春節2024、訪日中国人観光客はどこまで回復する?中国以外の動きにも注目

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

2月10日から、中国の大型連休である「春節旧正月)」が始まります。2024年は、2月10日〜17日までの8連休となっています。

この期間は国内外へ旅行に出かける人も多く、例年訪日旅行が活発化する時期でもあります。

では今年の春節は、どのくらいの中国人観光客が日本を訪れるのでしょうか。データをもとに予測していきます。

関連記事:春節に向けた人気の観光スポットランキング、1位は?

インバウンドの最新情報をお届け!訪日ラボのメールマガジンに登録する(無料)


【予測】2024年 春節期間の訪日中国人数:コロナ前の半数にとどまる見通し

中国のオンライン旅行予約サイト・シートリップ(Ctrip:携程)の「2024年春節観光市場予測レポート」によると、人気の観光地にはタイ・日本・香港・マレーシア・オーストラリア・シンガポール・韓国が含まれるとのことです。

今年は中国国内の旅行や近場の旅行がトレンドとなっている一方で、Ctripにおける訪日旅行の受注は前年比10倍以上に増加しているとのことで、2023年と比較すると大幅に回復することが予想されています。

日本政府観光局JNTO)訪日外客統計の数値と照らし合わせても、2023年1月(前回の春節)は月間約3万人だったのに対し、同年12月(現時点の最新データ)には月間約30万人まで回復しており、「前年比10倍以上」とのCtripのデータはかなり妥当なものだと考えられます。

一方で2019年、春節があった2月は、月間約70万人もの中国人が訪日していました。そのため今年の2月は、12月の月間約30万人から多少増加したとしても、2019年の「半数」にとどまる見通しです。

訪日中国人客数の年間推移
▲訪日中国人客数の年間推移:日本政府観光局(JNTO)訪日外客統計より訪日ラボ作成

人気観光地や都市圏では、すでに中国人観光客の回復を実感し始めている店舗・施設も出てきています。しかしデータが示す通り、コロナ禍前のピークまではまだ戻らないとみています。

中国人観光客数、コロナ前の水準まで戻らないのはなぜ?

訪日客数については、すでに多くの国・地域でコロナ禍前水準に近づくか、超えている状況です。そんな中で、訪日中国人の数が未だ半数以下にとどまっているのはなぜなのでしょうか。

1:国家間関係の影響

そもそも中国人観光客の数が伸び悩んでいる背景には、次のような政策がありました。

  • 中国側が「ゼロコロナ政策」を実施(〜2022年12月ごろ)
  • 日本側が中国向けの水際対策を再強化(2023年1月〜4月)

その後、日本側が水際対策を撤廃、中国が団体旅行を解禁と、段階的に両国間の往来が自由化されてきました。

しかし、福島第一原発の処理水海洋放出に中国側が反発する、いわゆる「処理水問題」が2023年8月ごろから起こりました。これを機に訪日中国人観光客が微減となり、未だ完全には戻ってきていない状況です。

2:航空便の回復遅れによる影響

「処理水問題」が一定の落ち着きをみせた現在では、航空便数が戻っていないことが、訪日客数の回復遅れにつながる大きな要因となっています。

国土交通省のデータを見ると、国際線全体では2019年比84.9%まで回復している中で、中国の旅客便に絞ると2019年比46.7%となっており、回復が遅れている様子がうかがえます。

国際線2023年冬ダイヤの回復状況
▲国際線2023年冬ダイヤの回復状況:国土交通省 国際線就航状況データより訪日ラボ作成

航空便の回復が遅れると航空券が取りにくく、代金も高くなる傾向にあるため、訪日客数がなかなか回復しません。

一方で、今訪日している層は「富裕層」を含む比較的裕福な層であることから、現在の訪日中国人観光客の消費単価は約32万円と、平均の約21万円を大きく上回っています。消費額についてはある程度期待ができるでしょう。

関連記事:国際線冬ダイヤ、コロナ前「84.9%」まで回復 中国便は46.7%にとどまる

春節期間の訪日客は「多様化」へ

中国人観光客の数がコロナ禍前の約半数にとどまる見通しとなる中で、日本経済新聞(以下、日経)は2024年2月8日付で、『「春節商戦」訪日客が多様化 中国人半減、東南アが補う』と題した記事を公開しています。

実際にデータを見てみると、日本を訪れる国・地域の比率が明らかに変化していることがわかります。元々1位であった中国が、韓国、台湾、そして東南アジア諸国に抜かれ、4位に後退しています。

東南アジア インバウンド 中国
▲東南アジア諸国をまとめると、中国は「4位」に後退:日本政府観光局(JNTO)訪日外客統計より訪日ラボ作成

最も2019年春節からの増加幅が大きくなると予想されるのは、東南アジア諸国。香港も7万人程度増加する見通しです。

東南アジア インバウンド
▲東南アジア諸国の存在感が増している:日本政府観光局(JNTO)訪日外客統計より訪日ラボ作成

特に香港やシンガポール、インドネシアでは、2023年12月の訪日外客数が単月過去最高となっており、訪日旅行がコロナ禍前以上に人気となっていることがうかがえます。

日経の報道の通り、春節期間の訪日観光客は中国だけではなく、「多様化」すると言えそうです。

関連記事:

インバウンド対策にお困りですか?
「訪日ラボ」のインバウンドに精通したコンサルタントが、インバウンドの集客や受け入れ整備のご相談に対応します!

訪日ラボに相談してみる

<参照>

携程研究院(シートリップ研究所):“南北互换”是春节热门 这些地儿值得反向游

JNTO:訪日外客数(2023年12月よび年間推計値)

国土交通省:国際線就航状況(2023年)

日本経済新聞:「春節商戦」訪日客が多様化 中国人半減、東南アが補う

訪日ラボ セミナー紹介&最新版インバウンド情報まとめ

訪日ラボおすすめのセミナーや記事をご紹介します。

観光地域づくりに必要な”巻き込み力”とは?実例から学ぶ地域コンテンツの活性化ポイント


訪日外国人数は過去最大を見込んでいる2024年ですが、一方で誘客する企業や地域、自治体などでは今でも多くの課題に臨んでいます。

訪日ラボでも、山梨県(富士山)のオーバーツーリズム対策について、対策の重要性とそれに取り組む関係者の姿勢について取材をしてきたばかりです。

そこで今回は、地域産業や関係者を巻き込むことによって起きた地域活性化について最新のデータや情報をお届けします。

  • "巻き込み力"とは何か
  • 組織や地域で創り上げるコンテンツはどのようなメリットをもたらすのか

など、国内最大級の遊び予約サイト「アソビュー!」の専門家とともにこれからのポイントを徹底解説します!

詳しくはこちらをご覧ください。
観光地域づくりに必要な”巻き込み力”とは?実例から学ぶ地域コンテンツの活性化ポイント


【インバウンド情報まとめ 2024年6月後編】富士山の登山規制・通行料の徴収 7/1から開始 他



訪日ラボを運営する株式会社movでは、観光業界やインバウンドの動向をまとめたレポート【インバウンド情報まとめ】を毎月発行しています。

この記事では、2024年6月後半版レポートから、6月のインバウンド最新ニュースを厳選してお届けします。

最新情報の把握やマーケティングのヒントに、本レポートをぜひご活用ください!

本レポートの内容は、原則当時の情報です。最新情報とは異なる場合もございますので、ご了承ください。

最新情報の把握やマーケティングのヒントに、本レポートをぜひご活用ください。

口コミアカデミーにご登録いただくと、レポートの全容を無料にてご覧いただけます。

詳しくはこちらをご覧ください。

富士山の登山規制・通行料の徴収 7/1から開始 / 5月の訪日外国人数304万人、3か月連続で300万人超え【インバウンドまとめ 2024年6月後編】

今こそインバウンドを基礎から学び直す!ここでしか読めない「インバウンドの教科書」

スマホ最適化で、通勤途中や仕込みの合間など、いつでもどこでも完全無料で学べるオンラインスクール「口コミアカデミー」では、訪日ラボがまとめた「インバウンドの教科書」を公開しています。

「インバウンドの教科書」では、国別・都道府県別のデータや、インバウンドの基礎を学びなおせる充実のカリキュラムを用意しています!その他、インバウンド対策で欠かせない中国最大の口コミサイト「大衆点評」の徹底解説や、近年注目をあつめる「Google Map」を活用した集客方法など専門家の監修つきの信頼性の高い役立つコンテンツが盛りだくさん!

→ 【無料】「インバウンドの教科書」を見てみる


完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客インバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!

プロモーションのご相談や店舗の集客力アップに