民泊TOP10はどこだ?東京、大阪、京都に続く4位は意外にも沖縄:民泊分析ツールmister suite labで見る都道府県別民泊物件数ランキング

民泊TOP10はどこだ?東京、大阪、京都に続く4位は意外にも沖縄:民泊分析ツールmister suite labで見る都道府県別民泊物件数ランキング

ホテルや旅館など一般的な宿泊施設を利用するよりも安価であることや、インターネットの普及、シェアリングエコノミー型サービスの流行などを理由に、旅行時に「民泊」を活用する観光客が世界的に増えています。

日本においても近年、法規制の緩和が進んだことで民泊の普及が進んでいます。

2016年12月29日に民泊専門メディアのAirstairが発表した「東京民泊マーケット市場レポート2016」によると、東京における民泊物件数は、前年140%増(2.4倍)を記録しており、民泊市場が巨大なマーケットになっていることが把握できます。

Favicon訪日ラボ

 

【民泊】わずか1年で民泊物件数140%増!2020年には2,000億円市場に 課題は稼働率・収益率か:東京民泊マーケット市場レポート 2016まとめ

インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに訪日外国人に関するニュースやデータを毎日配信するインバウンドビジネスの総合メディアです。

そんな日本における民泊市場。民泊物件数はどこの都道府県に集中しているのでしょうか?mister suite labを活用して、日本全国の民泊物件数ベスト10を見ていきましょう。

 

[第1位]東京都 民泊物件数:13,447件



東京都 民泊物件数:mister suite labより
東京都 民泊物件数:mister suite labより

東京都の総民泊物件数は、13,447件。全国で最も多い数になっています。新宿・渋谷・池袋を中心に民泊物件が集中しています。

稼働率(*)は、72.04%、平均価格は8,770円です。

*空き室ではなく民泊として実際に利用されている部屋のパーセンテージ

 

[第2位]大阪府 民泊物件数:10,237件



大阪府 民泊物件数:mister suite labより
大阪府 民泊物件数:mister suite labより

大阪府の総民泊物件数は、10,237件。全国で2番目に多い数になっています。難波・道頓堀エリアを中心に民泊物件が集中しています。

稼働率は、66.77%、平均価格は7,798円です。

 

[第3位]京都府 民泊物件数:4,021件



京都府 民泊物件数:mister suite labより
京都府 民泊物件数:mister suite labより

京都府の総民泊物件数は、10,237件。全国で3番目に多い数になっています。

稼働率は、65.35%、平均価格は10,403円です。

 

[第4位]沖縄県 民泊物件数:1,702件



沖縄県 民泊物件数:mister suite labより
沖縄県 民泊物件数:mister suite labより

沖縄県の総民泊物件数は、1,702件。宜野湾市から那覇市までに民泊物件が集中しています。

稼働率は、68.64%、平均価格は10,270円。

 

[第5位]北海道 民泊物件数:1,446件



北海道 民泊物件数:mister suite labより
北海道 民泊物件数:mister suite labより

北海道の総民泊物件数は、1,446件。もっとも大きな都市である札幌市、スキー・スノボなどスポーツツーリズムで有名なニセコ町付近に民泊物件が集中しています。

稼働率は、68.64%、平均価格は10,270円。

 

[第6位]福岡県 民泊物件数:1,441件



福岡県 民泊物件数:mister suite labより
福岡県 民泊物件数:mister suite labより

福岡県の総民泊物件数は、1,441件。福岡区や北九州市に民泊物件が集中しています。

稼働率は、74%、平均価格は5,504円。他エリアと比べて民泊時の宿泊費が安いのが特徴です。

 

[第7位]神奈川県 民泊物件数:918件



神奈川県 民泊物件数:mister suite labより
神奈川県 民泊物件数:mister suite labより

神奈川県の総民泊物件数は、918件。横浜市、箱根町、鎌倉市に民泊物件が集中しています。

稼働率は、66.97%、平均価格は8,756円。

 

[第8位]長野県 民泊物件数:619件



長野県 民泊物件数:mister suite labより
長野県 民泊物件数:mister suite labより

長野県の総民泊物件数は、619件。スキー・スノボなどウィンタースポーツで有名な白馬村、リゾート地として人気のある軽井沢などに民泊物件が集中しています。

稼働率は、56.76%、平均価格は18,626円。他エリアと比べてダントツで高い宿泊費が特徴です。

 

[第9位]愛知県 民泊物件数:469件



愛知県 民泊物件数:mister suite labより
愛知県 民泊物件数:mister suite labより

愛知県の総民泊物件数は、469件。名古屋市にほとんどの民泊物件が集中しています。

稼働率は、93.28%、平均価格は5,626円。稼働率が圧倒的に高く、宿泊費が比較的安いのが特徴です。

 

[第10位]千葉県 民泊物件数:464件



千葉県 民泊物件数:mister suite labより
千葉県 民泊物件数:mister suite labより

千葉県の総民泊物件数は464件。東京ディズニーランドから近い浦安市、成田空港の位置する成田市に加え、松戸市、船橋市などに民泊物件が集中しています。

稼働率は、65.85%、平均価格は7,860円。

 

まとめ:mister suite lab活用で民泊市場におけるニーズがまるわかりに!

今回は、民泊分析ツールのmister suite labを活用して、民泊物件数の多い都道府県をご紹介してきました。

ベスト3には、インバウンドに人気の観光スポットである東京都、大阪府、京都府がランクイン。他には、北海道や、沖縄県などスポーツツーリズムや有名リゾート地として知られるエリアもランクインしています。

稼働率、平均価格など他の項目に目を移すと、愛知県では、90%以上の稼働率を記録していることから民泊物件の不足が予想されます。また、軽井沢では平均価格が約18,000円となっており、富裕層のインバウンドに人気のエリアになっていることが把握できます。

民泊分析ツールのmister suite labを活用することにより、民泊市場におけるニーズを浮き彫りにすることができます。

<参照>

mister suite lab (ミスタースイート)

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!