【速報】中国・韓国からの入国者全員が事実上の入国拒否へ、政府は中韓へ訪日観光自粛を要請

世界的に流行している新型コロナウイルス(COVID-19)の水際対策として、日本政府が新たに中国人と韓国人、イランに対する入国制限を実施すると産経新聞が報道しています。

関連記事
IOC「大会4か月以上前に決定を行う必要はない」
【速報】台湾、日本からの入国者を事実上、入国制限
韓国版「マスクマップ」登場!
アメリカ、フランスのディズニーも続々閉鎖!

中国と韓国からの入国者全員が入国制限

産経新聞の報道によると、日本政府は新型コロナウイルス(COVID-19)の流行防止対策として、中国と韓国の日本大使館で発行された査証(ビザ)の効力を停止する方針を本日3月5日に固めたとしています。

日本はこれまで韓国の滞在歴がある外国人の入国制限を一部の地域に限っていましたが、今後は慶尚北道慶山市、安東市、永川市、漆谷郡、義城郡、星州郡、軍威郡が新たな対象となる見込みです。

今後、中国と韓国からの入国者は、検疫法に基づく「停留」措置が必要となり、政府指定の施設などで2週間の隔離を行った後に入国が許可されるとしています。

中国・韓国からの航空便の到着空港を成田空港と関西空港に限定し、船舶は中国と韓国からの旅客運送を停止するよう要請するようです。

さらに新たにイランのコム州、テヘラン州、ギーラーン州も入国制限の対象地域として挙げられてます。

中韓からの2019年3月の訪日客数は、中国が69万1,279人、韓国が58万5,586人、イラン含むその他アジア地域が2万2,211人でした。

この入国制限が実施されれば、インバウンド業界へのさらなる打撃は避けられないでしょう。

日本政府は本日5日夕方ごろに国家安全保障会議(NSC)を開き、上記の内容を確認する見通しです。

【韓国】日本の入国制限に対抗措置検討:Twitter「対抗措置(#対抗措置)」トレンド入り、韓国人からも疑問の声

2020年3月5日の新型コロナウイルス感染症対策本部(第17回)で決定された、中国・韓国・イランについて入国拒否地域の追加や中国・韓国からの入国者に対する検疫を強化する水際対策について、韓国政府が対抗措置を検討していると報じられています。関連記事韓国版「マスクマップ」登場!アメリカ、フランスのディズニーも続々閉鎖!【速報】WHO「新型コロナウイルスはパンデミック」【日韓】ビザ停止で何が困るコレからどうなる?目次韓国政府、日本に対して対抗措置検討へ「対抗措置(#対抗措置)」トレンド入り、まる...

【コロナウイルス】韓国がついに日本を「渡航自粛」対象に:新型肺炎の感染拡大が日本の観光業へさらなる打撃

映画「パラサイト 半地下の家族」が、米アカデミー賞で作品賞など4部門を受賞し韓国ではアジア初の快挙に沸いています。その一方で、韓国は感染が拡大する新型コロナウイルス(COVID-19)への警戒を強めています。韓国政府は2月11日、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を懸念し、日本を含む6か国に対する「渡航自粛」を勧告しました。これに伴い、近年減少傾向にあった訪日韓国人の数が、さらに急減することが懸念されます。韓国政府による渡航自粛要請の詳細と、日本への影響についてご紹介します。...

<参照>

産経新聞:<独自>事実上、中国人と韓国人の入国を制限 イランも新たに対象

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!