個人手配の海外旅行者「FIT」とは │ 多様化する観光客のニーズ・インバウンドの注目市場・誘致に外せない3つの施策を解説

個人手配の海外旅行者「FIT」とは │ 多様化する観光客のニーズ・インバウンドの注目市場・誘致に外せない3つの施策を解説

海外旅行に行く場合、団体旅行やパッケージツアーの利用は選択肢の一つです。パッケージツアーの海外旅行の場合、旅行者は旅行会社に申し込むだけで航空券も宿も手配してもらえます。

初めての海外旅行の際には、予約の手続きを理解したり、希望していた航空便や宿泊施設を確保できないといった不安を解消できるため、便利です。

ただし、海外旅行に慣れた人の場合や、時間を十分に取れる場合には、ツアーの利用ではなく個人で手配をする人も多くいます。個人旅行の場合、滞在中のスケジュールを自由に組めるため、団体旅行よりも満足度の高い旅行が期待できます。

こうした個人手配の海外旅行はFIT(Foreign Independent Tour/Traveler)という言葉で表されます。

日本を旅行する外国人観光客のうち、最も大きなマーケットを占める中国人観光客にもこのFITが増えています。中国人にとって最大の旅行シーズンの一つ「春節」は毎年1~2月ですが、今年の春節期間には訪日中国人FITが多く見られました。こうした旅行客は団体旅行客とは異なる需要を抱いているため、適切に環境を整備し、対応することが望ましくなっています。

この記事では、中国人観光客に限らず、FITのインバウンド市場における意味合いや、彼らを対象としたインバウンド施策について解説します。


FITとは?

FITとは、団体旅行やパッケージツアーを使わずに個人で手配をして海外旅行に行くことを指します。Foreign Independent Tour、もしくは Free Individual (Independent) Traveler の頭文字の略です。

日本では1964年に海外観光旅行が自由化されましたが、最近でも団体旅行やパッケージツアーを利用する海外旅行が一般的です。

ただし、何度も海外旅行に行く層では、パッケージツアーではなく自由に好きな所に行きたいというニーズが出てきました。同じ国・地域に何度も行く人(リピーター)が増えたことに加えて、海外旅行の目的が観光だけではなく現地に住む家族や友人を訪ねたり、ビジネスなどで海外に出たりする人が増えたことも一因と考えられます。

FITという言葉が聞かれ始めたのは、1990年代に格安航空券が出回り海外旅行に行く人が急増した頃からと言われています。

FITという区分ができたことで、インバウンド市場でもこうした旅行者を対象としたマーケティング策が練られるようになってきました。観光庁の発表によると、訪日外国人観光客のFITの割合は2012年には60.8%、そして2018年には78.7%となっています。 

FITは欧米に多く、旅行時の消費支出が大きい

訪日外国人観光客の旅行の手配方法は、全体の68.9%が「個別手配」となっており、FITが半数以上を占めていることがわかります。

国・地域別旅行者のデータを確認してみると、欧米諸国からの訪日客のうち、FITは全体の90%を占めています。

対照的に、中国や台湾などのアジアからの訪日客団体旅行で日本を訪れる割合が高く、欧米諸国と比べるとFITの比率はやや下がります。

ヨーロッパ諸国の訪日観光客数は、アジアからの訪日観光客数よりも少ないものの、訪日旅行での消費支出額が大きいので、インバウンド市場では魅力的なターゲットとなっています。その中でも特に、訪日ドイツ人観光客の訪日リピート率は他の欧米諸国よりも高くなっていることは特筆に値するでしょう。

詳しくは下記の記事をご覧ください。

欧州圏で高い訪日リピート率の訪日ドイツ人

人数から言えば日本のインバウンド市場最大のターゲットになっている東アジア出身の訪日外国人観光客には負けますが、旅行支出額が大きいことからヨーロッパ諸国出身の訪日外国人も日本のインバウンド市場にとって魅力的なターゲットになっています。今回は、 訪日ドイツ人のインバウンド市場 の特徴を観光庁の平成28年における訪日外国人の消費動向に記載されているキーワードとなる数字とともにご紹介します。インバウンド市場や各国の訪日外国人に関する調査やもっと詳しいインバウンドデータ知るには?調査・リサーチについ...


観光客のニーズの多様化でFITは増加

以前は、特に中国人観光客の間で「ゴールデンルート」と呼ばれる主要観光地を巡る旅行が人気でした。しかし、リピーターが増えた現在は、インターネットで気軽に情報が手に入る環境で訪日外国人のニーズが多様化してきました。パッケージツアーや団体旅行にない観光地への興味や、体験旅行をしたいという人が増えています。

ゴールデンルートに関しては下記の記事で詳しく説明しています。

今更聞けない「ゴールデンルート」とは/東京〜大阪を巡るインバウンド王道観光ルート・日程例・ルート外地方に誘致する事例は?【インバウンド用語基

多くの訪日外国人観光客が訪れている「ゴールデンルート」。そもそも「ゴールデンルート」とは一体どんなルートを指しているのでしょうか。今回は、インバウンドにおけるゴールデンルートの意味と、ゴールデンルートに含まれる都市を併せてご紹介します。ゴールデンルートとは?「ゴールデンルート」とは、外国人観光客が訪れる日本の王道観光ルートのことです。日本を代表する大都市や観光スポットを網羅しながら効率よく観光巡りができることから、東京、箱根・富士山、京都、大阪を辿るルートは圧倒的な人気を誇ります。ゴールデ...


訪日中国人観光客の中でもリピーターは、都市部の有名な観光地を周遊することが多い団体ツアー客と比べて、食や文化など様々な面でのニーズがあり、個人の志向に沿った旅行スタイルを選択するとともに、幅広い地域を訪れる傾向がみられます。

訪日中国人観光客が日本に求めることについては、下記の記事をご覧ください。

訪日中国人観光客が求める日本文化体験:寺社仏閣や田舎風景に注目集まる

日本を訪れる訪日外国人観光客は増加の一方ですが、訪日外国人観光客が日本に求めるものとはなんなのでしょうか。増え続ける訪日外国人観光客のなかでも、近年増加率が高まっている訪日中国人観光客は、訪日リピーターも多くなってきています。そのため、以前は見向きもしなかった、より魅力的な日本文化を求めています。都市部で体験できる日本文化のほか、地方のツアーも注目されてきており、いち早くその情報を掴むことがインバンド対策として有効です。インバウンド最大の中国市場は「旅マエ」にアプローチするが重要!おすすめ...


FITへの効果的なインバウンド施策、3つのポイント

では、そのFITをターゲットとして集客をするにはどのようにすればよいのでしょうか?個人旅行客を獲得するために必要なインバウンド対策3つを、ポイントを絞って紹介します。

1. SNSや動画を活用して旬の情報を発信

パッケージツアーを利用しないFITの観光客は、宿泊先やレストランを探す際にもウェブサイトやSNSから情報を探すことが多いので、インバウンド対策にはインターネットを活用することが重要となります。

京都嵐山のある旅館では、平日の稼働率を改善するために、英語サイトの開設と、旅館周辺の観光スポットを写真をふんだんに使い紹介するという海外プロモーションを行いました。その結果、外国人宿泊者の比率が10%から45%に増えたといいます。

また、「ベジタリアン食に対応する」「ハラルには対応しない」など、旅館の方針を英語サイトに明記したため、外国人宿泊客が増加してもトラブルはほとんど発生していません。

ベジタリアンとは

「ベジタリアン」について、どのようなイメージをお持ちでしょうか?いまいちその実態を掴めていない人も少なくないのではないでしょうか。ベジタリアンの背景には、アレルギーや病気など健康のため、自身の考え方、環境のため、宗教、スピリチュアルなど、理由はさまざまです。まずは、ベジタリアンについて基本的な定義や、現状の対策など理解を深めることが大切です。日本では、訪日外国人の増加につれて、ようやく用語として「ベジタリアン」や「ヴィーガン」が浸透し始めてきましたが、まだ対応事例はそこまで多くないのが現状...

イスラム教の食習慣にも対応する「ムスリムフレンドリー」 │ ハラールフード・ハラール認証・事例2件を解説

近年、東南アジアからの訪日観光客が増加しています。今も人口が増加し続けている地域なので、今後さらなる訪日観光客の増加が期待されています。そんな中、インドネシアやマレーシアで非常に多くの人が信仰しているイスラム教への対応が必要となってきています。しかし日本ではムスリム(イスラム教徒)に対する理解がまだ十分ではなく、「ハラール」についても詳しいことは知られていないというのが現状でしょう。そこで今回は、イスラム教向けの対応「ムスリムフレンドリー」とはなんなのか、そしてハラールフード・ハラール認証...


2. 無料Wi-Fiを利用できる環境を整える

FITの訪日外国人観光客が日本に来て不便だと思ったこととして、無料Wi-Fiや交通手段に関しての情報が少ない事があげられます。

FITは団体旅行で来ている訪日観光客に比べて公共の交通機関を利用することが多く、観光地でもレストランを探したり周辺情報を得るためにインターネットを利用する機会が多いため、無料Wi-Fiが利用できる環境を整えたり、無料Wi-Fiがどこで使えるのかといった情報を発信する必要があります。

3. 観光地への交通手段の充実

日本は主要な都市の公共交通機関はとても便利に発達していますが、訪日外国人にとっては複雑すぎてわかりにくいと感じるようです。また、地方に行くとバスが一時間に一本というところも少なくなく、タクシーを利用する機会もあるでしょう。

交通手段の面で訪日外国人の不安を軽減できるよう、通信環境を整備したり、交通機関・観光地への通訳案内士を配置したりして、地域を訪れる外国人客の満足度向上を図ることが重要です。

実際に日本を訪れたFITによる良いクチコミがインターネットを通じて広がり、さらに多くの訪日外国人観光客がその土地を訪問するきっかけになるという良いサイクルを生み出しましょう。

訪日外国人が戸惑う交通手段に関しては、下記の記事で詳しく解説しています。

訪日外国人の移動手段は電車?バス?タクシー?

観光庁が発表した「外国人旅行者に対するアンケート調査結果」を見ると、訪日外国人観光客が日本滞在中にもっとも困ったことの第4位に「公共交通の利用方法(乗り方)、利用料金」が挙げられています。東京は交通網が整備されていてタクシーの量も豊富、そのうえ電車や新幹線といった公共交通機関が充実しています。便利な反面、東京駅や池袋駅、新宿駅は複数の路線が乗り入れており、使い慣れている日本人でもわかりづらく感じます。はじめて日本を訪れた訪日外国人観光客が「わかりづらい」「駅構内が複雑すぎて乗り換え方法がわ...


施策を打って効果的にFIT獲得を

訪日外国人観光客のニーズは国籍を問わず多様化しています。海外旅行を個人で手配するFITの数も年々増えています。彼らは自分たちで観光地や周辺情報などを収集し、公共の交通機関を利用する機会も団体旅行者に比べて多くあります。

そのため海外からのFITを獲得するためには、SNSや動画を活用したプロモーションや、無料Wi-Fiの整備、交通機関の多言語対応が必要不可欠であると言えます。

FITの満足度向上を図れば口コミでのさらなる集客という好循環も期待できます。効果的なインバウンド施策でFITの集客をしていきましょう。



関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!