民泊の"ねじれ"を突く 弁護士マンションオーナー、民泊規制をめぐり江東区と大阪市を提訴…民泊新法への影響は?

マンションや空き部屋を訪日外国人観光客などに貸し出す「民泊」。その法的規制をめぐって、東京都の弁護士 石原一樹氏が3月9日に大阪市を相手取り提訴を起こしました。石原氏は、12月6日に東京都江東区を同様の案件で提訴しており、民泊新法の成立間際に波紋が広まります。

Favicon訪日ラボ

 

四国地方の広域観光周遊ルートの特徴:お遍路文化などを観光資源に、根強い人気の獲得を目指す

インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに訪日外国人に関するニュースやデータを毎日配信するインバウンドビジネスの総合メディアです。

これまでの民泊はグレーゾーンだった

昨年より議論が活発化し、今期国会に提出された「民泊新法(住宅宿泊事業法)」。今まで宿泊関連のルールを定めていた旅館業法は、現在のいわゆる「民泊」の形式を想定していなかったために、民泊新法の議論が活発化するまでは、民泊は謂わばグレーゾーンの状態になっていました。

Favicon訪日ラボ

 

解禁に乗り出す民泊新法案がいよいよ国会提出 その一方で、ヤミ民泊が横行しているという調査結果も

インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに訪日外国人に関するニュースやデータを毎日配信するインバウンドビジネスの総合メディアです。

民泊特区制度:特例的に旅館業法の適用を受けずに民泊を営業できる制度

業として「民泊」をするのであれば、旅館業法に適法なかたちでの営業をしなければならないものの、その規制は民泊の実務に合っていないものでした。そこで政府は2016年1月に東京都大田区で、4月には大阪府で「民泊特区制度」を開始します。

Favicon訪日ラボ

 

あまりの人気ぶりに新語「爆花見」も誕生! 訪日外国人観光客が桜の開花シーズンに日本にやってくる理由

インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに訪日外国人に関するニュースやデータを毎日配信するインバウンドビジネスの総合メディアです。

しかしながら、この民泊特区制度は、滞在期間が6泊7日以上という制限があり、それよりも少ない宿泊の多い民泊においては、ほとんど活用がなされず、大田区でも大阪府でも認定件数は極わずかなものでした。そこで、民泊特区制度の活用促進のため、2016年10月に、最低宿泊日数が6泊7日から2泊3日以上に緩和されました。

 

東京都の弁護士、民泊規制をめぐり大阪市・東京都江東区を提訴

今年3月9日、東京都の石原一樹弁護士が、民泊規制をめぐり大阪市を提訴しました。訴訟は、民泊をするにあたって、旅館業法に基づき大阪市長の許可を受ける義務がないことを確認するものです。石原氏は、昨年12月6日にも東京都江東区を相手取り、同様の提訴をしています。

民泊に関する規制の合理性に疑問

石原氏は、大阪市、および東京都江東区にて所有するマンションで民泊を行う予定でした。その準備にあたり、民泊に関連する法律・制度を調べるうちに、旅館業法による規制を受けることに関して合理性に疑問をいだき、提訴に乗り出しました。

旅館業法が制定された当時は、公衆衛生の安全面について厳しい規制をする必要があったものの、現在の状況においては、一般の住宅にも浴槽や水洗トイレが普及しており、同法が目的とする公衆衛生は一般住宅でも確保できていると指摘。さらに、旅館業法は「ホテル営業」「旅館営業」「簡易宿所営業」「下宿営業」の4業態が規制の対象となっていますが、この内の「簡易宿所営業」として民泊を規制するのは拡大解釈だとしています。

原告代理人の藤原大輔弁護士は、江東区での訴訟の際に

「民泊だけでなく、規制をかける行政に対して、本当に『そういう法律でいいのか』『そういう法律の解釈でいいのか」と、全般的に問うことになる」「規制立法のあり方や、解釈の見直しのきっかけになれば」と今回の訴訟の意義を語っていた。―弁護士ドットコムNEWS「「規制が適用されない民泊があるのではないか」弁護士が確認求めて提訴…全国初」より引用
とコメントしています。

まとめ:民泊新法施行までの民泊のあり方が変わるかも?

訪日ラボでも以前取り上げたように、民泊新法が先日3月10日に閣議決定され、今期国会での成立を目指しています。早ければ来年2018年1月に施行される見通しですが、逆に言えばそれまでの間は「今の制度の民泊」が続くとも言えます。

Favicon訪日ラボ

 

解禁か?規制か?評価が分かれる民泊新法・改正旅館業法、閣議決定:年間180日まで営業可能に規制緩和の一方違法民泊には罰金100万円

インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに訪日外国人に関するニュースやデータを毎日配信するインバウンドビジネスの総合メディアです。

その状況のなかで、今回ご紹介した提訴は、民泊のあり方について問うものであり、その動向が注目されます。また、民泊に限らず、現在インバウンド市場の拡大により、日本の制度や法律、体制が大きく変わろうとしています。「観光立国」を目指すなかで、あらゆる場面で民泊のような"ねじれ"が発生しうるものと思われ、そういった意味でも、今回の訴訟や民泊新法の動向については要注目です。

<参照>

 

役にたったら
いいね!してください

関連インバウンド記事

解禁に向かう民泊、しかし自治体は独自規制を強化!?…何故自治体は民泊に消極的なのか、民泊のメリット・デメリットを比較しながら考察

訪日ラボ編集部  

解禁か?規制か?評価が分かれる民泊新法・改正旅館業法、閣議決定:年間180日まで営業可能に規制緩和の一方違法民泊には罰金100万円

訪日ラボ編集部  

10分で理解する民泊サービス その実態とは?背景や法的要件、課題などを解説

訪日ラボ編集部  

民泊は取り締まりの対象!? グレーゾーンから違法との見方が強くなった「闇民泊」について解説

訪日ラボ編集部  

【10/23〜10/29】先週の気になるインバウンドニュースまとめ:大手各社がSIMカードや古民家利用などで次々とインバウンド市場に参入、政府も低金利融資で宿泊施設不足解消支援など5選

訪日ラボ編集部  

インバウンド担当者なら知らなきゃマズイ!観光立国推進基本計画が閣議決定 その改定内容を解説

訪日ラボ編集部  

もうすぐインバウンド関連業界の激変期がやってくる…民泊解禁とともに変わろうとしている旅行業法、旅館業法 更に通訳案内士、ランドオペレーターでも法改正

訪日ラボ編集部  

【11/13〜11/19】先週の気になるインバウンドニュースまとめ:2016年訪日外客数は2400万人と観光庁コメント インバウンドは終わった?それとも終わっていない?など5選

訪日ラボ編集部  

解禁に乗り出す民泊新法案がいよいよ国会提出 その一方で、ヤミ民泊が横行しているという調査結果も

訪日ラボ編集部  

今年はどんな1年に? 観光庁長官が年頭所感で明らかにした「2017年のインバウンド業界で起こること」

訪日ラボ編集部  
訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!