中国のSNS利用状況 | インターネット事情・人気のSNSランキング・マーケティング事例

中国のSNS利用状況 | インターネット事情・人気のSNSランキング・マーケティング事例

インバウンド対策を考えるうえで重要となる中国へ向けたマーケティング対策。なかでも効果的となるのがSNSやインターネットを活用したプロモーション活動です。

しかし中国では、独自のウェブサービスやSNSが発達しているため、これらをしっかりと理解しておく必要があります。そこで今回は、中国のSNS利用状況やインターネット事情などについて詳しく解説していきます。

中国のインターネット事情・利用状況

訪日外国人の数が年々増加していますが、中でも大多数を占めているのが中国人観光客です。中国人観光客は、現在のインバウンド市場で、重要な位置づけとなっています。

中国人観光客に向けたインバウンド対策を強化するうえで重要となってくるのがインターネットです。中国のインターネット事情を知ることで、より効果的なインバウンド対策を行うことができます。

中国人の57%がインターネットを利用

▲[中国 インターネット利用状況]:Digital 2019から引用
▲[中国 インターネット利用状況]:Digital 2019から引用

「Digital 2019」によると、中国人の57%にあたる約8億人もの人たちがインターネットを利用していることがわかります。中国でのインターネットの利用率は年々増加しており、直近のデータでは前年比6.7%の伸びを見せています。 

中国ではGoogle・YouTube・LINE・Facebook・Instagramが使えない!?

インターネットの利用者が年々増加している中国ですが、中国国内ではGoogleやYouTubeと言った日本人にもよく利用されているWebサービスが利用できません。これは中国政府の利用制限によるもので、金盾(グレートファイヤーウォール)という検閲技術によって統制されているためです。

Google や YouTube だけでなく、LINEやFacebook、InstagramなどのSNSも同様に規制されており、日本人が中国へ訪れたとしてもこれらの Web サービスは全て使うことができないのです。

そのため中国では独自のウェブサービスやSNSなどが発達しています。中国版Twitterと呼ばれ中国人から絶大な支持をされている「WeChat」や、中国版Googleと呼ばれる「Baidu」などが代表的なものとして挙げられます。

中国で人気のSNSランキング

日本だけでなく世界中で使われているGoogleやTwitterなどのウェブサイトやアプリは中国で使うことができません。

そのため中国では独自のSNSが発達していますが、どのようなものが人気なのでしょうか。

▲[中国 ソーシャルメディア利用状況]:Digital 2019より引用
▲[中国 ソーシャルメディア利用状況]:Digital 2019より引用

1. WeChat(微信/ウィーチャット)

中国で最も人気のメッセンジャーアプリ「WeChat(微信/ウィーチャット)」。「Digital 2019」によると、中国のインターネット利用者が使っているプラットフォームで第1位となっています。

中国版LINEとも呼ばれ、日本でよく利用されているLINEと似ている機能が多数備わっています。機能が似ていることから中国版LINEと呼ばれていますが、実はWeChat(微信/ウィーチャット)の方が半年ほど先にリリースされているのです。

中国では QR コードを利用したモバイル決済が主流となっており、 WeChatアプリ内の決済ツール「WeChat Pay」は中国を代表するモバイル決済ツールとなっています。そのため、中国人観光客に向けたインバウンド対策として日本国内でも導入が進められています。

WeChat(微信)のアカウントID登録方法

WeChatとは?登録方法から使い方まで解説WeChat(微信)とは、中国を中心に人気のある無料メッセージアプリです。WeChatには、テキストメッセージのやり取りや無料通話、コンビニやスーパーでの支払いなど、日本で広く普及しているLINE同様の機能が標準装備されています。今回は、多くの中国人が日常的に使っているWeChatの登録方法から使い方までをご紹介しましょう。インバウンド最大の中国市場は「旅マエ」にアプローチするのが重要!おすすめのインバウンド対策を資料で詳しくみてみる「中国インフ...


機種変更後にWeChatのデータを正しく移行する簡単な方法【完全保存版】

スマホを機種変更した際は、WeChat(微信)のデータを移行しなければなりません。いわばデータの引っ越しです。 そんな誰もが一度は経験するデータの移行ですが、データが消えてしまったり、そもそもデータの移行方法がわからないという人も多くいます。 しかしWeChat(微信)は、データのバックアップが可能で、 安心してデータの移行ができるのです。そこで今回は、WeChat(微信)のデータを正しく移行する簡単な方法について紹介します。 インバウンド最大の中国市場は「旅マエ」にアプローチするのが...


2. Tencent QQ(騰訊QQ/テンセントQQ)

WeChat(微信/ウィーチャット)に次いで人気のMessenger アプリが「TencentQQ(騰訊QQ/テンセントQQ)」。

メッセンジャーアプリなので WeChatと同じような機能となっていますが、TencentQQの特徴として、通話中に音声通話と動画通話のモードを自由に切り替えることができたり、相手がオンラインなのかオフラインなのかの表示があるなど、Skypeに似た機能が備わっています。

そのため中国人の多くはWeChatとTencentQQの両方を使い分けているのです。

3. Weibo(微博/ウェイボー)

Weibo(微博/ウェイボー)は中国人に絶大な人気を誇っているSNS。若者を中心にたくさんの中国人が利用しています。

140文字以内を基本に、「つぶやき」を発信するアプリで、中国版Twitterと呼ばれています。

機能としては本家Twitterと似ていますが、Facebookのような要素も持っているアプリです。

【中国版Twitter】Weibo(微博/ウェイボー)活用のための基礎知識 ~利用シーンと公式アカウントの分類、広告のタイプをおさえる~

こんにちは、クロスシー編集部です。前回は現在7億ユーザーを有するWeiboについて、基本構造・SNSとしてのWeChatとの違い・2017年のユーザー構成の変化を紹介しました。WeChatと異なりリーチが広いことや、ユーザー構成においては性別・年齢・地域ともに偏りのない状態を実現しつつあり、引き続きインバウンド需要取り込みにおいて重要な地位を占めるSNSとなることが確認できました。続く本編では、ユーザーがWeiboを利用する目的と、Weibo上で可能な具体的な露出の施策をご紹介します。We...


【中国版Twitter】Weibo(微博/ウェイボー)最新情報まとめ!SNSとしてのWeChatとの最大の違いはコンテンツのリーチの大きさ、

こんにちは、クロスシー編集部です。めまぐるしくかわる中国のSNS、アプリ事情、情報のキャッチアップには一苦労のインバウンド担当者も多いのでは。そんな中、何年も前から中国版Twitterとしてその名を知らしめているWeibo(微博/ウェイボー)についてはご存じの方も多いでしょう。本編ではSNS大国の中国において長年その地位を保持し続けるWeiboについて、そのユーザーが支持する理由とユーザー属性の最新情報をご紹介します。参考:新浪微博のデータセンターによる最新のユーザーデータ「2017微博用...


事例:WeChatを使ったプロモーション・集客

中国人へ向けたインバウンド対策は、中国で独自に発達したSNSを活用するのが効果的。そこで、実際に中国のSNSを使ったプロモーションや集客の事例を見ていきます。今回はWeChatの活用事例を紹介します。

マツモトキヨシ:公式サイトへのリンク・ECへの動線整備

最近では中国人による「爆買い」は落ち着きを見せているものの、依然として日本国内のドラッグストアにはたくさんの中国人が訪れています。中でもマツモトキヨシは、中国人のショッピングスポットとして高い人気を誇っています。

そんな中国人から人気のマツモトキヨシでは、WeChatの公式アカウントを運用し、中国人へ向けた情報を発信しています。メインコンテンツは、商品の最新情報クーポンを1週〜2週ごとの更新で配信。さらに中国語版公式サイトへのリンクや、ECサイトの利用を促すことで旅行前や旅行後の利用者もターゲットとしています。

松坂屋:イベント・化粧品情報を発信

松坂屋では2014年からWeChatの公式アカウントを運用し、店舗でのイベント情報や訪日中国人に特に人気の化粧品の情報などを発信しています。さらに「WeChatPay(微信支付)」を導入し支払いを簡略化しているだけでなく、訪日中国人とつながるためのツールとして活用しています。

WeChatPayとは?導入方法と使い方・できること・事例【インバウンド集客】

モバイル決済が主流となる中国で、ほとんどの中国人が利用しているWeChatPay(微信支付:ウィーチャットペイ)。訪日中国人向けのインバウンド対策として、導入を検討している企業や店舗も多いのではないでしょうか?しかし、「WeChatPayの導入・運用費用がどれぐらいかかるのか分からない」「どれほどのインバウンド効果を得られるのか把握しておきたい」という方も多いはず。今回は、訪日中国人観光客からの需要が高い、WeChatPayの導入方法と成功事例について詳しくみていきます。インバウンド最大の...


まとめ:中国のSNSを利用して効果的なマーケティングを

インバウンド対策を考える上で中国は、欠かせないマーケットの一つです。中国では独自のWebサービスやSNSが発達しているため、これらを利用することによってよりたくさんの中国人に情報を届けることができるのです。

これまでにたくさんの企業が中国の SNS を活用したプロモーション活動を行ってきており、それらの成功体験を参考にすることで、より効果的にマーケティングを行うことができるでしょう。

今後もますます訪日中国人の数は増加していくことが予想されるため、中国へ向けたインバウンド対策はさらに重要なものとなっていくと考えられます。


<参照>

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!