この記事は約3分で読み終わります。

いままでのインバウンド市場では「円安が訪日外国人観光客を呼び寄せた」というのが定説でした。そのため、逆説的に「インバウンドは今だけだ。円高が進行すれば訪日外国人観光客の客足は遠のいてインバウンドは終了だ」という言説https://honichi.com/9965も数多くありました。

しかしながら実際に円高が進んだ2016年、インバウンドはどうだったかといえば、訪日外客数は2403万9千人、訪日外国人旅行消費額は3兆7,476億円で、どちらも過去最高を更新しました。

 

2015年までのインバウンド:円安の進行とともにインバウンド市場が成長

2015年までのインバウンドは円安進行と訪日外客数・訪日外国人旅行支出が比例して上昇

2015年までのインバウンドは円安進行と訪日外客数・訪日外国人旅行支出が比例して上昇

2015年までのインバウンド市場は、LCCの増発、ビザ緩和、そして円安などの外部的要因によって成長してきました。特に円安と訪日外客数、訪日外国人旅行支出は強い相関関係が認められ、いままでのインバウンドは安く海外旅行できる旅行先としての日本が人気であったという推測が成り立ちます。

とすれば、今までのインバウンドは「日本大好き!」「クール・ジャパン!」という、いわば理想とする訪日外国人観光客は少なかったと考えられます。ショッピング+αで日本の著名な観光地をまわれるゴールデンルートの需要が高かったことがその裏付けとなるでしょう。

それゆえ、各種メディアでは「円安=インバウンド成長」から翻って「円高になったらインバウンドは終わってしまうかも」という論調が出てくるようになります。

 

2016年のインバウンド:円高が急速に進んだにも関わらず、成長し続けた

しかしながら、実際に円高が進んだ2016年はどうだったかといえば、冒頭でもお伝えしたとおり、訪日外客数は2403万9千人、訪日外国人旅行消費額は3兆7,476億円で、どちらも過去最高を更新しました。

急速に円高が進んだのにも関わらず、2016年のインバウンドは成長を続けた

急速に円高が進んだのにも関わらず、2016年のインバウンドは成長を続けた

前述の通り、2015年までは円安に比例して訪日外客数および消費額が伸び続けていますが、一転円高になってしまった2016年であっても、伸びが多少減退したものの、上昇を続けています。

なぜ円高にも関わらず2016年はインバウンド市場が拡大し続けたのか

インバウンド市場で中心となっている訪日中国人観光客は、元来初訪日率が高く、したがって安心して訪日旅行ができる団体ツアーに参加し、ゴールデンルートを巡るのが通説でした。しかしながら、現在ではリピーターが徐々に増加、よりディープな訪日旅行を楽しめる個人旅行(FIT)比率も増加しつつあります。

ここから考えられることは、2016年以降も訪日客が増加しているのは、円安をフックに訪日した外国人観光客が日本の魅力を体感し、リピーター化している、という好循環が発生しているからだということです。

 

まとめ:2017年のインバウンドは地方・コト消費・リピーターがキーワードに

 

今までのインバウンドは円安などの外部要因によって成長してきました。特にアジア圏においては、安く海外旅行できる旅行先としての日本が人気であったものと考えられます。そのため、都市部や主要観光地買い物(モノ消費)をしにくる初訪日旅行者が増加し、それがインバウンドを支えていました。

しかしながら2017年以降は「安い」ことではなく、「日本そのもの」が魅力となりうるでしょう。そのため、日本だからこそ出来る体験(コト消費)を求めて、都市部だけでなく地方も周遊し始めるリピーターの訪日外国人観光客を如何に取り込んでいくかが、今後のインバウンドで重要になってくるでしょう。

 

<関連>

 

訪日ラボに「いいね」をして
最新情報を受け取る

インバウンド最新情報をお届けします。

これ以上前の記事はありません…