アリババが「Japan MD center」を設立へ。中国人が爆買する神薬市場とは?

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

2015年の流行語大賞に選ばれた「爆買」という言葉が示すように、日本を訪問する中国人観光客の消費行動に注目が集まっています。観光客は事前に用意した購入リストをもとに、大量の商品を買い込んでいくのです。

その背景には、品質が高く、安全でとても信用できるという日本の商品に対するブランドイメージや信頼感があります。

中でも、医薬品や、医薬部外品の商品は最も人気があるジャンルです。

 

さて、中国国内の大手ポータルサイトである「捜狐(SOHU)」が昨年、「日本に行ったら買わなければならない12の“神薬”」と称してお勧めの品の紹介を行っています。その記事の影響力は小さくなく、その後、紹介された商品が大都市の各店舗で在庫切れとなるケースも珍しくありませんでした。

日本に行ったら買わなければならない12の“神薬

日本に行ったら買わなければならない12の“神薬"

メーカー別で見ると、紹介の品には小林製薬の製品が複数入っています。消炎鎮痛剤である「アンメルツヨコヨコ」や、ハケ付きの液体絆創膏の「サカムケア」、そして冷却用途に使用する「熱さまシート」、クリームタイプの尿素入り塗り薬「ニノキュア」、13種類の生薬とビタミン類、カルシウムなどを配合した女性保健薬「命の母」などです。

ちなみに、「熱さまシート」ははがれにくいのが特長で、急な発熱のための常備グッズとして、中華圏だけでなく、インドネシアや、タイなどASEAN諸国などでも人気を博しています。

このように、小林製薬が推し進めているのは、ニッチでも類似品のない新市場の開拓を目指すオリジナル戦略であり、それがインバウンド対策でも功を奏しているのです。

一方、「ゴホン!といえば」のコピーで知られる、のど薬大手の龍角散もインバンド需要を巧みに取り込み、業績を伸ばしています。

中国市場向けのPR戦略でも先行し、他メーカーと共同広告を中国現地の無料情報誌に広告を打ち出すなど、積極的な販促展開をしてきました。店舗対策では、中国人ら訪日外国人顧客が多く来店する約300店舗に人や資材を集中投下していったといいます。

そのほか、龍角散は、「せきを止める」だけではなく「のどを守る」薬という新たなコンセプトを打ち出し、春先は花粉やほこり、冬場は乾燥、夏は祭りの際の「声がれ」対策というように幅広いニーズに訴求したことが良かったようです。

スティック状の顆粒(かりゅう)タイプの「龍角散ダイレクト」等の新商品のパッケージも親しみやすく、ヒット要因となりました。同社が目指すのは「成長」よりも「進化」だといい、技術的に真似ができないオンリーワンののど薬としての存在感を今後も誇示していきたいとしています。

 

ところで、中国は需要が大きいのに、販売機会が限られるという、企業側も購買側も双方が歯がゆい思いをしているのが現状です。そんな現状を打破することを目的として、中国最大のEC企業であるアリババ集団が今年2月26日、大きなアクションに出ました。

中国で人気が高い日本製品の安定的調達と、これまでに需要を取り込めていない日本製品の拡販をするための組織として「Japan MD center」を設立することを発表したのでした。

アリババが運営するECサイト「天猫国際」では、これまでトラブルを避けるため、自主規制で医薬品を取り扱いませんでした。それを昨年12月下旬に、「安全性が担保できる」(アリババジャパン広報)香港と日本製に限り、一部医薬品の販売が可能となるように規約改正を行ったのです。

「Japan MD center」はこの規約改正を受けたものであり、今後、越境EC拡大の起爆剤となる可能性があると見られています。

 

インバウンドの最新情報をお届け!訪日ラボのメールマガジンに登録する(無料)

訪日中国人観光客インバウンドデータ集

訪日ラボ セミナー紹介&最新版インバウンド情報まとめ

訪日ラボおすすめのセミナーや記事をご紹介します。

訪日ラボ トレンドLIVE! Vol.2 〜見逃せないインバウンドの最新情報をお届け〜


初回から人気を博した「訪日ラボ トレンドLIVE!」シリーズの第二弾を開催!

TVや新聞などでも日々取り上げられているインバウンドの動向ですが、業界が盛り上がるにつれて情報把握が難しくなっています。

「訪日ラボ トレンドLIVE!」では、訪日ラボとして取材や情報収集を行っている中で、これこそは把握しておきたいという情報をまとめてお伝えしています。

今回も、インバウンド業界最大級メディア「訪日ラボ」副編集長が、今月6月のインバウンドトレンド情報や、独自の取材で気づいたことについてお話ししていきますので、ご興味のある方はぜひご覧ください。

<本セミナーのポイント>

  • 毎月インバウンドの最新動向がわかる!
  • インバウンド業界最大級メディア「訪日ラボ」を運営する副編集長 石橋が登壇!
  • 30分間でサクッと学べる!

詳しくはこちらをご覧ください。
訪日ラボ トレンドLIVE! Vol.2 〜見逃せないインバウンドの最新情報をお届け〜

【インバウンド情報まとめ 2024年5月後半】「世界で最も成長している観光地」トップに東京 他


訪日ラボを運営する株式会社movでは、観光業界やインバウンドの動向をまとめたレポート【インバウンド情報まとめ】を毎月発行しています。

この記事では、2024年5月後半版レポートから、5月のインバウンド最新ニュースを厳選してお届けします。

最新情報の把握やマーケティングのヒントに、本レポートをぜひご活用ください!

本レポートの内容は、原則当時の情報です。最新情報とは異なる場合もございますので、ご了承ください。

※【インバウンド情報まとめ】は2024年5月より月2回発行いたします!最新情報の把握やマーケティングのヒントに、本レポートをぜひご活用ください!

口コミアカデミーにご登録いただくと、レポートの全容を無料にてご覧いただけます。

詳しくはこちらをご覧ください。

「世界で最も成長している観光地」トップに東京 / 富士山前のコンビニ、撮影防止の「黒幕・防護柵」設置【インバウンド情報まとめ 2024年5月後編】

今こそインバウンドを基礎から学び直す!ここでしか読めない「インバウンドの教科書」

スマホ最適化で、通勤途中や仕込みの合間など、いつでもどこでも完全無料で学べるオンラインスクール「口コミアカデミー」では、訪日ラボがまとめた「インバウンドの教科書」を公開しています。

「インバウンドの教科書」では、国別・都道府県別のデータや、インバウンドの基礎を学びなおせる充実のカリキュラムを用意しています!その他、インバウンド対策で欠かせない中国最大の口コミサイト「大衆点評」の徹底解説や、近年注目をあつめる「Google Map」を活用した集客方法など専門家の監修つきの信頼性の高い役立つコンテンツが盛りだくさん!

→ 【無料】「インバウンドの教科書」を見てみる

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客インバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!

プロモーションのご相談や店舗の集客力アップに