東京の民泊全13,000件を分析調査 4件に1件が新宿にあり、土日に稼働率が上がる傾向

東京の民泊全13,000件を分析調査 4件に1件が新宿にあり、土日に稼働率が上がる傾向

ホテルや旅館など一般的な宿泊施設を利用するよりも安く済むことや、インターネットの普及、シェアリングエコノミー型サービスの流行などを理由に、世界各国の観光客が旅行時に「民泊」を活用するケースが増えています。

日本においても近年、訪日外国人観光客数が異例のペースで増え続けていることを背景に、民泊に対する法規制の緩和が進んでおり、民泊が普及し始めています。

そんな日本における民泊市場。日本の首都「東京」において民泊市場は、どのような動向をたどっているのでしょうか?民泊分析ツールのmister suite labを活用して紐解いていきましょう。

<関連記事>

Favicon訪日ラボ

 

解禁か?規制か?評価が分かれる民泊新法・改正旅館業法、閣議決定:年間180日まで営業可能に規制緩和の一方違法民泊には罰金100万円

政府は3月10日、「住宅宿泊事業法案(通称:民泊新法)」を閣議決定しました。民泊新法は、訪日外国人観光客などに有料で自宅の飽き部屋や、所有するマンションの1室を有料で貸し出す「民泊」サービスに対するルールを定めたものです。3月10日「民泊新法」、3月7日「改正旅館業法」閣議決定先日3月10日、政府は民泊新法(正式名称:住宅宿泊事業法案)を閣議決定しました。民泊新法は、現状民泊を想定したルールが無いこと、そして日本でもインバウンド需要の高まりによって民泊サービスが急速に普及してい...

Favicon訪日ラボ

 

ホテル不足が問題化していた福岡市で民泊解禁! 近隣住民とのトラブル回避対策は?

福岡県福岡市で平成28年(2016年)12月1日、改正旅館業法施行条例が施行され、民泊が解禁されました。早くも営業許可の申請を行う事業者が現れています。北九州に位置する福岡県は、韓国をはじめとするアジア圏からの訪日外国人観光客に人気のある地域です。そのため、宿泊施設は申告な部屋不足に陥っており、そこに目をつけて違法な民泊サービスが横行。10月には、営業許可を取らずに運営されている物件が約1,500件あると報道されています。東京都、大阪府、京都府に次ぐ4番目の多さであり、これを背景に福岡...

 

[基本情報]総民泊物件数は13,605件!東京では1ホストが平均2件の民泊物件を所有

mister suite labによると、東京都では13,605件の民泊物件数が確認できます。ホスト数は、6,249人。ここから、東京に至っては1人のホストが2件以上民泊物件を保有していることがわかります。

 

[民泊物件情報]アパート&貸し切りタイプが大半:1人用民泊物件にニーズあり?



民泊物件 種類:民泊分析ツールmister suite labより
民泊物件 種類:民泊分析ツールmister suite labより

部屋タイプ別にみていくと、東京都では民泊物件の75%以上がアパートであることがわかります。その次に多いのが一軒家となっており、B&B(*)はほとんど確認できません。

東京では地価が高いことから、民泊ビジネスを行う際、そのほとんどがアパートを活用したものであることがわかります。

部屋タイプ別にみていくと、75%以上が貸し切り部屋となっており、残りの15%弱をシェアルーム(共同部屋)と個室(物件の一室のみを貸し出し)で分ける結果となっています。収容人数は、比較的分散されており、2人部屋、3人部屋、4人部屋、6人以上向けの部屋が多い様子。

逆に1人用の民泊物件は数が圧倒的に少なく、訪日外国人観光客におけるFIT(*)の増加という背景を加味すると、大きなニーズが眠っているかもしれません。

*B&B:宿泊と朝食の提供を料金に含み、比較的低価格で利用できる宿泊施設

*FIT:団体旅行やパッケージツアーを利用することなく個人で行く海外旅行のこと

<関連記事>

Favicon訪日ラボ

 

FITの増加から地方空港のインバウンド対策が進む:HIS 仙台空港にインバウンド向け施設開業&政府からも支援

中国や東南アジア諸国などを対象にしたビザの条件緩和や、格安航空会社(LCC)の普及、また円安が進んだことなどを理由に、近年、訪日外国人観光客の数が増え続けています。このような背景を受け、政府は今年、訪日外国人観光客数を2020年に4,000万人とする新たな目標を発表しています。航空路線の拡大やクルーズ船の寄航増加などもあり、2016年度も1月から8月までの期間で、訪日外国人観光客数は初めて1,600万人を超えるなど、訪日外国人観光客数は引き続き好調に伸びています。そんな追い風を受け...

Favicon訪日ラボ

 

FITと企業・団体をマッチング:訪日客向け観光モデルコース情報サイトTaiken Japan - Suggested Itineraries - とは?

今年の訪日外国人観光客数は、10月末で2,000万人を突破し、これからも訪日外国人観光客数は増加が見込まれています。そのため、国内の企業・自治体では「インバウンド誘致」はホットなキーワードとなっています。今回は、インバウンド誘致を検討している企業・自治体と訪日外国人観光客をマッチングするサイトをご紹介します。 TaikenJapanとは?FITと企業・団体をマッチング訪日客に観光コースを紹介「TaikenJapan-SuggestedItineraries...

 

[地域別物件数]新宿区では約3,000件の民泊物件を記録!3位にはインバウンドに人気の観光スポットが多い台東区が!



地域別物件数:民泊分析ツールmister suite labより
地域別物件数:民泊分析ツールmister suite labより

mister suite labによると、東京都でもっとも民泊物件数が多いのが新宿区。総物件数は2,933件です。交通の便の良さが理由の1つの予測できます。

2位には渋谷区がランクイン。計1,891件の民泊物件数を誇ります。新宿区と同様、観光時のアクセスの良さが理由の一部と考えられます。

浅草寺、雷門、アメ横、上野公園、東京国立博物館など訪日外国人観光客に人気のスポットを多く抱える台東区が3位に。民泊物件数は、1,080件です。

4位には、港区(1,067件)。5位には豊島区と(977件)と続きます。右記の図でも確認できるように、インバウンドに人気のスポットを多く抱える新宿区・渋谷区・港区を中心として民泊物件が集中しており、東京西部・東部においては、民泊物件数は少なくなっています。

 

[稼働率]平均稼働率は72%:土日は平日に比べ稼働率高め



東京都 民泊物件稼働率:民泊分析ツールmister suite lab
東京都 民泊物件稼働率:民泊分析ツールmister suite lab

mister suite labによると、東京都における民泊物件の稼働率は71.89%となっており、同じくインバウンドに人気の観光地である大阪(68.82%)、京都(71.86%)と比べると少し高めの数値に。

mister suite labでは、都道府県・市区町村別の民泊物件の稼働率を日付ごとに確認することができます2017年2月1日から2017年4月29日までの稼働率を確認してみると、

1名から2名向けの民泊物件の稼働率は、最低で45.7%、最高で77.84%。

3名から4名向けの民泊物件の稼働率は、最低で44.73%、最高で84.94%。

5名以上向けの民泊物件の稼働率は最低で42.45%、最高で84.09%となっています。

いわゆる花見シーズンでは、どのタイプの物件でも稼働率が上がっており、土日は平日に比べ、稼働率が高い傾向があります。

<関連記事>

Favicon訪日ラボ

 

稼働率平均88%!民泊運営に関するトータルサポートがウリ:民泊運用代行サービス MOTENASHIのサービス内容をご紹介

法規制の緩和やインバウンド向け宿泊施設の不足、比較的手軽に始めることができるという特性を背景に、Airbnb(エアビーアンドビー)など「民泊ビジネス」が日本でも急速に広まりつつあります。「民泊ビジネス」とは、一軒家やマンション、オフィスなどの空室を民泊用の宿泊施設として貸し出し、収入を得るビジネス形態を指します。しかし、民泊ビジネスを検討している国内の不動産や一般人にとって、空き室を所有していても、ノウハウがない限り、それらを宿泊施設として貸し出すのは難しいことです。こうした背...

Favicon訪日ラボ

 

ラブホテルは訪日客の宿泊施設不足の救世主!?:大阪の宿泊施設の41%がラブホテル 政府も改装支援方針決定

先日7月29日に観光庁より宿泊旅行統計調査の5月の第2次速報および6月の第1次速報が発表されました。観光庁によれば、6月の全体の延べ宿泊者数は3,771万人泊で、前年同月比+0.7%、外国人延べ宿泊者数は、前年比+13.1%とのこと。そこで問題に上がってきているのが宿泊施設不足です。2020年の東京オリンピック・パラリンピックの開催時には、およそ1万室以上の客室不足が懸念されています。その解決策として注目されているのが「ラブホテル(レジャーホテル)」。先月6月11日に、政府がラブホ...

Favicon訪日ラボ

 

コト消費への移行を背景に注目を集める宿坊:積水ハウス、大阪市天王寺区に宿坊をテーマにしたインバウンド向け宿泊施設を建設へ

2020年の東京オリンピックに向け、政府は観光ビジョンの中で、訪日外国人観光客数の目標を、以前の2,000万人から4,000万人まで引き上げました。このような状況の中、国内外の企業、または自治体からも注目を集め始めている日本のインバウンド誘致。近年、日本国内では官民一体となって、訪日外国人観光客の受け入れ環境の整備が実施されていますが、未だにインバウンド受け入れには課題も多いのが事実。その課題の中で頻繁に取り上げられるのが、インバウンド向けの「宿泊施設不足」です。 大阪...

 

[平均価格]平均価格は8,738円:イベント、曜日により変動



東京における民泊平均価格:民泊分析ツールmister suite lab
東京における民泊平均価格:民泊分析ツールmister suite lab

mister suite labによると、東京都で民泊物件に宿泊する際の平均価格は8,738円となっています。

mister suite labでは、都道府県・市区町村別の民泊物件の平均価格を日付ごとに確認することができます。2017年2月1日から2017年4月29日までの平均価格を確認してみると、

1名から2名向けの民泊物件の平均価格は、最低で5,891円、最高で7,477円。

3名から4名向けの民泊物件の平均価格は、最低で9,656円、最高で12,740円。

5名以上向けの民泊物件の平均は、最低で11,910円、最高で17,897円となっており、土日は平日に比べ、宿泊費が高い傾向があります。

 

まとめ:東京においては宿泊者人数&日付を考慮した民泊運用を!民泊の市場分析にはmister suite lab活用が有効

今回は、民泊分析ツールのmister suite labを活用して、東京都における民泊市場の概要をご紹介してきました。

東京の総民泊物件数は13,605件となっており、新宿区・渋谷区・台東区の順で民泊物件数が多い結果になっています。

東京の民泊物件の平均稼働率は71.89%、平均価格は8,738円となっており、3人以上の宿泊者向けの民泊物件に比べ、1人用の民泊物件数が少ないことがわかります。また、土日やイベント開催時には、並行して稼働率・宿泊価格が上がります。

民泊分析ツールのmister suite labを活用することにより、民泊市場におけるニーズを浮き彫りにすることができます。

<関連記事>

Favicon訪日ラボ

 

民泊TOP10はどこだ?東京、大阪、京都に続く4位は意外にも沖縄:民泊分析ツールmister suite labで見る都道府県別民泊物件数ランキング

一般的な宿泊施設を利用するよりも低コストであることや、シェアリングエコノミー型サービスの流行などを理由に、旅行時に民泊サービスを利用する観光客が世界的に増えています。日本においても近年、法規制の緩和が進んだことで民泊は人気になりつつあります。2016年12月29日にAirstairが発表した「東京民泊マーケット市場レポート2016」によると、東京における民泊物件数は、前年140%増(2.4倍)を記録。民泊市場は年々巨大なマーケットになっています。そんな日本における民泊市場。民泊物件数は...

Favicon訪日ラボ

 

【民泊】山形はたった10件 インバウンドの地方誘致が始まった今こそ新規参入のチャンス!?民泊物件数全国ワースト10まとめ

2016年12月29日に民泊専門メディアのAirstairが発表した「東京民泊マーケット市場レポート2016」によると、東京における民泊物件数は、前年の2.4倍を記録しており、民泊市場は大きなマーケットになっていることがわかります。そんな日本における民泊市場。先日民泊物件数が多い都道府県ベスト10をご紹介しましたが、逆に民泊物件数がもっとも少ない都道府県はどこなのでしょうか?mistersuitelabを活用して、都道府県別の民泊物件数ワースト10を確認してみましょう。[blogcard...

Favicon訪日ラボ

 

【民泊】わずか1年で民泊物件数140%増!2020年には2,000億円市場に 課題は稼働率・収益率か:東京民泊マーケット市場レポート 2016まとめ

訪日外国人観光客数が初めて2,000万人を突破し、2016年はインバウンド業界にとって記念すべき年になりました。訪日外国人観光客数が異例のペースで増えている中、国内ではインバウンド向け宿泊施設の不足が問題となっていますが、Airbnbやagoda、HomeAwayなど民泊サービスの普及により、改善の兆しが見えてきています。2016年12月29日、民泊専門メディアのAirstairは、東京の民泊市場の最新動向「東京民泊マーケット市場レポート2016」を発表。国内でホットなキーワ...

<参照>

mister suite lab (ミスタースイート)

 

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!