ドコモの観光DXをご紹介 観光総合イベント「トラベルソリューション展2022」出展決定 9/22~9/23

世界の観光事業者が集結する日本最大の場「ツーリズムEXPOジャパン(TEJ)2022」の同時開催イベント「トラベルソリューション展2022」にドコモが出展し、インバウンド受入れに役立つ観光DXソリューションを幅広くご紹介します。(出展日程は9/22~9/23)

来場登録する(無料)

ソリューションの利便性を身近に感じる展示「ドコモブース」

▲ツーリズムEXPO2022:ドコモ出展イメージ画像
▲ツーリズムEXPO2022:ドコモ出展イメージ画像

ドコモは、2022年9月22日(木)・9月23日(金)に東京ビックサイトにて開催される「ツーリズムEXPOジャパン2022」同時開催の「トラベルソリューション展2022」に出展致します。

本展示会は、観光に関するDX支援やインバウンド受入のソリューションが並ぶ、国内最大の総合展示会です。

ドコモブースでは、旅マエ旅ナカ旅アトのフェーズごとに訪日観光客をおもてなしするためのさまざまなソリューションを幅広くご提案いたします。

訪日観光客への接客で使える音声翻訳アプリ「はなして翻訳」をはじめ、集客・情報発信・交通・決済など、インバウンド対応に役立つ法人向けソリューションについて、デモ機をご覧いただきながらご紹介いたします。

また「旅ナカ」については訪日観光客のジャーニーに沿って旅行中のシーンと事業者さまのお困りごとを想定し、ソリューションの利便性を身近に感じていただけるような展示をご用意しております。

ドコモはインバウンドの回復に向けた不安やお困りごとの解消から、より多くのお客さまにお越しいただくための付加価値提供や仕掛けづくりまで、みなさまの魅力を引き出す「インバウンドコンシェルジュ」となり、サポートさせていただきます。

みなさまのご来場を心よりお待ち申し上げております。

ご紹介サービスのジャンル
多言語対応・集客(口コミ分析)・情報配信・人口統計・キャッシュレス決済
・Wi-Fi ・XR ・位置情報管理・二次交通など

ドコモブースに関する出展概要

・展示会場・出展場所

東京ビッグサイト 東1ホール

「トラベルソリューション展2022」エリアブース番号 TS-051

・開催日時

2022年9月22日(木)午前10:00~午後5:00

2022年9月23日(金・祝)午前10:00〜午後6:00

※当社は2022年9月24日(土)・9月25日(日)の出展はございません。

来場登録する(無料)

ドコモブース来場のメリット

1. ツーリズムに関するソリューションについて、幅広く情報収集ができる

ブースではドコモ・パートナー企業の全13商材を展示します。

さまざまな業種の来場者さまにお役立ちの情報をご提供できるブースとなっております。

2. サービスを体感することができる(一部サービスのみ)

VRでの疑似旅行体験、リアルタイムで翻訳字幕を表示するサービス、対面翻訳ツール等についてデモをご用意しております。

実際にお試しいただき、みなさまのビジネスに活かせるサービスをみつけていただくことができます。

3. 展示商材以外にもお困りごとを相談することができる

ドコモ・パートナー企業がもつサービスは展示商材以外にもございます。

スタッフがみなさまのお困りごとをお伺いし、展示商材のほかにもご提案させていただくことができます。

商談スペースを利用して当日商談や、後日の商談のお約束も可能です。

来場登録する(無料)

ツーリズムEXPOジャパン2022「新しい時代へのチャレンジ~ReStart~」

公益社団法人 日本観光振興協会、一般社団法人 日本旅行業協会JATA)、日本政府観光局JNTO)が主催する今年で8回目となる当イベントは、「新しい時代へのチャレンジ~ReStart~」をテーマに、再び世界の観光事業者が集結する日本最大の場として、旅行需要回復に寄与、観光産業の復活、再生、経済への貢献を目指します。

▲ツーリズムEXPOジャパン キービジュアル:公式サイトより
▲ツーリズムEXPOジャパン キービジュアル:公式サイトより

観光業界はもとより日本全国、世界各国のビジネスパーソンや様々な産業界の関係者が「観光」を軸に集結し、新型コロナウイルスの感染拡大の影響により大きな打撃を受けた海外・国内・訪日の観光振興や、持続可能な地域の発展を目指します。

参画する事業者各々の知見共有や議論をする機会、展示会や商談会、消費者向けのプロモーション、ダイレクトマーケティング等の機会を提供していきます。

「旅のチカラ」で日本、世界を元気にする観光ビジネス最大の場として、国内外の旅行需要回復に寄与してまいります。

海外・国内・訪日旅行を三位一体と捉え、「観光の未来」を示す世界最大級の観光産業総合見本市として進化し、旅行需要回復に寄与、観光産業の復活に貢献します。

ツーリズムEXPOジャパン2022」の期間中、ツーリズムEXPOジャパンと日本経済新聞社が主催する「トラベルソリューション展2022」(9月22日~23日)を同時開催いたします。

「トラベルソリューション展2022」は、各種IT技術やDX支援策などのトラベルテックから、インバウンド受入に関する課題のサポートの他、新たな観光事業の提案などの機会を提供します。

来場登録する(無料)

開催概要

日時:2022年9月22日(木)~25日(日)

※来場者は、事前登録が必要となっています。

会場:東京ビッグサイト・会議棟、東展示棟(東1・2・4・5ホール)、会議棟(605~608会議室)

主催:公益社団法人日本観光振興協会、一般社団法人日本旅行業協会JATA)、日本政府観光局JNTO

チケット:7月25日(月)公式サイトにて前売券発売開始1,000円(税込)

合同開催:VISIT JAPANトラベル&MICEマート(VJTM)2022主催:日本政府観光局JNTO

同時開催:トラベルソリューション展2022主催:ツーリズムEXPOジャパン、日本経済新聞社/東展示棟(東1ホール)GOOD LIFEフェア2022主催:朝日新聞社/東展示棟(東3ホール)

来場登録する(無料)

展示会参加者へのメリット

ここでは、展示会参加者へのメリットをご紹介いたします。

ツーリズムEXPO参加のメリット

1. 商談機会の創出

今年は「リアルとバーチャルを融合させたハイブリット型」に取り組みます。公式サイトでは6月から画像と動画で出展者情報を掲載し、開催前からの接点構築が可能です。また事前マッチングによるアポイントメント商談の予約も可能です。

加えて会場では旅の「新しいカタチ」テーマ別出展コーナーを設け、目的意識の高い来場者との効率的な接点を創出します。

2. 「観光による気候変動への挑戦」フォーラム&セミナーの開催

「観光による気候変動への挑戦」を全体テーマに開催いたします。基調講演では、定期航空協会による日本のエネルギー戦略への挑戦について定期航空協会会長 井上慎一氏が登壇します。

また第5回TEJ観光大臣会合では、各国の観光大臣、UNWTOWTTC、PATA、ETC、ATTA代表、国土交通大臣または観光庁長官をパネリストに迎え、今後の観光産業の発展をグローバルな視点で討議します。

3. 多数の事業者・団体が出展

自治体/省庁・観光局・旅行会社・交通・運輸・宿泊施設・レジャー・メディア・観光関連産業・IT/DX/MaaS関連事業者・飲食等観光に関する幅広い業界から数多くの団体が出展する予定です。

  • ツーリズムジャパン2022:390団体(内、トラベルソリューション展2022:50社)

4. 同時開催イベントの充実

ツーリズムEXPOジャパン2022」の期間中、ツーリズムEXPOジャパンと日本経済新聞社主催の「トラベルソリューション展2022」、朝日新聞社主催の「GOOD LIFEフェア2022」を同時開催いたします。

その他、合同開催の日本政府観光局JNTO)が主催する「VISIT JAPANトラベル&MICEマート2022(VJTM2022)」では、海外の訪日取扱旅行会社と日本各地の観光団体・事業者が一堂に会し、インバウンド関連ビジネスを創出する商談会をオンラインとリアルのハイブリッド形式で実施します。

<参照>

ツーリズムEXPOジャパン2022」:プレスリリース

ツーリズムEXPO公式サイト:ドコモブース紹介ページ

来場登録する(無料)

今こそインバウンドを基礎から学び直す!ここでしか読めない「インバウンドの教科書」


スマホ最適化で、通勤途中や仕込みの合間など、いつでもどこでも完全無料で学べるオンラインスクール「口コミアカデミー」では、訪日ラボがまとめた「インバウンドの教科書」を公開しています。

「インバウンドの教科書」では、国別・都道府県別のデータや、インバウンドの基礎を学びなおせる充実のカリキュラムを用意しています!その他、インバウンド対策で欠かせない中国最大の口コミサイト「大衆点評」の徹底解説や、近年注目をあつめる「Google Map」を活用した集客方法など専門家の監修つきの信頼性の高い役立つコンテンツが盛りだくさん!

【無料】「インバウンドの教科書」を見てみる

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部PR

訪日ラボ編集部PR

訪日ラボ編集部が企業のインバウンド対策向けのサービス、訪日外国人観光客向けのソリューションや商品をご紹介。PR記事だからこそ、インバウンド事業に取り組む企業の事例や、その背景にあるインバウンド情報を、しっかりとわかりやすくお届けします!