Weibo(微博:ウェイボー)とは?注目の中国版Twitter!機能・インバウンド活用法・事例を解説

公開日:2019年04月26日

中国版Twitterと言われるWeibo微博:ウェイボー)は、インバウンドマーケティングの第一歩として非常に重要です。

特に中国では、Facebookなど外国発のSNSは規制を受ける一方でWeChatなど独自のSNSが発展していることで知られています。

この記事では、基本機能やインバウンド活用法、事例についてご紹介します。

キムタクweibo開始で中国ネットが騒然、わずか2日で36万フォローの大反響/日本人芸能人・有名人が次々と中国SNSに進出する理由

12月22日、中国SNSのWeiboに日本のトップアイドル「キムタク」こと木村拓哉氏がアカウントを開設し、中国スターのShowLo(羅志祥)の熱烈歓迎と合わせて中国のインターネット上で大きな話題となりました。(本文中の数字はすべて24日16時時点です)インバウンド最大の中国市場は「旅マエ」にアプローチするのが重要!おすすめのインバウンド対策を資料で詳しくみてみる「中国インフルエンサープロモーション」を資料で詳しくみてみる「中国向け広告運用」を資料で詳しくみてみる「Wechatを活用したプロ...


ZOZO前澤氏

今最も日本で「アツイ」実業家の一人といえば、株式会社ZOZOの前澤友作氏ではないでしょうか。ファッション通販サイトのZOZOTOWNのサービスだけでなく、自身の美術品のコレクションや資産の多さなど、話題に事欠きません。Twitterのフォロワー数は45万人を超えていますが、実は先日中国のSNS、Weiboもスタートしました。Weiboは開設から約1か月の2018年10月現在、フォロワーは4.9万人まで増えています。中国での前澤社長の評判、そして短時間にファンを獲得した理由について探りました...


このように中国だけでなく日本でも注目を集めつつあるWeiboですが、いったいどのようなSNSなのか、どんな機能があるのか、またインバウンドでどのような活用ができるのかを改めて解説してきましょう。


Weiboとは?

まずはそもそもWeibo微博/ウェイボー)とは何なのかを確認していきます。実際にどのくらいの人たちが利用しているのか、機能はどのようなものなのか、Twitterとの違いはあるのか、などを解説していきます。

Weibo=中国版Twitter

Weibo微博/ウェイボー)は中国のソーシャルサービスの総称で、中国語では「微博」と表記します。Weiboの中にも様々な種類があり、代表的なものは「新浪微博」や「騰訊微博」です。サービス全体の利用者数は7億人程度とみられ、近年の中国国内での携帯電話の爆発的な普及とともにWeiboも利用者数を急激に増やしています

近年、中国国内の大きな事件がWeiboから拡散されることもあり、中国社会での存在感は高まりつつあります。

しかし、中国には厳しい言論統制があります。Weiboでも政府を批判する内容の投稿は運営側に消去されています。運営側としても政府の言論統制とのバランスを取りながらサービスを拡大させているのが現状です。

Weiboの機能

続いてWeibo微博/ウェイボー)の機能について解説していきます。WeiboはTwitterとFacebookの中間のような機能を持ち、投稿は中国語で一投稿当たり140文字です。コメントやいいね、シェア、ブックマークなどの機能がついています。テキストの他に画像や動画を添付し投稿することも可能で、画像は9枚までが添付可能になっています。Twitterが持つようなハッシュタグ機能を持ち、拡散力も十分にあります。

全体では1日当たり約1.6億件の投稿がなされ、莫大な情報が行き交っています。中国人もWeiboを情報収集ツールとして利用しており、その中でもトレンドの話題を「微話題」として表示する機能も実装されています。

Weiboのインバウンド対策活用術

Weibo微博/ウェイボー)の概要と基本的な機能を確認しました。ここからは実際にWeiboが訪日中国人を取り込むのに有効なのか、有効ならばどのように使っていけばよいのかを解説していきます。

中国では国外サービスが使えない?

中国国内では先述の通り、FacebookやTwitter、LINEなど日本でおなじみのSNSが使えない厳しいネット規制がしかれています。その一方でWeChatWeibo微博/ウェイボー)などの中国国内発のSNS文化が育まれています。

そのため中国国内向けにSNSマーケティングを行うには、Weiboをはじめとする中国独自SNSを利用することになります。

Weiboはプロモーション開始までの過程が少なく済む上に拡散力がある

インバウンドマーケティングのために中国国内のSNSを使う上で、Weibo微博/ウェイボー)は非常に始めやすいSNSです。

WeiboはTwitterと似た機能を持っており、気軽にアカウントを開設することができます。また、「転発」(いわゆるリツイート)機能により爆発的な拡散力を持っています。これによって広いターゲットに低予算で情報を拡散することが可能で、認知度UPによる新たな需要を掘り出したり、実際の購買行動につなげたりすることが可能になっています。Weiboを活用したマーケティングは費用対効果の高い方法であると言えます。

事例:Weiboを活用したインバウンド集客

中国人が日本旅行において求めていることをWeibo微博/ウェイボー)で積極的に発信し、ファンを獲得した事例があります。ここでは実際にWeiboが強い拡散力を発揮した事例を解説していきます。

1. 日本食「がんこ」

銀座一丁目にお店を構える和食料亭「がんこ」は、会席料理やしゃぶしゃぶなどをお手軽料金で楽しめるのが特徴的で、多くの訪日外国人が和食を求めて訪れる人気店です。

そんな「がんこ」は訪日中国人の集客を狙って、Weibo微博/ウェイボー)の運用を積極的に行なっています。サイト内で「Ganko」を検索すると実際に訪れた中国人の投稿がズラリと並ぶことから、積極的な発信によって「がんこ」が中国人の間に浸透していっていることが窺えます。

2. マツモトキヨシ

ドラッグストア大手の「マツモトキヨシ」は、インバウンド業界でも大きな存在感を持っています。同社は早くからWeibo微博/ウェイボー)での積極的な発信を行い、日本の小売店の中でトップクラスのフォロワーを獲得する人気アカウントにまで成長しました。

アカウントでは商品&クーポン情報がメインです。投稿には必ず「#松本清matsumotokiyoshi#」のハッシュタグを入れ、拡散効果を持たせています。同ハッシュタグの投稿数は約8万、閲覧数は686万にまでなっています。

3. ドン・キホーテ

食品から家電まで幅広い商品を扱う大手ディスカウントストア「ドン・キホーテ」も、訪日外国人向けの施策を早くから打ち出した小売店です。今や「ドンキ」は訪日外国人にとって定番の観光スポットとなりました。

ドン・キホーテのWeibo微博/ウェイボー)アカウントでは商品紹介だけでなく、日本の時事ネタを発信するなどフォロワーとのインタラクティブなコミュニケーションで人気を博しています。

まとめ:Weiboを活用して効果的なインバウンド対策を

日本で馴染み深いTwitterなどのSNSも、中国ではネット規制の影響で使えません。一方で、SNSを用いて中国人へ訴求することはインバウンドで有効かつ効率的な施策です。

中国独自のSNSを利用するというのはなかなか踏み出しづらいことのように感じますが、Weibo微博/ウェイボー)はTwitterと似た機能を持った運用しやすいSNSです。実際、上の3社のようにWeiboを利用して集客に成功している事例も存在します。

Weiboを正しく理解し、効率的なマーケティングを実現することが求められます。

<参照>

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!