インバウンド宿泊者はわずか1.6%…山口県インバウンド誘致に本腰:スポーツツーリズムの提唱や国際便の本数拡充を実施

訪日外国人観光客の増加にあわせて、日本に複数回訪れる、「訪日リピーター」が年々増え続けています。

訪日リピーターは、一般的にゴールデンルート以外の地方への訪問を好む傾向にあり、全体として訪日外国人観光客の地方訪問が増加しています。

観光庁のデータから平成26年の訪日外国人観光客の都道府県別訪問率を確認すると、東京、大阪など2大都市圏のみ訪問した観光客は44%なのに対し、地方のみ、もしくは地方と2大都市圏を訪問した割合は56%を占めます。

先述の通り、以前であればゴールデンルートが主な訪日外国人観光客の旅行先であったのが、少しずつ地方にもスポットライトが当たり始めているということがわかります。

そのような状況にある日本。しかし、地方都市の間でも情報伝達の不足や、インバウンド対策の遅れを理由に、訪日外国人観光客の訪問数に差が出始めています。

山口県では、インバウンド誘致の遅れを取り戻すために新たな取り組みが行われようとしています。

<関連記事>

日本観光の王道?ゴールデンルートとは

みなさんは日本横断ゴールデンルートという言葉を聞いた事がありますか?今回は訪日旅行客向け日本観光の王道、ゴールデンルートについて解説します。インバウンド対策なにから始めたら良いかわからない?訪日ラボがまとめた「インバウンドデータレポート」を詳しく見てみる「インバウンドコンサル」の資料を無料でダウンロードする「調査・リサーチ」の資料を無料でダウンロードする「インバウンドデータ」の資料を無料でダウンロードする目次インバウンドの王道観光ルート「ゴールデンルート」とは?その他インバウンドで人気の観...

 

山口県に宿泊する訪日客は全体のわずか1.6%:インバウンド誘致に苦戦

都道府県別外国人延べ宿泊者数 観光庁より引用

都道府県別外国人延べ宿泊者数 観光庁より引用

2016年6月30日に観光庁によりリリースされた「宿泊旅行統計調査」によると、2015年度の訪日外国人観光客延べ宿泊者数は、全体で約6500万人でした。

このうち、山口県に宿泊した訪日外国人観光客の数は、わずか11万人。この数は、日本全体の訪日外国人観光客の宿泊者数と比較した場合、わずか1.6%にとどまります。

訪日外国人観光客誘致という観点において、このような厳しい状況に置かれている山口県。状況を打破するため、県が主体となり、2020年度までの5年間にわたる新たな観光振興計画を策定しました。

 

山口県「おいでませ山口観光振興条例」を策定:200,000人の訪日外国人観光客誘致を目指す

山口県では2016年4月、「おいでませ山口観光振興条例」を策定。これは、観光を通じて、山口県を活性化させていく指針をまとめたものです。

  1. 観光地域づくりの推進
  2. 観光産業の振興
  3. 誇りと愛着を持ったおもてなし

の3つを軸として、2020年まで5年間にわたる新たな観光振興計画を策定。インバウンド誘致を含めた観光客増加を図ります。

今回取り上げた「おいでませ山口観光振興条例」。インバウンド誘致に対する施策として何が行われるのでしょうか?

 

「サイクル県」として山口県をPR:話題のスポーツツーリズムで訪日外国人観光客誘致へ

山口県スポーツ推進課の事業の一環として行われる「サイクル県やまぐち」では、サイクリングを通じたスポーツツーリズムで、訪日外国人観光客の誘致を図ります。

瀬戸内海、日本海の海岸線、秋吉台などの景観や道路が国内外の自転車愛好家から注目されていることを受け、サイクリングを通じたスポーツツーリズム推進に着手。国際・国内レースなど大型イベントの招致や初心者向けの講習などを行うほか、修理工具やポンプなどを常備した「サイクルエイドステーション」を県内150カ所に開設するとのこと。

国内の地方都市では、各県が持つ景観や道路などを活かしたスポーツツーリズム推進が行われています。サイクリングや登山など、世界的に人気なスポーツを観光に組み込むことで、訪日外国人観光客誘致が実現します。

<関連記事>

北陸3県の訪日外国人宿泊者数は全体のわずか1%:スポーツーリズムやインターン受入でインバウンド誘致に本腰

格安航空会社(LCC)の普及や、中国や東南アジア諸国などを対象にしたビザの条件緩和、また円安が進んだことなどを理由に、訪日外国人観光客の数が増え続けています。近年ではリピーターの訪日外国人観光客も増えてきており、このような人たちは前回の訪日時に体験できなかったことを求め、地方に訪問する傾向にあります。インバウンド動向において、地方にもスポットライトが当たりはじめる中、情報伝達の不足や、インバウンド対策の遅れを理由に、地方間でも訪日外国人観光客の訪問数に差が出始めています。訪日客の地方誘致に...

東京五輪に向け、盛り上がりを見せるスポーツツーリズム:観光資源を組み合わせ、独自性のある地域づくり

2010年頃から、観光庁による取り組みがスタートし、近年、注目を集めているスポーツツーリズム。2020年の東京オリンピック、パラリンピックに向け、さらに盛り上がっていくことが予想されます。今回は、日本におけるスポーツツーリズムの動向、対象となる訪日外国人観光客などをご紹介します。 目次スポーツツーリズムとは古代オリンピックから存在する歴史の長い旅行形態スポーツツーリズムに関する日本の動向日本が目指すスポーツツーリズムのあり方とは他の観光資源と組み合わせ、独自性の強い地域づくり主な対象は韓国...

1300万のインバウンド消費!Mt.富士ヒルクライムに見るスポーツツーリズムとインバウンド効果:前編

先日、6月12日(日)に行われた「富士の国やまなし 第13回Mt.富士ヒルクライム」。同大会は富士スバルラインの料金所手前から五合目までの距離25km、1,270mを駆け登る自転車のヒルクライム(坂登り)レースです。同日6月12日に「富士の国やまなし 第13回Mt.富士ヒルクライム」公式HPに発表されたリザルトをみると、意外と外国人名がチラホラ目につきます。訪日ラボで訪日豪州人観光客のサイクリングの人気についてお伝えしたように、スポーツツーリズムの波がじわじわと広まっています。今回は、「富...

 

山口宇部空港で国際便増加:空港内のインバウンド対策に本腰

山口宇部空港では2016年9月より、台湾との国際チャーター便の運行を開始しています。また、11月にはエアソウルが山口宇部空港までの初の定期便を就航することが決まっており、インバウンド誘致を目的に国際便の受け入れを強化しています。

山口県に限らず、国内の空港では訪日外国人観光客の増加を背景に、国際便の本数増加が行われています。本数増加に加え空港内でもインバウンド対策が進むことで、地方にとってはインバウンド収益確保の大きなチャンスになります。

<関連記事>

2020年までに羽田空港の国際便が約1.7倍に:インバウンドビジネスでは市場拡大などの影響が

東京都にアクセスしやすく、世界でも有数の国際空港として知られる羽田空港。国土交通省がその国際便数増大に向けた取り組みを行っています。広く日本経済の活性化を狙ったものですが、このような交通機関の変化はインバウンドビジネスに大きな影響をもたらすでしょう。今回は2020年までに行われる予定の羽田空港の機能強化、その経済効果について解説します。 目次日本を代表する国際空港・羽田空港の国際便をさらに増加羽田空港の国際便増加による日本経済への影響2020年までに年間国際便発着数を約9.9万回に経済効果...

 

県内でのWi-Fi整備、免税店の倍増も計画:多言語対応策として12カ国語による「やまぐちトラベルサポート」も開始

また、山口県では県内でWi-Fiの整備を実施します。これにより訪日外国人観光客が快適にインターネットを使うことができるようになります。それに付随して、訪日外国人観光客の間で、SNSを通じた山口県の観光情報のシェアも進むことが予測されます。

免税店の数も現在の107店舗から倍増にあたる210店舗まで増やす予定。インバウンド消費を喚起します。

言語対策として、多言語コールセンターである「やまぐちトラベルサポート」2016年7月より開設。

対応言語は、英語、中国語、韓国語、タイ語、ベトナム語、インドネシア語、ポルトガル語、スペイン語、フランス語、ロシア語、ドイツ語、イタリア語の12言語。24時間365日の訪日外国人観光客サポートが実現しています。

<関連記事>

インバウンド需要を喚起するにはWi

外国に旅行に行くという事は異文化に触れる事。そのため、異文化に触れる事なくして外国に滞在する事はできません。日本には無い風景、日本語では無い言語、日本には無い料理、日本人気質とは違う国民性…。日本人が海外旅行に出向いて行くにあたっても、日本以外の文化に触れる為にその国に脚を運んでいると言っても過言ではないでしょう。日本との違いを体感しに行く事が、海外旅行の楽しさと言っても過言ではないでしょう。 訪日外国人は何しに日本へ?ということは、日本にやって来てくれる訪日外国人にとっての旅行の目的も、...

急速な増加を続ける免税店:訪日外国人観光客の利便性を意識した制度改正の取り組みも

観光庁が2016年4月1日時点での免税店の店舗数を発表。詳しくは以下で解説しますが、これを見ると2014年頃から免税店が急速な増加を続けていることが分かります。また、2016年5月1日には消費税免税制度の改正も行われ、利便性が向上しました。さらに訪日外国人観光客数が飛躍的な増加を続けていることを考慮すると、今後も免税店の需要は衰えないのではないでしょうか。こちらの記事では、免税店制度に関する動向をご紹介します。目次急速な増加を続ける免税店:2015年から1年間で約2倍に免税店の基礎知識20...

 

まとめ:地域活性化へインバウンド対策に乗り出す山口県 スポーツツーリズムの推進、国際便の本数拡充、多言語コールセンター開設など多岐にわたるインバウンド対策を実施

インバウンド誘致をもとに地域活性化を目指す山口県。インバウンド対策として

  1. サイクリングを通じたスポーツツーリズムの促進
  2. 国際便の本数拡充
  3. 県内でのWi-Fi整備による情報配信
  4. 免税店倍増によるインバウンド消費喚起
  5. 多言語コールセンターである「やまぐちトラベルサポート」開設

など多岐にわたる取り組みを行います。

訪日外国人観光客の地方訪問増加をうまく地域活性化に還元できるかどうか、これからの山口県の取り組みに注目が集まります。

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!