを選択することで、為替変動を心配することなく、支払金額を確定することができます。

ノジマの取扱店舗は、昨年12月末時点で、計172店舗にのぼります。今後、QR対応も視野に入れ、顧客満足度向上に努める考えです。

(画像はプレスリリースより)

インバウンド受け入れ環境整備を資料で詳しくみてみる

「翻訳・多言語化」を資料で詳しくみてみる

「多言語サイト制作」を資料で詳しくみてみる

「多言語化表示サービス」を資料で詳しくみてみる

「テレビ電話型通訳サービス」を資料で詳しくみてみる

「訪日外国人向け道案内」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

株式会社ノジマ プレスリリース
https://www.nojima.co.jp/news/category/info/12260/

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボニュース

訪日ラボニュース

訪日ラボ編集部がセレクトした、企業のインバウンド対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。