外客数前年比73%増の県も 中部地方、インバウンド市場堅調に推移 MURCの外客数・消費額など調査で判明

外客数前年比73%増の県も 中部地方、インバウンド市場堅調に推移 MURCの外客数・消費額など調査で判明

2016年のインバウンド市場は、日本全国の訪日外客数は前年比21.8%増の2403万9千人インバウンド消費額は前年比7.8%増加の3兆7,476億円、1人当たり旅行支出は前年比11.5%減の15.6万円となっています。

Favicon訪日ラボ

 

【速報】2016年のインバウンドは過去最高の2403.9万人!

インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに訪日外国人に関するニュースやデータを毎日配信するインバウンドビジネスの総合メディアです。

Favicon訪日ラボ

 

【速報】2016年インバウンド消費 3兆7,476億円で前年7.8%増:中華圏シェア率若干減、1人あたり消費額減に対し訪日数増が下支え

インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに訪日外国人に関するニュースやデータを毎日配信するインバウンドビジネスの総合メディアです。

訪日外客数は伸び傾向ながら、インバウンドの消費額の伸びは鈍化しています。そんな中、中部圏に関しては訪日外国人数が増加しており、インバウンド消費は堅調に推移しています。この中部圏のインバウンド消費について、三菱UFJリサーチ&コンサルティングの調査から内容を探ってみましょう。

2016年の中部圏のインバウンド消費・宿泊などの動向

中部圏インバウンド動向:訪日外客数



中部圏インバウンド:訪日外客数の動向 出所:三菱UFJリサーチ&コンサルティング
中部圏インバウンド:訪日外客数の動向 出所:三菱UFJリサーチ&コンサルティング

2016年に中部圏を訪れた訪日外国人数は363.0万人で、前年比の伸び率は+23.3%。関西と比較して伸び率は低いものの、全国、関東と比較すると高い伸びを記録しています。県別では、愛知県が+17.6%の228.3万人、岐阜県が+36.7%の68.4万人、三重県が+73.0%の18.0万人、静岡県が+22.8%の130.3万人、福井県が+66.7%の4.3万人と推計されています。上記のように2016年の中部圏の訪日外国人数は全県で増加しています。

中部圏インバウンド動向:インバウンド宿泊



中部圏インバウンド:インバウンド宿泊の動向 出所:三菱UFJリサーチ&コンサルティング
中部圏インバウンド:インバウンド宿泊の動向 出所:三菱UFJリサーチ&コンサルティング

宿泊者数を見ると中部圏における外国人の延べ宿泊者は増加傾向で、2015年に大きな伸びを見せていることがわかります。2011年に大きな落ち込みがあったものの、愛知県、岐阜県は全国平均と呼応する形で大きな伸びを見せた一方、静岡県は平均同様の伸びを見せています。訪日目的別にみた場合、観光・レジャー目的で訪れた外国人の割合が、2013年以降全国的に高まっています。

中部圏インバウンド動向:観光目的での来訪者割合



中部圏インバウンド動向:観光目的での来訪者割合
中部圏インバウンド動向:観光目的での来訪者割合  出所:三菱UFJリサーチ&コンサルティング

また2014年以降は中部圏を訪れる人の中で観光目的で訪れる訪日外国人の割合が全国平均を上回るようになっており、大きく全国平均を上回る関西圏と共に全国水準を上回っています。県別では岐阜県が観光・レジャー目的での来訪者が多く、2016年にはその割合は88.3%に達しています。愛知県と静岡県では2013年までは50%を下回っていましたが、2014年以降は観光・レジャー目的の比率が高まり、2016年に愛知県では72.7%と全国の水準に並び、静岡県は76.7%と全国の水準を上回っています。

中部圏インバウンド動向:インバウンド消費額



中部圏インバウンド動向:インバウンド消費額
中部圏インバウンド動向:インバウンド消費額(全国) 出所:三菱UFJリサーチ&コンサルティング

2016年の全国のインバウンド消費額は前年比で+7.8%であったものの、2015年の+71.5%に比べて大幅に鈍感した。中部圏のインバウンド消費額は前年比+16.5%で、前年に比べて伸び率は鈍化したものの、2桁台の成長を続けています。

中部圏インバウンド動向:インバウンド消費額(中部 県別) 出所:三菱UFJリサーチ&コンサルティング
中部圏インバウンド動向:インバウンド消費額(県別) 出所:三菱UFJリサーチ&コンサルティング

2016年に中部圏を訪問した外国人によるインバウンド消費額を県別に見ると、愛知県は前年比+16.3%の1,298.4億円、岐阜県が+22.9%の197.7億円、三重県が+42.5%の70.6億円、静岡県が+9.5%の451.0億円、福井県が+66.9%の27.8億円と推計されます。

中部圏では訪日外国人数の伸びに伴い、消費額も5県全てで増加している事が伺えます。中部圏においては観光・レジャー目的で訪れた訪日外国人が増加しており、これに従いインバウンド消費額も堅調に増加の傾向があります。

中部圏インバウンド動向:1人あたりインバウンド消費額



中部圏インバウンド動向:1人あたりインバウンド消費額(全国) 出所:三菱UFJリサーチ&コンサルティング
中部圏インバウンド動向:1人あたりインバウンド消費額(全国) 出所:三菱UFJリサーチ&コンサルティング

インバウンド消費額を訪日外国人数で割った一人あたりインバウンド消費額(消費単価)については、全国及び関東では2012年以来増加傾向にありましたが、2016年に初めて減少に転じています。

中部圏インバウンド動向:1人あたりインバウンド消費額(県別) 出所:三菱UFJリサーチ&コンサルティング
中部圏インバウンド動向:1人あたりインバウンド消費額(県別) 出所:三菱UFJリサーチ&コンサルティング

関西については2014年に前年を下回り、その後は横ばいで推移しています。中部圏については2013年をピークに減少傾向が続いており、県別で見ても減少傾向にあり、訪日外国人の平均宿泊数が全国平均、関東よりも低いことから、滞在期間中の消費額も少ない傾向にあるという事がわかります。

2017年のインバウンド見通し

三菱UFJリサーチ&コンサルティングの予想では今後も訪日外国人は増加傾向で推移するとしています。中部圏の訪日外国人数伸び率については2016年よりも鈍化 するものの、 前年比+11.6%と増加が続き、405万人が訪れる と試算しています

訪日外国人の興味・関心がショッピング中心のモノ消費から体験中心のコト消費に移りつつある中、関東以外の地方にも徐々に訪れる傾向が見られ、こうした傾向は今後も続くという予想となっています。また全国区で大きな話題となった訪日中国人による爆買いに関しても、中部圏は関東や関西に比べてそれほど顕著でなかったことから「爆買いの減速」による影響も中部圏では限定的であると考えられています。

<参考>

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!