5万人以上を動員 豪州・シドニーで開催 日本企業も多数参戦する日本好きオーストラリア人のためのイベント「Matsuri-Japan Festival-」とは?【現地レポート】

5万人以上を動員 豪州・シドニーで開催 日本企業も多数参戦する日本好きオーストラリア人のためのイベント「Matsuri-Japan Festival-」とは?【現地レポート】

日本に興味がある、または日本が好きなオーストラリア人が集まるイベント、Matsuri-Japan Festival-がオーストラリア・シドニーで2017年12月9日に開催されました。

このイベントは日本文化の紹介と日豪両国民の親睦と交流を図る参加型イベントとして、毎年開催されています。2006年に始まったMatsuri-Japan Festival-ですが、年々来場者が増えており、今年は2016年の来場者3万人を大きく上回る、5万5千人を動員しました。

イベントの様子や出店していた企業・自治体についてレポートします。

まずは知ってもらう!旅マエに有効なインバウンド集客の資料を無料でダウンロードする

日本の全国各地の企業や自治体など46団体が出展 観光や日本文化をPR

Matsuri-Japan Festival-では日本食屋台をはじめ、ビールや日本酒の販売、生け花やお茶などのワークショップ、全国各地からの観光協会、航空会社や宿泊施設など、合計46団体が出展していました。

イベント当日は晴天に恵まれたこともあり、朝から多くの人が来場し賑わいを見せていました。

企業からの出展では各社の認知を広めるブランディング戦略が盛りだくさん

JAL

シドニーで開催「Matsuri-Japan Festival-」でのJALのブースの様子

シドニーで開催「Matsuri-Japan Festival-」でのJALのブースの様子

朝から常に行列で、賑わっていたJALブース。世界地図が的となり、大きさの違う的に向けて紙飛行機を飛ばすというゲームに来場者は釘付けです。紙飛行機が入るとエアクラフトなどの景品が当たります。

JALはオーストラリアでの知名度が高く、それもこの長蛇の列に一役買っているようでした。

シドニーで開催「Matsuri-Japan Festival-」でのJALのブースの様子

シドニーで開催「Matsuri-Japan Festival-」でのJALのブースの様子

シドニーで開催「Matsuri-Japan Festival-」でのJALのブースの様子

シドニーで開催「Matsuri-Japan Festival-」でのJALのブースの様子

狙いはインバウンドの地方誘致:JALとトリップアドバイザーが協業 海外に「知られざる日本の魅力」をPRするサイト「Untold Stories of Japan」を10月中旬に公開

日本航空(JAL)とトリップアドバイザーが協業し、訪日外国人観光客の国内旅行需要を喚起すると発表しました。今回の協業によって、海外に日本の魅力を広くアピールするウェブサイト「UntoldStoriesofJapan」を10月中旬に公開するとしています。航空会社と旅行の口コミサイトの協業にはどのような意味があるのでしょうか?訪日客の地方誘致に重要なのは、まず「知ってもらうこと」。効果的なインバウンドプロモーションについてより詳しい資料のダウンロードはこちらコト消費に...

ANA

シドニーで開催「Matsuri-Japan Festival-」でのANAのブースの様子

シドニーで開催「Matsuri-Japan Festival-」でのANAのブースの様子

ANAのフォトフレームを使った写真を、InstagramかFacebookにハッシュタグをつけて投稿すれば、もれなくエアクラフトが貰えるというプロモーションです。

シドニーで開催「Matsuri-Japan Festival-」でのANAのブースの様子

シドニーで開催「Matsuri-Japan Festival-」でのANAのブースの様子

日本では知名度の高いANAですが、オーストラリアでの知名度はまだまだのようで、知名度向上の目的で出展しているそうです。というのも、JAL(Japan Airlines)は名前にJapanが入っているため認知されやすいですが、ANA(All Nippon Airways)はNipponとなっているため、Nippon=Japanの認識が薄いようでした。

去年もこのイベントに参加したことがきっかけで、メールマガジンの登録者数が増え、出展での手ごたえを感じている様子でした。

また、今回は料理自慢が腕を競う人気番組「マスターシェフオーストラリア」2010年のチャンピオン、アダム・リアウ氏がシドニー~羽田間の機内食アンバサダーに就任したこともあり、そちらも併せてPRしていました。

ANAインバウンド拡大 LCCのPeach(ピーチ)を子会社化:アジア圏でのインバウンド向け航空事業をさらに拡大へ

平成29年(2017年)2月24日、ANAホールディングスが、LCC(格安航空会社)として知られるPeachAviation(ピーチ・アビエーション)の株式を取得し、子会社化することが発表されました。インバウンド需要の拡大を見越した動きで、2017年~2020年度にかけてPeachAviation(ピーチ・アビエーション)のさらなる事業拡大を目指すとしています。訪日外国人観光客の大部分を占めるPeachAviation(ピーチ・アビエーション)の買収は、観光関連業界にどのような影...

「地方にこそ活用してもらいたい」…インバウンドを一過性で終わらせない”しかけ”とは?全日空商事×デジタルガレージが手がける「訪日外国人向けプロモーションパッケージ」【インタビュー】

インバウンド業界のターニングポイントとなる2020年まであと2年を切りました。国内でのインバウンド熱も高まりつつあり、昨今さまざまなインバウンド向けサービス・ソリューションが登場しています。しかしながら、インバウンド担当者としては「何から始めたら良いの?」「何がインバウンドの正解なの?」という悩みがあるのが現況なのではないでしょうか。そのようなインバウンド担当者が抱える悩みを解決する手助けとなるのが、さまざまな訪日外国人との顧客接点を持つANAグループの全日空商事と、豊富なマーケテ...

町家レジデンスイン

シドニーで開催「Matsuri-Japan Festival-」での町家レジデンスインのブースの様子

シドニーで開催「Matsuri-Japan Festival-」での町家レジデンスインのブースの様子

京都を中心に大阪、金沢と合わせて約60軒の町家を宿泊施設として展開している町屋レジデンスイン。こちらでもゲームが開催されていました。

お手玉をくじの入った箱へめがけて投げ、お手玉が入ればくじを引けるというゲーム。当たりくじを引いた人は金沢や京都の町家に1泊宿泊できるそうです。

シドニーで開催「Matsuri-Japan Festival-」での町家レジデンスインのブースの様子

シドニーで開催「Matsuri-Japan Festival-」での町家レジデンスインのブースの様子

シドニーで開催「Matsuri-Japan Festival-」での町家レジデンスインのブースの様子

シドニーで開催「Matsuri-Japan Festival-」での町家レジデンスインのブースの様子

ゲームを通じて町家自体に興味を持ってもらい、京都金沢について知ってもらうことが狙いのようです。今年で3回目の出展でしたが、去年はゲームで当たった人が実際に宿泊しに来てくれたそうで、PRの効果が出ていると感じたそうです。

【その額なんと1兆円】京都市 観光消費・経済波及効果に関する最新調査を発表:やっぱり京都はすごかった…インバウンド満足度も驚異の98%という結果に

2017年12月15日、京都市産業観光局は「観光消費額に係る京都市域への経済波及効果等について」を発表しました。これは、2016年に観光産業によって産み出された消費額の京都市域への経済波及効果などをまとめたものです。多くの世界遺産や四季折々の豊かな自然など多くの観光資材をもつ京都には2016年、観光産業によってどれほどの経済効果がもたらされたのでしょうか。キーとなる数値をいくつかご紹介します。インバウンド市場や各国の訪日外国人に関する調査やもっと詳しいインバウンドデータ知るには?

知名度皆無も75%がリピーター!北陸地方は訪日客にとっての穴場スポット?アンケート調査を通じてわかった北陸地方の意外なインバウンド観光の実態

訪日外国人観光客に人気の旅行先は、以前であればゴールデンルートに偏っていましたが、最近では地方にもスポットライトが当たり始めています。観光庁が2017年6月30日にリリースした宿泊旅行統計調査によると、2017年4月に地方部に宿泊した訪日外国人観光客数は、一昨年・去年と比べてそれぞれ10.2%、17.2%と増えており、地方部を滞在先として選ぶ訪日外国人観光客が着実に増えていることがわかります。そのような状況の中、訪日外国人観光客は、何を目当てに地方を訪れているのでしょうか?日本政策...

日本の伝統文化をPRに盛り込んでいた各自治体の出展

伊賀上野観光協会

シドニーで開催「Matsuri-Japan Festival-」での伊賀上野観光協会のブースの様子

シドニーで開催「Matsuri-Japan Festival-」での伊賀上野観光協会のブースの様子

伊賀上野観光協会は、忍者という単語がオーストラリアでも有名なことを活かし、「伊賀忍者」の名前で出展していました。こちらも今年で3回目の出展で、紙の手裏剣体験や伊賀上野の特産品の一つ、組み紐などの販売をしていました。

意外と馬鹿にできない観光資源『忍者』 海外で「98.7%」が認知、「63.1%」は実在を信じていると調査で判明

忍者は海外でも「NINJA」で通じるほどにポピュラーな存在です。伊賀流忍者、甲賀流忍者は世界的にも知られており、伊賀市、甲賀市を訪れる訪日外国人観光客も少なくありません。そうした流れを受けて、日本忍者協議会(英語名:Japan Ninja Council)では忍者コンテンツに関する世界規模の調査『忍者グローバル調査』を実施。その結果を見ていきましょう。インバウンドに関するデータ・調査についてより詳しい資料のダウンロードはこちらインバウンドデータについてインバウンドに関する調査・リサーチにつ...

シドニーで開催「Matsuri-Japan Festival-」での伊賀上野観光協会のブースの様子

シドニーで開催「Matsuri-Japan Festival-」での伊賀上野観光協会のブースの様子

昨年話題となったアニメ映画「君の名は。」で組み紐のシーンがあったこともあり、今回の特産品紹介として選ばれたようです。

イベント出展がきっかけとなり、オーストラリアからの問い合わせ数は確実に増えているそうです。リアル忍者にはどこに行けば会えるのかと聞かれたこともあるとのこと。

長野・岐阜でインバウンド需要3倍増見込み!? 映画「君の名は。」が海外でも大躍進

今年8月26日に公開された新海誠監督のアニメーション映画「君の名は。」。10月21日の台湾での配給開始を皮切りに、海外での配給が続々とスタートしています。中国では日本映画新記録を樹立しており、昨年100万人が実施した聖地巡礼に拍車がかかることが推測されます。 映画「君の名は。」の日本での興行収入、反響「君の名は。」は新海誠監督の長編アニメーション映画です。日本では2016年8月26日に公開され、公開日の金曜から土日の3日間で、動員96万人、興行収入12.8億円を記録しました。先日12月6日...

静岡県観光協会

シドニーで開催「Matsuri-Japan Festival-」での静岡県観光協会のブースの様子

シドニーで開催「Matsuri-Japan Festival-」での静岡県観光協会のブースの様子

現在静岡県からの国際線直行便は中国、韓国、台湾のみですが、チャイナショック等のリスクに備えオーストラリアからの観光客を増やす目的で出展したようです。シドニーと日本の時差は2時間、直行便で10時間以内と、さほど遠くないため誘致に適していると考えられているそう。

【速報】中国 訪日旅行を制限か:当局が現地旅行会社に日本旅行の販売制限を通達

10月の中国最大級の旅行シーズン国慶節を直前とした今、中国市場に大きな動きがありました。TBSテレビをキー局とするニュースネットワークJNNや日経新聞によると、中国当局が、首都北京や福建省などの一部地方都市などの旅行会社に対し、訪日団体旅行を制限する動きが始まったことが明らかになりました。インバウンド最大の中国市場は「旅マエ」にアプローチするが重要!おすすめのインバウンド対策の資料を無料でダウンロードする「中国向けインフルエンサープロモーション」の資料を無料でダウンロードする「...

東京、大阪の知名度はシドニーでも高いですが、静岡の知名度はあまり高くない様子でした。しかし、富士山の存在や大阪と東京の中間地点であること、また日本の伝統であるお茶の特産地など、多くの方が知っている日本のイメージを通して静岡をアピールしていました。

日本観光の王道?ゴールデンルートとは

みなさんは日本横断ゴールデンルートという言葉を聞いた事がありますか?今回は訪日旅行客向け日本観光の王道、ゴールデンルートについて解説します。インバウンド対策なにから始めたら良いかわからない?訪日ラボがまとめた「インバウンドデータレポート」を詳しく見てみる「インバウンドコンサル」の資料を無料でダウンロードする「調査・リサーチ」の資料を無料でダウンロードする「インバウンドデータ」の資料を無料でダウンロードするインバウンドの王道観光ルート「ゴールデンルート」とは?ゴールデンルートとは東京、箱根、...

JRパスを利用すれば東京、静岡、大阪と無駄なく移動できることもあり、交通機関の利用方法も併せて案内していました。

交通機関の案内は、地方に目を向けていない旅行者が立ち寄るきっかけづくりとして、とても重要な点だと思います。分かりやすい交通案内等をパンフレットなどに記載しておくと、旅行客の関心もぐっと近づく印象です。

地方創生の成功に絶対に必要なもの それは「二次交通」の充実:そもそもなぜインバウンドの地方誘致で二次交通が重要なのか?

2020年に東京オリンピック・パラリンピックが開催され、これを機に多くの訪日外国人が日本を訪れることが期待されており、政府も訪日外国人旅行者4000万人を目標としているのはご存知の通りです。また、将来的に現在のゴールデンルート中心の観光から、地方部へも多くの訪日外国人を呼び込んで地方創生を行うことが必要 だと考えられており、これについては国土交通省も様々な形で「魅力ある観光地域づくり」を進めています。[blogcard url=”https://honichi.com/news/2017/...

香川県観光協会・和歌山県観光連盟

シドニーで開催「Matsuri-Japan Festival-」での香川県観光協会・和歌山県観光連盟のブースの様子

シドニーで開催「Matsuri-Japan Festival-」での香川県観光協会・和歌山県観光連盟のブースの様子

香川県にはアート作品や美術館で有名な直島があるため、オーストラリア人からすると香川県よりも直島の知名度が高いようです。そのため知名度の高い直島を中心としたアートをPRしていましたが、実際にはお寺やお遍路さんなど日本の伝統的な慣習に注目している来場者が多かったようです。

【地方誘致】香川県が前年比241.6%増のインバウンド誘致に成功した2つの理由

訪日外国人観光客数が初めて2,000万人を突破し、2016年はインバウンド業界にとって記念すべき年になりました。矢野経済研究所の調査では、来年2017年の訪日外国人観光客数を2,822万人、再来年を3,086万人と予測しており、これからも安定してインバウンド需要は拡大していくことが期待できます。このような背景をもとに、地域のPR、観光業の活性化を目的に、地方の自治体はインバウンドの地方誘致に取り組んでいます。<関連記事>訪日客の地方誘致に重要なのは、まず「知ってもらうこと」。効果的なインバ...

沖縄観光コンベンションビューロー

シドニーで開催「Matsuri-Japan Festival-」での沖縄観光コンベンションビューローのブースの様子

シドニーで開催「Matsuri-Japan Festival-」での沖縄観光コンベンションビューローのブースの様子

今回で4回目の出展となる沖縄観光コンベンションビューロー。若い方から年配の方まで幅広い来場者が興味を持っていました。東京や大阪など、一度は日本を訪れたことのある人が、次の選択肢として沖縄に興味を持っているようでした。昨年よりも来場者が多いようで、常に賑わっていました。

一般財団法人自治体国際化協会

シドニーで開催「Matsuri-Japan Festival-」での一般財団法人自治体国際化協会のブースの様子

シドニーで開催「Matsuri-Japan Festival-」での一般財団法人自治体国際化協会のブースの様子

一般社団法人自治体国際化協会のブースでは、全国各地の担当者が集まり、日本の紹介と旅のアドバイスをしていました。6年前から出展していて、来場者の好みに合わせて地方へのおすすめルートを作成し、紹介しているそうです。

日本とオーストラリアは季節が反対なので、夏の時期にスキーやスノーボード旅行をお勧めしているとのこと。また、オーストラリアに比べて日本は物価が安めなので旅行に来やすいのでは? と仰っていました。

日本のスノーリゾートが欧米豪インバウンドで注目を集める3つの理由:東北インバウンド振興 訪日スキーヤーの誘致に鍵が?

日本のスノーリゾートでも訪日外国人を多く見るようになりました。信州白馬のスキー場周辺コンビニエンスストアでは、1月の売上げが同コンビニチェーンの中で全国1位になったこともあるそうですが、それも多くの訪日スキーヤーの影響に他なりません。現在、北海道ニセコや信州白馬など大型スノーリゾートを中心に賑わっている状況ですが、他のスノーリゾートにもチャンスはあります。典型的なコト消費であるスキー、スノーボード需要をインバウンドでも獲得する為に、今回は特に多い 豪州、欧州、北米からの訪日スキーヤーの現状...

飲食ブースはテーマパークのような行列

インバウンド事業だけでなく、飲食店やお酒販売のコーナーも盛り上がっていました。

CHOYA

シドニーで開催「Matsuri-Japan Festival-」でのCHOYAのブースの様子

シドニーで開催「Matsuri-Japan Festival-」でのCHOYAのブースの様子

チョーヤ梅酒株式会社では、ノンアルコールのウメソーダ、アルコール入りのチョーヤソーダ、チョーヤウメシュ、チョーヤウメワインが販売されていました。中でも、ウメソーダはお酒が飲めない方でも楽しめるということで人気でした。

白瀧酒造

シドニーで開催「Matsuri-Japan Festival-」での白瀧酒造のブースの様子

シドニーで開催「Matsuri-Japan Festival-」での白瀧酒造のブースの様子

白瀧酒造はお酒のコーナーで特に人気のようで、朝からこのブースを目当てに訪れる来場者もいたようです。sakeの知名度の高さや、樽に見立てた容器から升にお酒を入れて提供する日本の伝統的なスタイルがオーストラリア人の心をくすぐったのかもしれません。

訪日客の8割が旅ナカで『日本酒を飲む』を経験 インバウンドで高い関心の日本酒を活用した 地方部でこそ活きる「日本酒酒蔵めぐりツアー」とは

日本を訪れた際に訪日外国人がしたい経験の一つに「日本食を食べること」がありますが、日本食と合わせて「日本酒」を楽しむ訪日外国人も増えています。こうした訪日外国人と日本酒の関係について、NTTコム リサーチが「訪日外国人観光客への日本酒ツーリズムの可能性」というアンケートをアメリカ、イギリスのモニターを対象に実施しています。このアンケートからどのような事が言えるのでしょうか。訪日客の地方誘致に重要なのは、まず「知ってもらうこと」。効果的なインバウンドプロモーションの資料を無料でダウンロードす...

ほっともっと

シドニーで開催「Matsuri-Japan Festival-」でのほっともっとのブースの様子

シドニーで開催「Matsuri-Japan Festival-」でのほっともっとのブースの様子

伊藤園

シドニーで開催「Matsuri-Japan Festival-」での伊藤園のブースの様子

シドニーで開催「Matsuri-Japan Festival-」での伊藤園のブースの様子

体験コーナーではお祭りの出店や日本の文化を紹介

体験コーナーも人で溢れており、どこのコーナーも順番待ちや見学している来場者で盛り上がっていました。

WATER YOYO FISHING(ヨーヨー)

シドニーで開催「Matsuri-Japan Festival-」でのWATER YOYO FISHING(ヨーヨー)のブースの様子

シドニーで開催「Matsuri-Japan Festival-」でのWATER YOYO FISHING(ヨーヨー)のブースの様子

TEA CEREMONEY(茶道)

シドニーで開催「Matsuri-Japan Festival-」でのTEA CEREMONEY(茶道)のブースの様子

シドニーで開催「Matsuri-Japan Festival-」でのTEA CEREMONEY(茶道)のブースの様子

JAPANESE CALLIGRAPHY(習字)

シドニーで開催「Matsuri-Japan Festival-」でのJAPANESE CALLIGRAPHY(習字)のブースの様子

シドニーで開催「Matsuri-Japan Festival-」でのJAPANESE CALLIGRAPHY(習字)のブースの様子

TRADITIONAL HANDCRAFTS(藍染)

シドニーで開催「Matsuri-Japan Festival-」でのTRADITIONAL HANDCRAFTS(藍染)のブースの様子

シドニーで開催「Matsuri-Japan Festival-」でのTRADITIONAL HANDCRAFTS(藍染)のブースの様子

その他、会場内ではワンピースなど人気アニメのコスプレをしている来場者も多く、ステージでもコスプレコンテストが開催され、アニメへの関心の高さがうかがえました。

100万人の訪日客が「聖地巡礼」を実施…「クール・ジャパン」はインバウンド地方誘致・地方創生の切り札となるか?全国の地方自治体が取り組む漫画

より多くの訪日外国人観光客を誘致するために、地域の観光資源を発掘し海外に発信している日本国内の自治体が数多く存在 しています。観光資源といってもさまざまですが、最近では漫画やアニメの舞台となった地域の自治体が、そのマンガやアニメのファンの「聖地巡礼」を促すなど、日本が世界に誇ることができるソフトパワーである「漫画・アニメ」を活用したインバウンド地方誘致・地方活性化が注目を集めています。 埼玉県秩父郡横瀬町でも同様の取り組みを行っています。訪日客の地方誘致に重要なのは、まず「知ってもらうこと...

まとめ:訪日者数が増加しているオーストラリア人へPRする絶好のチャンス

全体を通して、来場者は日本の伝統的なものや文化に興味があるようでした。出展者の方は、日本で行っている新しい取り組みも含めて、来場者にPRしていました。

例えば、静岡県では特産品であるお茶を使い、抹茶を墨汁に見立てた習字体験をしたり、香川県では地元特産食材のレストランを文化財庭園の中にオープンしたりなど、新しいプロモーションを行っているようです。日本人からしても面白いなと思ったので、オーストラリア人の来場者にとっては訪日するきっかけにもなりそうです。

他にも、ディスプレイの仕方や出展者の衣装を伝統的なものにしたり、記念撮影用にフォトフレームや顔のくり抜きフレームを用意したりと、目で楽しめる要素を多くして、企業や地域を深く知ってもらえるようにPRしている出展者が多かった印象です。

以上のことからも、「Matsuri-Japan Festival-」は日本に興味のあるオーストラリア人へアピールし、インバウンド誘致を狙うには絶好の場と言えるでしょう。親日家が多く集まる「Matsuri-Japan Festival-」ではあなたの一声が日本に来てくれるきっかけになるかもしれません。一年に一度しか開かれないこの祭り、出展応募はイベント開催の約3か月前までです。次回のチャンスを見逃さずに是非チェックしてみてください!

「Matsuri-Japan Festival-」イベント情報

イベント名 Matsuri-Japan Festival-
開催国・都市 オーストラリア・シドニー
開催日 2017年12月9日(土)11:00〜19:30
会場 ダーリングハーバー内タンバロングパーク、Tumbalong Park, Darling Harbour, Sydney
主催 Matsuri in Sydney Inc.

訪日客の地方誘致に重要なのは、まず「知ってもらうこと」。効果的なインバウンドプロモーションの資料を無料でダウンロードする

「インバウンド動画プロモーション」の資料を無料でダウンロードする

「インフルエンサープロモーション」の資料を無料でダウンロードする

「SNSプロモーション」の資料を無料でダウンロードする

「インバウンドメディア」の資料を無料でダウンロードする

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!