【中国】9.37億人のSNSユーザー最新トレンドを調査!3つのポイントは「WeChatは60代も活発に利用・Weiboで情報収集・BBSが躍進」

【中国】9.37億人のSNSユーザー最新トレンドを調査!3つのポイントは「WeChatは60代も活発に利用・Weiboで情報収集・BBSが躍進」

こんにちは、クロスシー編集部です。今回は中国のリサーチ機関「極光ビッグデータ」が4月に発表した「2019年SNS業界リサーチレポート」から、中国の二大SNS、WeChatWeiboの最新利用傾向を紹介します。

WeChatやWeibo、中国SNS業界の基本情報

2019年2月時点での中国のSNSユーザーはのべ9.37億人となっています。一時の爆発的流行やユーザーの拡大と比べてある程度落ち着いてきたものの、依然として一定の増加率を保っています。

中国のSNSには大きく分けて5つの種類があります。

  1. メッセンジャーアプリ…WeChat、QQなど
  2. マイクロブログ…Weiboなど
  3. BBS…「Baidu Tieba(百度貼ba)」、「天涯社区」、「Douban(豆瓣/ドウバン)」など
  4. マッチングアプリ…「探探(Tantan)」「陌陌(momo)」など
  5. コンテンツSNS…「最右」など
▲中国のSNSの分類5つと、それぞれのカテゴリで提供されている主なサービス
▲中国のSNSの分類5つと、それぞれのカテゴリで提供されている主なサービス

最近は特に掲示板のようなタイプや「コンテンツSNS」と呼ばれる形式のサービスでユーザーが増えています。掲示板やコンテンツSNSはショートムービーや短文投稿と異なり、長文の投稿が行われ、これにに対しコメントが付けられていきます。

▲中国の代表的BBS、天涯社区
▲中国の代表的BBS、天涯社区

WeChatのSNS機能(モーメンツ)について、今回の調査で年代別では60後(50代)が最も頻繁に使っている様子が見られました。モーメンツと呼ばれる自分のタイムラインの閲覧回数や、更新回数が昨年よりも増えています。

男女によるSNSユーザーの関心領域の違い~男性はニュース、女性はグルメ~

今回の調査ではSNSユーザーの男女それぞれで、どの領域に関心が高いかを質問しています(複数回答)。その結果、男性のトップ5は「ニュース」(49.6%)、「軍事関係」(40.5%)、「映画」(36.4%)、「歴史」(35.9%)、「科学技術」(33.5%)、また6位は「スポーツ・健康」(32.0%)となりました。

女性の1位は60.7%の支持を得て「グルメ」となっており、SNSユーザーであれば女性の方が圧倒的に食に興味があることがわかりました。また2~5位は「映画」(48.9%)、「ファッション」(43.1%)、「スポーツ・健康」(41.9%)、「旅行」(35.8%)となっています。

男女共通して「映画」「スポーツ・健康」に関心が高いこと、旅行やアニメに関心が高いのは女性だということがわかります。中国市場への日本製品や日本旅行の訴求では、こうした領域から切り込んでいったり、特に旅行に関しては女性にターゲットを絞ってプロモーションを設計したりすることで、売上につながっていくという仮説が立てられるのではないでしょうか。

▲男女別の関心の高いトピックについて。男性7位以下は:グルメ、ゲーム、車、教育、女性の6位以下は:ニュース、教育、ゲーム、動物、アニメ
▲男女別の関心の高いトピックについて。男性7位以下は:グルメ、ゲーム、車、教育、女性の6位以下は:ニュース、教育、ゲーム、動物、アニメ

WeChat:最新デイリーアクティブユーザー数・マンスリーアクティブユーザー数・各種機能

2019年2月のWeChatのデイリーアクティブユーザー数(DAU)は6.48億であり、過去1年間でほぼ一貫して増加を続けています。マンスリーアクティブユーザー数(MAU)は9.9億、インストール率は85.8%です。この高い浸透率が「中国人ならば必ず使っている」という枕詞を生み出しています。

▲メッセージングアプリ「WeChat」のDAU、MAU他最新情報
▲メッセージングアプリ「WeChat」のDAU、MAU他最新情報

1日の平均利用時間は64分、平均起動回数は17回となっています。

WeChat Payとサードパーティツール

WeChatのメインの機能はテキストや音声でのメッセージの送受信ですが、それ以外にも生活の様々なシーンでこのアプリを利用しています。例えば決済・送金機能のWeChat Payで飲食や購入物の支払いを済ませたり、サードパーティツールにより手軽にタクシーが呼び出せたり映画チケットを購入できたりします。

ミニプログラム

また「ミニプログラム」を起動すれば、スマホアプリが提供できるおおよそすべてのサービスをこのアプリの中で利用できるということになります。ユーザーは日々これらの機能を利用して生活しています。

モーメンツ(朋友圏)

SNS機能である「モーメンツ」には写真とテキストによる日常風景や家族の成長を報告するものや、友人におすすめめしたい店舗やグッズなどの紹介、また時にはソーシャルバイヤーとして自分が販売する商品の宣伝などが投稿されています。

▲WeChatのモーメンツ。民泊の情報や、食事など最近の出来事のシェア、気になるニュースやコンテンツのシェアが行われている
▲WeChatのモーメンツ。民泊の情報や、食事など最近の出来事のシェア、気になるニュースやコンテンツのシェアが行われている


こうしたモーメンツ(微信朋友圏)を含めたWeChatのSNS的側面が見えてくるのが「(1)WeChatにどのくらい友人が登録がされていますか」「(2)毎週どの程度のWeChat上の友人と交流しますか」の二つの質問です。これ対する回答は以下の図のようになっています。(1)に対する回答が右の緑文字、(2)への回答が左の黄色文字です。

▲WeChatでのつながりについて、人数を調査したもの。
▲WeChatでのつながりについて、人数を調査したもの
登録友人数は51~200人が38.3%で最多となっており、続く50人以内が29.9%、201~500人も21.7%を占めます。毎週の連絡を取る人数の最多は10人以内の38.4%で、WeChatWeiboに比べて「クローズドなSNS」と呼ばれる理由がここにあります。ただし、21~50人が25.3%、11~20人が24.4%となっています。仕事でもWeChatを使うことが、こうした数字に表れていると言えるでしょう。

WeChat公式アカウント


またWeChatには「公式アカウント」(公衆号)と呼ばれる機能があります。フォローしたブランドやメーカーなど企業のアカウントからは、チャットスレッドに情報が配信されてきます。

この公式アカウントの利用動向について、男女ともに「気になる公式アカウントは定期的にチェックする」が40%を超えています。また、「フォローしている公式アカウントはすべてチェックしている」割合は全体の18.4%となりました。

今回の調査では、回答したユーザー全体の90%近くが公式アカウントの内容をチェックしています。WeChatの公式アカウントを活用した日本製品のプロモーションや、訪日中国人の旅行中の購買促進にも効果を発揮すると考えられます。

▲公式アカウントの閲覧頻度に関する調査
▲公式アカウントの閲覧頻度に関する調査

WeChatとは

現在中国では「WeChat」というアプリが多く利用されています。 WeChatは簡単にいうとチャットができるメッセージングアプリですが、これを利用してインバウンド対策も実施できます。この記事ではWeChatとは何か?WeChatのインバウンド対策の活用方法などを紹介します。WeChatとは?まずはWeChatとはどのようなサービスなのか、基本情報を紹介します。世界中の中国人に使われている中国発SNSアプリWeChatは中国で最大の人気をもつテンセント社が提供するSNSアプリです。元々は中国...

Weibo:DAU1億超、MAU3億、広告収益は過去最高を更新

続いて中国版Twitterの「Weibo」の最新データです。デイリーアクティブユーザー数(DAU)は1.07億、マンスリーアクティブユーザー数(MAU)は3.11億です。またインストール率は32.6%です。

▲中国版Twitter「Weibo」のDAU、MAU他最新情報
▲中国版Twitter「Weibo」のDAU、MAU他最新情報

DAU、MAUとも過去1年間で減少を続けているものの、MAUは回復傾向もあり、また減少したとはいえ約3億のユーザーがアクティブに利用しています。まだまだ主要なSNSとしての地位は揺らいでいないと言えるでしょう。1日の平均利用時間は34分、平均起動回数は5.2回となっています。

広告収益も過去最高を更新しており、以下のような点でWeChatとの使い分けがなされていると考えられます。

WeChatと比べ、メッセージング機能が日常的に活用されるものではないため、主に情報収集のための閲覧が多くなっています。

速報性のある情報Weiboからキャッチしたり、面白いと感じた情報はシェアしたり、女優など著名な人物の発信を追いかけたりといった目的で活用されています。

今回の調査では、自分でオリジナルの文章やコンテンツを公開するのは34.7%、仲の良い友人の情報をチェックするのは28.0%にとどまりました。こうした「自分からの発信」がWeChatに比べておとなしい傾向にあるのも、「Twitter」との類似性かもしれません。

今さら聞けない中国SNS「Weibo(微博/ウェイボー)」とは?キムタク・ZOZO前澤氏も開始する注目の中国版Twitter!機能・インバウ

デジタル時代の象徴であるSNSは、スマートフォンとともに爆発的に普及し、今や私たちの生活には欠かせないものになりました。世界中で使われるSNSですが、地域によって利用されているアプリは様々です。特に中国では、Facebookなど外国発のSNSは規制を受ける一方、WeChatなど独自のSNSが発展していることで知られています。また、訪日旅行客の中でもとりわけ存在感を持つ中国人に訴求することは、インバウンドマーケティングの第一歩として非常に重要です。そこで注目すべきが、中国版Twitterと言...


二大SNSをおさえつつ、各SNSの持つコミュニティや属性にも注目を

中国のSNSでは、WeChatはもちろん、Weiboもこれまでと変わらず数億規模の大きなコミュニティを形成していることがわかりました。スマホユーザーはこれらのSNSを利用して、情報収集や自分の琴線に触れたコンテンツをシェアしています。中国人に向けて情報発信をし、口コミを形成するためには、ウェブメディアの利用だけでなく、こういったSNS内にコンテンツを展開することが肝要であることがわかります。

中国向けマーケティングを成功につなげるには、今後はWeChatWeiboに加え、BBSやコンテンツSNSといったユーザーを拡大しつつあるSNSの動向の動向にも注意を払うべきでしょう。こうしたプラットフォームを情報拡散の手段として利用し、またサービスごとのユーザーの属性の違いを生かしてファンを形成していくことが、インバウンド市場での成否を分けるはずです。

<参照>

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

株式会社クロスシー

株式会社クロスシー

株式会社クロスシー編集部。中国語圏向けに日本情報の提供をするインターネットメディア運営・レップ事業を展開すると共に、訪日観光客向けのマーケティング・ソリューションを提供しています。日本の観光立国を実現すべく、メインターゲットとなる中華圏への観光情報、サービス、商品について、日中間の情報格差を埋め、観光客にとって最高の日本体験の提供を目指しています。