QRコードがあれば「スマホでお賽銭」もOK!世界のスタンダードに追いつく日光、キャッシュレス化とインバウンド富裕層誘客にまい進

QRコードがあれば「スマホでお賽銭」もOK!世界のスタンダードに追いつく日光、キャッシュレス化とインバウンド富裕層誘客にまい進

10万人の外国人旅行者が宿泊する栃木県日光市は、2020年7月に外資系ホテル「ザ・リッツカールトン日光」が開業するなど、ますます多くのインバウンド客が訪れることが予想されます。

日光市ではインバウンド需要の高まりに伴い、キャッシュレス化を推進し受け入れ整備を強化しています。

今回は日光市のインバウンド誘客に対する課題をふまえ、日光市の新たなインバウンド対策と、全国で進むキャッシュレス化の動きについて見ていきましょう。


日光市のインバウンド誘客の課題とは?

年間約10万人の訪日外国人観光客が宿泊する日光市では、2020年の東京オリンピック・パラリンピックを控えた今、今後さらなる訪日外国人観光客誘致に向けてプロモーション事業と受け入れ態勢の整備に取り組んでいます。

プロモーション事業としては、海外の旅行博への出展やインフルエンサーの招聘、海外の旅行会社への情報発信などを積極的に実施中です。

受け入れ態勢整備においては、レストランなどのメニューや観光案内の看板の多言語化、11言語の観光パンフレットの作成、多言語観光アプリの運用などに取り組んでいます。さらに成田空港から日光まで行ける高速バスの路線を設けるなど、二次交通対策にも余念がありません。

一方で東京からのアクセスの良さから、日帰り観光で訪れるインバウンド客の割合が多く、日光市の2018年の外国人宿泊者数は前年比8.6%減の9万2968人となりました。

宿泊者数の減少から消費単価の伸び悩みも課題の1つです。訪日客にとって日光の観光のハイライトは「日光東照宮」といった傾向があり、他の観光エリアには足を運ばずに東京へ日帰りで帰るといったケースが多くなっています。

海外の旅行会社でも、日光への観光は宿泊とセットではなく日帰りオプションとしての販売がほとんどとのことです。

▲日光東照宮
▲日光東照宮

そこで日光市は、定番観光地の「日光東照宮」を起点として、他の観光スポットへの周遊ルートの情報発信に努め、インバウンドの宿泊者数増加を目指しています。

中でも消費単価が高く旅行日数に余裕がある欧米豪は、日光市への訪問数が上昇していることを受け、主要ターゲットとして重点的にプロモーションを実施中です。2020年7月には高級ホテルの「ザ・リッツカールトン日光」が開業することもあり、欧米豪の富裕層の誘致ならびに消費単価の上昇が期待されます。

お賽銭も電子化!キャッシュレスサービス開始

世界遺産・日光東照宮の隣に位置する日光二荒山神社では、QRコード決済でお賽銭を支払うことができると話題です。

通常の現金のお賽銭箱の隣に立つ赤い看板に、QRコードが表示されており、読み取って専用ページからお賽銭を収めることができます。現在はAlipayとWeChat、PayPayのみ利用可能ということで、訪日中国人観光客をターゲットにした取り組みと言えるでしょう。

日光市の観光スポットではQRコードのサービス拡充を行っており、二荒山神社の麓にある神橋をはじめ全9箇所にQRコードが表示された看板が設置されました。QRコードを読み取り観光地の説明を多言語で読む、または聞くことも可能です。観光案内の多言語対策においても、デジタル化が進んでいると言えます。

輪王寺では、電子マネーが利用できる拝観料の自動券売機を導入しました。英語、中国語、ドイツ語、フランス語など全9ヶ国語対応なだけでなく、SuicaなどのICカードやクレジットカードで決済できます。

日光東照宮でも交通系ICカードが使える自動券売機を設置するなど、日光の観光地では電子マネー化を進めることで、利便性向上ならびに混雑解消を目指します。

インバウンドのキャッシュレス事業、10市町村で開始

2019年2月より「インバウンド×キャッシュレス地域経済活性化最先端モデル事業」が、全国の10市町村で開始されました。

地域活性化への貢献を目指し、訪日外国人観光客誘致へ向けてキャッシュレス端末導入を進めます。同事業を実施する株式会社ラカラジャパンは、地域活性化推進首長連合に加盟する自治体の全ての事業者に対し、通常なら数万円の経費が必要となるモバイル決済端末またはQRコードを用いたキャッシュレス決済ツールを、無償で提供するとのことです。

今回同事業が実施されるのは、山形県山形市、福島県郡山市、新潟県三条市、同弥彦村、静岡県三島市、同伊豆市、愛知県蒲郡市、三重県菰野町、大阪府泉佐野市、福岡県大川市です。

中国最大のチャットアプリ「WeChat」での情報発信や誘客支援を行うほか、地域通貨「自治体Pay」も導入することで、インバウンド向け商品や観光資源の開発支援も実施します。

キャッシュレス化による利便性向上でインバウンドの地方誘客と消費拡大へ

日光市における外国人宿泊者数の低迷と消費単価の伸び悩みといった課題をふまえ、日光の観光地で実施しているQRコードによるキャッシュレス決済サービスについて紹介しました。観光地におけるキャッシュレス化は、2020年の東京五輪開催に伴う訪日外国人観光客の急増に備え混雑解消への手段の1つとして効果的でしょう。さらに訪日旅行の利便性向上にも繋がることから、地方誘客ならびに消費行動の拡大が期待されます。




<参考>

・JTB INBOUND SOLUTION:栃木県日光市あらゆる場面でデジタル化を推進

・日本経済新聞:宇都宮市と日光市、観光客数過去最高に 2018年

・訪日ラボ:インバウンド×キャッシュレス事業、10市町村で2月開始

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!