訪日観光客の不安を取り除く三種の神器は「Wi-Fi」「ピクトグラム」「翻訳ツール」

2020年オリンピックや2025年大阪万博に向け、インバウンド市場はますます拡大していきます。

しかし、私たち日本人が海外旅行に行くときに日本との文化や習慣などの違いに戸惑ったり不便を感じたりするのと同様、海外から来る人々も日本での旅行にストレスを感じることがあるようです。

そこでこの記事では、訪日観光客が直面する不安・不満とはどのようなことなのか、そしてその不安や不満をどのように解決したらよいのかについて、詳しく解説していきます。

訪日観光客が直面する不満とは?

訪日観光客のストレスを解消するには、まずストレスを引き起こしている原因を把握する必要があります。ここでは、訪日観光客が感じる不安や不満の代表的なものをご紹介します。

1. Wi-Fiがつながらない

近年では旅行先から、自国の家族や友人に連絡を取ったり、旅行先での写真や動画をその場でSNSなどにシェアしたりすることが当たり前になりました。訪日観光客が心を動かされたときに、すぐにネットワークにつながれる環境が非常に重要です。

しかし、日本ではまだカフェなどの施設内だけで使えるWi-Fiしかなく、その種類も様々です。利用の度にログインしなければいけない場合も多く、不便を感じる人が多いようです。

2. トイレ・お風呂の使い方がわからない

トイレやお風呂にはそれぞれの国の習慣がよく表れます。

日本では多様な便座機能が付いたトイレ温泉の入り方といった面で、初めて訪日した際などには戸惑うことが多くあると言います。

3. 英語が通じない、英語表記がない

東京などの大都市では、英語に加えて中国語や韓国語での表記も増えています。日本語のわからない海外の方でも、比較的旅行のしやすい環境が整ってきました。

しかし、一歩お店の中に入ったり、地方にいったりすると、まだ多言語対応が十分でないのが現状です。特に飲食店などでは、材料がなんなのか、どうやって食べるのかが分からないといった声も聞かれます。

外国人が日本滞在中に「困った」こと1位は25%超で「コミュニケーション」/「Wi

観光庁によると2018年の訪日外国人数は史上初めて3,000万人を突破し、訪日外国人観光客数の流入は年々加速しています。多くの人が「日本=おもてなし」と感じることから、ホスピタリティーあふれるきめ細やかなサービスは世界中から高く評価されています。しかし一方で、訪日外国人観光客が旅行中に不満に感じることも少なからずあります。そこで今回は、訪日外国人観光客が日本を訪れた際にどのようなことに困ったのか見ていきましょう。目次訪日外国人が最も困ったのは「コミュニケーション」コミュニケーションで困った...

国が力を入れるインバウンド関連事業

観光庁は訪日プロモーション事業として、2020年訪日外国人旅行客数4,000万人の目標達成に向けて、世界中で様々なプロモーションを実施しています。それに伴い、海外で日本の魅力を発信するだけでなく、訪日観光客の受入環境の充実化にも力を入れています。

観光庁が実施する補助金制度

受入環境の整備に関する事業では、「宿泊施設基本的ストレスフリー環境整備事業(昨年度:宿泊施設インバウンド対応支援事業)」、「交通サービスインバウンド対応支援事業」、「地方での消費拡大に向けたインバウンド対応支援事業」などを対象に補助金を交付しています。

宿泊施設基本的ストレスフリー環境整備事業 昨年度事業との違い

5月15日から公募が始まった「宿泊施設基本的ストレスフリー環境整備事業」は、前年度まで「宿泊施設インバウンド対応支援事業」として実施していたものから、要件を大幅に緩和し、補助金の上限も100万円から150万円に引き上げられました。公募はすでに締め切りとなっていますが、観光立国推進の一部として、今後もこうした補助金制度が展開されていくと考えられます。観光庁の情報には注目していくべきでしょう。

企業での対策は?

ここでは、企業や店舗でできるインバウンド対策について解説していきます。

Wi-Fiの設置は必須

施設内に利用客が自由に使えるWi-Fiの設置は必須です。ただし最近では、施設内だけしか使えないWi-Fiだと移動中に使えないなどの問題があり、訪日観光客が自ら旅行用のSIMを購入する場合が多いようです。

とはいえ、SIMには利用容量などに制限があることも多くあります。そもそもSIMを契約しない訪日観光客もいます。施設内で無料のWi-Fiを使えるというのは、外国人観光客にとっても日本人観光客にとっても良い環境といえます。

訪日外国人のために無料Wi - Fiが必要な4つの理由|インバウンド対策にオススメの店舗向けWi

訪日外国人にとって、自国で無料Wi-Fiを利用できることが当たり前となっています。日本は諸外国に比べ無料のWi-Fi環境の整備が遅れています。そのため観光庁が2017年2月に発表した「訪日外国人旅行者の国内における受入環境整備に関するアンケート」によると、訪日外国人観光客が感じる「訪日旅行で最も困ったこと」の第2位に「無料公衆無線LAN環境」がランクインしています。この記事では、インバウンド対策のために無料Wi-Fiの導入が必要不可欠な4つの理由と、店舗向けのオススメWi-Fiサービスをご...


ピクトグラム等の活用

ピクトグラムとは、文字がわからなくても、簡単な絵で状況を理解できるように表示したものです。トイレのマークや非常口マークがよく知られています。トイレの使い方やお風呂の入り方など、文字では表現しにくい説明もしやすくなります。

訪日観光客だけでなく小さな子どもでも理解できる優れたツールであると言えます。

最近のオンライン翻訳や翻訳ツールは優秀!

ほんの数年前は、オンラインの自動翻訳は不自然な文章で理解できないものを多い印象でしたが、最近では実用的なレベルにまで進化しています。実際にオンライン翻訳アプリを活用して外国人客に対応している事業者も多くあります。

また、ポケトークなどの音声翻訳機を利用するのも1つの手です。

下記の記事では、音声翻訳機について詳しく解説しています。

【2019年版】おすすめの音声翻訳機6選 !選ぶポイント・各製品の特徴を整理

海外旅行をする日本人だけでなく、日本に旅行に来る訪日外国人を近年よく見かけるようになりました。街中を歩いていて外国人に道を尋ねられ、慌ててしまったという経験をした方も多いでしょう。そんなときに音声翻訳機があればスムーズに対応できます。ポケトークやMayumill、ランジー、ili(イリー)など次々と多言語対応している音声翻訳機が登場しています。それぞれの性能に特徴があり、購入する際には人気だけではなく、精度の高さや、使用するシチュエーションが選ぶ際のポイントになってくるでしょう。オンライン...

翻訳精度を徹底比較!ポケトークW対Google翻訳

2018年の訪日外国人数は3,000万人を突破し、年々右肩上がりに増加しています。7月17日にJNTOより発表された2019年6月の訪日外客数は、前年同月比 6.5%増の288 万人となりました。特にフィリピン、ベトナム、インド、そしてロシアからは20%以上の伸率が記録され、今後も成長市場であることがうかがえます。JNTOが主導する訪日旅行プロモーションによる集客も確実に実を結びつつあり、以前は日本人だけを商売相手としていた店舗や観光地に訪日外国人が来ることも珍しくなくなってきています。こ...

翻訳機ポケトークWの使い方|基本操作と手順・各種設定方法・翻訳精度を解説

POCKETALK(ポケトーク)は「ポケット」と「トーク」を合成した造語で、その名の通り手のひらに収まる大きさの翻訳機です。2017年12月に初代ポケトークが発売され、2018年9月には大幅に機能を向上した後続機「ポケトークW」がリリースされました。インバウンド対応が必要な企業でもすでに多くの導入実績があり、対応言語は74言語で、英語、中国語、韓国語、フランス語からペルシャ語まで通訳可能な機器です。ポケトークWが他の翻訳機と比べて優れている点は、74言語すべてで、双方向の翻訳が可能という点...

環境を改善して快適な訪日旅行を提供

わざわざ時間とお金をかけて訪日してもらったからには、快適な旅行を体験し、「もう一度来たい」と思ってもらいたいものです。

小さなおもてなしが訪日観光客の心をつかめば、いずれ大きな可能性につながっていくでしょう。

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!