エキサイト、民泊運営情報サービス「エキサイト民泊」を開始

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

[エキサイト株式会社]

エキサイト株式会社(以下、エキサイト)は、株式会社クルトン(本社所在地:東京都渋谷区、代表:青山 豪輝 以下、クルトン)と業務提携し、民泊運営にかかわる情報サービス「エキサイト民泊」(https://minpaku.excite.co.jp/)を、2017年4月11日(火)より開始します。
■背景

政府は、訪日外国人旅行客の拡大に向けて、2016年には約2400万人(※1)だった訪日外客数を、2020年までに4000万人、2040年には6000万人を目指す目標(※2)を掲げています。訪日外国人旅行客も年々増加傾向にある中、特に供給が切迫しているのが宿泊施設です。そんな中、民泊といった新たなビジネスが生まれており、民泊に関する知識がなく外国語を全く話せない方でも、便利な代行サービスなどを活用することで、民泊を気軽に運営することができるようになりました。
3月10日には「住宅宿泊事業法案(民泊新法)」が閣議決定され、来年1月には施行予定です。

クルトンは、シェアリングエコノミーをテーマにWEBメディア、イベント、コンサルティングサービスを提供しており、本業務提携により民泊についてのニュースや民泊専門情報サイトのノウハウが「エキサイト民泊」において活用できるようになります。

「エキサイト民泊」では、民泊を提供する物件オーナー(民泊ホスト)が、民泊をはじめる・運用する際に必要なサービス(物件紹介、運営代行、清掃代行、Wi-Fi、許可申請代行、インテリアなど)を提供する企業情報や各サービスの特徴や強み・利用するメリットなどの情報を提供することで、物件オーナーと民泊関連サービス提供者とのマッチングを行います。さらに、新規・既存の民泊ホストや投資家・不動産関連事業者向けに、民泊や遊休不動産・土地活用を中心とした情報の提供や民泊運営に欠かせないニュースやノウハウ、民泊市場で活躍中のプレイヤーへのインタビューなどの情報を提供して行きます。
■「エキサイト民泊」特徴
1. 民泊可能な物件情報から運用代行、清掃、インテリアコーディネート業者の紹介
2. 掲載サービス提供者は、エキサイト・クルトンが面談などを行いスクリーニング
3. 民泊に関する最新ニュースや民泊に詳しいプロへのインタビューなどの情報提供

今後「エキサイト民泊」では、民泊に関するニーズを満たしていくとともに、法律にのっとり健全な民泊運営をするための情報提供と、空き家・地域再生といった社会問題に貢献できる情報・サービスの提供を目指します。

■エキサイト民泊 https://minpaku.excite.co.jp/

■株式会社クルトン
社名 :株式会社クルトン (Crewtone Inc.)
役員 :代表取締役社長 青山豪輝、取締役 森実勇樹
所在地 :〒150-0002 東京都渋谷区渋谷 2-14-6 西田ビル 5F
URL :http://crewtone.com
事業内容:シェアリングエコノミーをテーマに民泊にかかわるWEBメディア、イベント、コンサルティングサービスを提供

(※1) 日本政府観光局 調べ 訪日外客数
(※2)平成28年3月30日『明日の日本を支える観光ビジョン構想会議』(議長:内閣総理大臣)
※本文中の会社名、商品名は、各社の登録商標または商標です。
□会社概要
社名 エキサイト株式会社 http://www.excite.co.jp/
所在地 〒106-0047
東京都港区南麻布3-20-1
麻布グリーンテラス4F
設立 1997年8月
代表者 代表取締役社長 今川 聖
事業内容 インターネット情報サービス
証券コード 3754 JASDAQ

==================================================================
□エキサイトプレスリリース
URL:http://corp.excite.co.jp/news/

<関連>

東京の民泊全13,000件を分析調査 4件に1件が新宿にあり、土日に稼働率が上がる傾向

ホテルや旅館など一般的な宿泊施設を利用するよりも安く済むことや、インターネットの普及、シェアリングエコノミー型サービスの流行などを理由に、世界各国の観光客が旅行時に「民泊」を活用するケースが増えています。日本においても近年、訪日外国人観光客数が異例のペースで増え続けていることを背景に、民泊に対する法規制の緩和が進んでおり、民泊が普及し始めています。そんな日本における民泊市場。日本の首都「東京」において民泊市場は、どのような動向をたどっているのでしょうか?民泊分析ツールのmister sui...

大阪 訪日客の5人に1人が民泊を利用、ホテルに次ぐ利用率と明らかに 大阪観光局の調査で

国際的に人気を博している民泊。現在、日本では解禁に向けた議論が進められている最中ですが、早くも民泊需要が高まりを見せているようです。「国家戦略特区」制度を活用した「特区民泊」を行っている大阪府の大阪観光局が平成29年(2017年)3月28日、関西国際空港で訪日外国人観光客を対象とする調査結果を発表。 訪日外国人観光客の約2割が宿泊施設として民泊を利用 していたことが分かりました。今回は、この大阪観光局による「関西国際空港 外国人動向調査結果」をご紹介します。<関連> 目次「関西国際空港 外...

訪日ラボ セミナー紹介&最新版インバウンド情報まとめ

訪日ラボおすすめのセミナーや記事をご紹介します。

訪日ラボ トレンドLIVE! Vol.2 〜見逃せないインバウンドの最新情報をお届け〜


初回から人気を博した「訪日ラボ トレンドLIVE!」シリーズの第二弾を開催!

TVや新聞などでも日々取り上げられているインバウンドの動向ですが、業界が盛り上がるにつれて情報把握が難しくなっています。

「訪日ラボ トレンドLIVE!」では、訪日ラボとして取材や情報収集を行っている中で、これこそは把握しておきたいという情報をまとめてお伝えしています。

今回も、インバウンド業界最大級メディア「訪日ラボ」副編集長が、今月6月のインバウンドトレンド情報や、独自の取材で気づいたことについてお話ししていきますので、ご興味のある方はぜひご覧ください。

<本セミナーのポイント>

  • 毎月インバウンドの最新動向がわかる!
  • インバウンド業界最大級メディア「訪日ラボ」を運営する副編集長 石橋が登壇!
  • 30分間でサクッと学べる!

詳しくはこちらをご覧ください。
訪日ラボ トレンドLIVE! Vol.2 〜見逃せないインバウンドの最新情報をお届け〜

【インバウンド情報まとめ 2024年6月前編】日中韓サミット開催、2025〜26年が「日中韓文化交流年」に 他


訪日ラボを運営する株式会社movでは、観光業界やインバウンドの動向をまとめたレポート【インバウンド情報まとめ】を毎月発行しています。

この記事では、2024年6月前半版レポートから、5月後半~6月前半のインバウンド最新ニュースを厳選してお届けします。

最新情報の把握やマーケティングのヒントに、本レポートをぜひご活用ください!

本レポートの内容は、原則当時の情報です。最新情報とは異なる場合もございますので、ご了承ください。

最新情報の把握やマーケティングのヒントに、本レポートをぜひご活用ください。

口コミアカデミーにご登録いただくと、レポートの全容を無料にてご覧いただけます。

詳しくはこちらをご覧ください。

日中韓サミット開催、2025〜26年が「日中韓文化交流年」に / 4月外国人宿泊数は1,315万人泊、国籍別「台湾」が1位に【インバウンドまとめ 2024年6月前編】

今こそインバウンドを基礎から学び直す!ここでしか読めない「インバウンドの教科書」

スマホ最適化で、通勤途中や仕込みの合間など、いつでもどこでも完全無料で学べるオンラインスクール「口コミアカデミー」では、訪日ラボがまとめた「インバウンドの教科書」を公開しています。

「インバウンドの教科書」では、国別・都道府県別のデータや、インバウンドの基礎を学びなおせる充実のカリキュラムを用意しています!その他、インバウンド対策で欠かせない中国最大の口コミサイト「大衆点評」の徹底解説や、近年注目をあつめる「Google Map」を活用した集客方法など専門家の監修つきの信頼性の高い役立つコンテンツが盛りだくさん!

→ 【無料】「インバウンドの教科書」を見てみる

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客インバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!

プロモーションのご相談や店舗の集客力アップに