買い物好きな訪日中国人観光客のショッピングの特徴

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

訪日中国人観光客の2015年の旅行消費額(インバウンド消費額)総額は約1兆4174億円、全インバウンド総額の40.8%を占めて圧倒的な1位です。そのため、インバウンドビジネスにおいては、訪日中国人観光客の買い物の特徴を把握することが重要です。訪日中国人観光客がどのような商品を、どれくらいの金額で、どんな施設でショッピングするのかを調べました。

 

「訪日ラボ」の最新インバウンドノウハウが配信されるメルマガに登録する

女性比率が高く、家族旅行が多い訪日中国人観光客

訪日中国人観光客の男女・性別比:観光庁 消費動向調査より引用

訪日中国人観光客の男女・性別比:観光庁 消費動向調査より引用

訪日中国人観光客は女性の比率が55.2%と高く、40歳代以下の女性だけでほぼ半数の57.6%に達します。男女ともにボリュームゾーンは20〜39歳まで。夫婦客が14.5%、家族同伴では35.9%と、約半数が身内での旅行です。

友人同士という訪日中国人観光客は18.9%となっており、この女性の友達同士で訪日するパターンが女性比率を押し上げているものと考えられます。

滞在日数が長めで初訪日が多い訪日中国人観光客

訪日中国人観光客の滞在日数:JNTOより引用

訪日中国人観光客の滞在日数:JNTOより引用

訪日中国人観光客の滞在日数は、全目的で4〜6日が54.2%、7〜13日が32.4%、14〜20日が3.7%と台湾・韓国の観光客より比較的長めの傾向にあります。

初めての訪日という人が多く63.0%、初回訪日については訪日韓国人観光客が32.5%、訪日台湾人観光客が20.7%、訪日香港人観光客が18.1%という数値と比較するときわめて高い割合であることがわかります。

 

訪日中国人観光客の買い物の内容

訪日中国人観光客の買い物品目ランキング:観光庁 訪日外国人消費動向調査より引用

訪日中国人観光客の買い物品目ランキング:観光庁 訪日外国人消費動向調査より引用

訪日中国人観光客が買い物する商品はショッピングする割合の高い物から化粧品・香水(73.8%)、菓子類(69.9%)、医薬品・トイレタリー商品(69.6%)、食料品・酒類(58.8%)、洋服・靴(49.1%)と万遍ないショッピングをしています。

その他の買い物も意欲的な訪日中国人観光客

訪日中国人観光客は比較的単価の高い家電製品でも40.7%が、ビデオカメラ・カメラ・時計なども24.8%がショッピングしています。特にこれらの高額商品は、円安元高の円相場により購入意欲が高い状況にあり、転売も含めた爆買いにつながっています。

<関連>

代理購入(ソーシャルバイヤー、代購、海淘)の実態や意味

訪日中国人観光客による爆買いの裏には、代理購入(別名:ソーシャルバイヤー、代購、海淘)があります。今回は、この代理購入の背景と市場規模について中国でのECサイトの状況や爆買いとの関係、利用者層の観点から解説していきます。目次代理購入(ソーシャルバイヤー、代購、海淘)とは代理購入(ソーシャルバイヤー、代購、海淘)誕生の背景「信用」を重視する習慣C2CがメインのEC市場海外製品を中国国内で買うと割高代理購入(ソーシャルバイヤー、代購、海淘)の市場規模は19兆円!代理購入(ソーシャルバイヤー、代...

 

訪日中国人観光客の買い物代金

訪日中国人観光客の買い物への意欲は旺盛です。化粧品・香水が4.7万円、医薬品・健康グッズ・トイレタリーが3.9万円と、小額商品であっても1人あたり購入額が大きく、菓子類でさえも1.3万円購入しています。

また、電化製品が5.7万円、カメラ・ビデオカメラ・時計にいたっては8.8万円と、高額商品群についても、他の訪日外国人観光客と比較して際立って1人あたり購入額が大きい傾向にあります。

訪日中国人観光客がショッピングする施設

では訪日中国人観光客はどこでショッピングしているのでしょうか。もっとも多いのがドラッグストアで83.9%の訪日中国人観光客がドラッグストアでショッピングをしています。次いで空港の免税店が79.8%、百貨店・デパートが74.3%となっており、免税店での購入率が極めて高いことが特徴です。

免税とは?タックスフリーとデューティーフリーの違い・制度・税金 [後編]

[前編]では、主に訪日外国人観光客の消費行動に関わる税金の種類や課税額について紹介しました。[前編]でも触れたように、インバウンド関連ニュースにおいては「免税」や「免税店」というキーワードを多く目にします。しかし、免税の制度やその意味については周知されていないのが現状です。[後編]では、タックスフリーとデューティーフリーの違いを中心に、免税店の種類や、免税されている税金の種類について解説します。インバウンド受け入れ環境整備の資料を無料でダウンロードする「翻訳・多言語化」の資料を無料でダウン...

 

 

まとめ:旺盛な買い物意欲をもつ訪日中国人観光客

さまざまな商品をショッピングする訪日中国人観光客は、受け入れる側から見て魅力ある観光客です。近隣国としては滞在期間も長めなので、旅行中においても商品をアピールして買い物意欲を高めることも見込めます。

最新インバウンドマーケティング!旅マエ・旅ナカ・旅アトとは?

先月末10月31日、インバウンド業界を盛り上げるニュースが発表されました。国土交通省は、今年1月からの累計訪日外国人観光客数が、10月30日に2000万人を超えたことを発表しました。このペースで行けば2016年は2500万人弱の訪日外国人観光客数を望め、東京オリンピック・パラリンピックが開かれる2020年に4000万人という目標に向けて着々と増加しつつあります。しかしながら、訪日中国人観光客の伸びが鈍化していたり、為替相場に影響され日本円ベースでの訪日外国人消費額の減少などが騒がれており、...

中国では銀聯カードが普及しています。銀聯カードはクレジットカードもありますが、中国で普及しているのはデビットカードの方です。訪日中の買い物でも39.8%の訪日中国人観光客がデビットカードを決済に利用しています。また、近年ではwechat paymentやAlipayが普及してきているため、これらの決済方法への対応も急がれます。

取引額153兆円の中国電子決済サービスとは:Alipay、WeChat Payの2大巨頭

中国では驚異的な速さで電子マネーが普及しています。その中でもAlipay(支付宝)とWeChat Pay(微信支付)という2つの電子決済サービスが市場争いを繰り広げています。ネット通販から始まった決済サービスが実店舗へも広がり、取引額はおよそ日本の30倍以上。今回は、現在中国で支払いのスタンダードとなりつつある電子決済サービスについてご紹介します。関連記事Alipay(アリペイ・支付宝)とはQR決済WeChat PayとはAlipayとWeChat Payのシェア(2019年)Alipay...

<参考>

 

訪日中国人観光客インバウンドデータ集

データでわかる訪日中国人観光客

爆買いという流行も後押しし、2015年の中国人訪日外客数は前年の約2倍となる499万人となりました。また、2015年の訪日中国人によるインバウンド消費額は約23万円で前年比10%増程度ですが、訪日外客数増加の後押しをうけ、訪日中国人全体のインバウンド消費額はなんと5,583億円。

訪日中国人観光客の特徴

'爆買い'という流行語が現れるほどに存在感を放っている訪日中国人観光客。日本国内でも大きな注目が集まっており、彼らに関するニュースやコラムを目にする機会は少なくありません。

訪日中国人観光客が中国国内でよく見る人気のWEBサイト一覧・解説

中国はご存じのとおり、facebookやtwitterが閲覧できないほど非常に厳しいネット規制があります。中国国外のWEBサイトの検閲規制がかかっていたり、サーバードメインも現地法人がないと取得できなかったりと、様々な壁が存在します。

訪日中国人観光客が愛用するスマホSNSアプリ事情(1):WeChat(微信)

訪日中国人観光客の増加に伴い、インターネットを活用したインバウンドマーケティングへの関心が高まっています。しかし、中国のネット事情は日本とは大きく異なります。

訪日中国人観光客が愛用するスマホSNSアプリ事情(2):テンセントQQ

訪日中国人観光客が必携としているコミュニケーションツールをWeChat(微信)のほかにひとつだけ挙げるとしたら、それはテンセントQQ( 騰訊QQ、Tencent QQ; 以下、QQと略)だといえるでしょう。

訪日中国人観光客が愛用するスマホSNSアプリ事情(3):Weibo(微博)

訪日中国人観光客が常用するアプリとしてWeChat(微信)とQQを取り上げましたが、Weibo(微博)も忘れてはなりません。「微博」は中国語で“ウェイボー"と読み、ミニブログ、マイクロブログという意味です。

訪日中国人観光客が愛用するスマホSNSアプリ事情(4):人人網(レンレンワン)

訪日中国人観光客が常用するサービスとして、WeChat(微信)、QQ、Weibo(微博)をご紹介してきました。いずれもTwitter(ツイッター)、Facebook(フェイスブック)の良い所どりをしながら機能の充実を図ってきており、若干の不確定要素をはらみながらも、中国の3大SNSとして大きな存在感を誇示しています

訪日中国人観光客が愛用するスマホSNSアプリ事情(番外編1):ネット規制のアプリへの影響&ニュースアプリ篇

昨年(2015年)以来、中国経済を語るうえで重要なキーワードとなっているものに「互聯網(フーリエンワン)+」(インターネットプラス)があります。これは中国国務院(日本の内閣に相当)総理の李克強氏が唱えたコンセプトです。

訪日中国人観光客が愛用するスマホSNSアプリ事情(番外編2):ネットラジオ篇

「読みたい記事」が自在にカスタマイズできる「今日頭条(ジンジートウティアオ)」がニュースアプリの定番となる一方、「聞きたい番組」を自由自在に取捨選択できるネットラジオアプリも人気を集めています。

訪日ラボおすすめのセミナーをご紹介

インバウンド市場の最新動向がわかる訪日ラボおすすめのセミナーをご紹介します。

2024年のインバウンド動向とデジタルプロモーション

昨年12月、JTBが2024年の旅行動向見通しを発表し、 訪日外国人旅行者がコロナ前の2019年を上回る過去最多の3,310万人に達するとの予測を立てました。

インバウンド市場が回復の動きを見せる中、訪日外国人を集客するために、どのような対策をすべきかお悩みの方も多いのではないでしょうか。

そこで本セミナーでは、訪日外国人の集客支援を行う2社にて、 2024年のインバウンド動向とデジタルプロモーション成功のポイントを独自の視点から紐解いていきます。

【訪日外国人の行動データと口コミデータで紐解く】2024年のインバウンド動向とデジタルプロモーション

今こそインバウンドを基礎から学び直す!ここでしか読めない「インバウンドの教科書」

スマホ最適化で、通勤途中や仕込みの合間など、いつでもどこでも完全無料で学べるオンラインスクール「口コミアカデミー」では、訪日ラボがまとめた「インバウンドの教科書」を公開しています。

「インバウンドの教科書」では、国別・都道府県別のデータや、インバウンドの基礎を学びなおせる充実のカリキュラムを用意しています!その他、インバウンド対策で欠かせない中国最大の口コミサイト「大衆点評」の徹底解説や、近年注目をあつめる「Google Map」を活用した集客方法など専門家の監修つきの信頼性の高い役立つコンテンツが盛りだくさん!

→ 【無料】「インバウンドの教科書」を見てみる

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客インバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!

プロモーションのご相談や店舗の集客力アップに