IOCどう対策?「オリンピック分散開催」発言から半年、新型コロナ影響で揺れる東京オリンピック

新型コロナウイルスのパンデミックを受け、東京オリンピック(五輪)・パラリンピックは1年程度の延期が決定しました。

延期決定から半年後も、開催に向けてどのような対策を取っていくのか、まだ明確な道筋は見えていません。

2020年3月には、東京オリンピック開催について、委員のディック・パウンド氏がBBCの取材にこたえ、オリンピックの種目を世界に分散して開催することもあり得ると新たな発言をしていました。

関連記事
韓国版「マスクマップ」登場!
アメリカ、フランスのディズニーも続々閉鎖!
【速報】WHO「新型コロナウイルスはパンデミック」

東京オリンピック分散開催説が浮上

IOC(国際オリンピック委員会)のディック・パウンド委員は、AP通信のインタビューで東京オリンピックを開催するかどうかの判断期限は5月下旬だとの見解を示し、延期や他国開催の可能性は否定していました。

しかしBBCの取材によると、東京オリンピック中止は最悪のシナリオで、延期や競技種目をカナダやイギリスなどに分散して開催するなどの検討がされている可能性を示唆しました。

あくまでも可能性であり、今後、日本国内での新型コロナウイルス(COVID-19)の動向に注視し関係組織と協力して必要な対策を検討するとしています。

2020年9月時点でもコロナ対策まだ示せず

その後2020年7月、東京オリンピックの開催日程が決定しました。

東京五輪、来年7月23日開幕へ:「来夏開催すべき」23.9%

2020年7月20日の週は、本来であれば東京オリンピック・パラリンピックが開催される予定でした。しかし新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受けて延期が決定し、現在は2021年の開催に向けて調整が進められています。2021年夏の開催に向け、日程や種目などの詳細が決定されていく中、共同通信が実施した調査では2021年の開催に慎重な世論も浮き彫りになっています。目次来夏のオリンピック開催、競技日程が決定観客削減も検討、開閉会式は維持共同通信の世論調査、70%が東京オリンピック「再延期・中止」を支...

世界各地で流行拡大のニュースは続いていますが、IOCの調整委員長を務めるジョン・コーツ副会長は、2020年9月、AFP通信の電話インタビューに対して「コロナがあろうとなかろうと開催される。来年7月23日に始まる」と発言したことが伝えられています。

ただし日本の組織員では、新型コロナウイルス感染症対策については詳細が詰められていないとして、世間では不安の声もあがっています。

関連記事
東京オリンピック中止を正式否定、しかし拭えぬ不安
東京オリンピック開催「判断期限は5月下旬」
東京オリンピックホストタウン受入中止が発生

【新型コロナ】東京オリンピック開催「判断期限は5月下旬」IOC委員が初の見解

※新型コロナウイルスのパンデミックを受け、東京オリンピック(五輪)・パラリンピックは1年程度の延期が決定しました。詳細な日程、選考基準などは、公式情報が発表され次第、順次更新します。IOC(国際オリンピック委員会)の委員が、東京オリンピックの開催について引き延ばせて5月下旬、との見方をAP通信のインタビューで示しました。関連記事韓国版「マスクマップ」登場!アメリカ、フランスのディズニーも続々閉鎖!新型コロナマップまとめついにマスク転売禁止へ「#転売ヤー死亡」タグが目次東京オリンピックは開催...

<参照>

BBC:Coronavirus: Tokyo Olympics still 'business as usual', says IOC's Dick Pound

コロナにかかわらず来夏開催 東京五輪でIOCコーツ氏

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!