東京インバウンド事情|人気エリア・人気店・実例紹介

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

日本の首都、東京では、東京タワーやスカイツリーといった観光名所、史跡やレストラン、動物園や博物館、そしてショッピングスポットに映像作品の舞台(聖地)が存在し、訪日外国人観光客にとって必見の地になっています。

一口に東京と言っても、東西南北に赴きの異なる街が存在し、リピーターを飽きさせません。今回はそんな東京の、外国人観光客に人気のスポット3選とその魅力について解説します。

日本人にとっては思いもよらない場所もランクインしており、外国人ウケの視点をつかむことで、「コト消費」に傾倒するインバウンド誘客のヒントとすることができるでしょう。

インバウンド対策にお困りですか?
「訪日ラボ」のインバウンドに精通したコンサルタントが、インバウンドの集客や受け入れ整備のご相談に対応します!
訪日ラボに相談してみる

「訪日ラボ」の最新インバウンドノウハウが配信されるメルマガに登録する

外国人観光客の日本観光の定番、東京

東京を始め、日本各地で2020年に向けて外国人観光客を意識してサービスを行うお店が増えています。インバウンド客は、より「日本らしさ」を感じられる場所やサービスを好む傾向があり、こうした心理から日本の伝統的な文化や現代の流行の両方が楽しめる観光スポットに人気が集まっています。

東京にはどんな魅力がある?

東京には、外国人観光客が夢中になるさまざまな魅力があります。

  • 交通の便が良い:公共交通機関が発達している東京は、安価な費用で主要な観光地へ簡単に行けるというメリットがあります。時刻表通りにいかないのは当たり前という諸外国の交通機関に対して、分刻みで予定通りに到着する電車は、それだけで外国人観光客には驚くべきアトラクションです。
  • KAWAII文化など若者を中心としたポップカルチャー:アニメやゲームなどの影響で、日本のかわいいキャラクターや若者のファッションなどが世界でも大人気になっています。「KAWAII」という言葉は、もはや英語としても通じるほどで、竹下通りに代表されるポップカルチャーは外国人観光客から絶大な支持を受けています。
  • 神社やお寺などの歴史的な建造物や自然もある:東京には、大都市でありながら浅草寺や新宿御苑、明治神宮、高尾山などの歴史的な建造物や自然も多くあります。都会の雰囲気を感じながらも、日本古来の文化を楽しめる場所として東京は人気です。
  • 満員の通勤電車:東京ではお馴染みの、朝夕の満員電車も人気スポット言っても過言はないでしょう。通勤や通学で毎日利用している日本人には苦痛と感じられる光景ですが、外国人観光客にとっては新鮮に映ります。

東京でインバウンドに人気の観光スポット・エリア3選

インバウンド客が好む、東京の人気観光スポット・エリアとして、昔ながらの雰囲気を持つ場所、人々が集まる若者の街、そして独自のポップカルチャーに接触できる以下の3つが挙げられます。

1. 浅草寺(浅草)

江戸時代の華やかな雰囲気は、外国人観光客にとっても何か惹きつけられるものがあるようです。そんな江戸の下町風情と町人の文化が満喫できるとして絶大な人気を誇るのが、浅草浅草寺です。雷門の大きな提灯の前で写真を撮るのはもちろんのこと、「体の悪い箇所にその煙をかけると良くなる」と言われる常香炉をアトラクションのように楽しむ外国人観光客も多くみられます。

仲見世通りでの食べ歩きや日本らしさを感じるお土産、畳に座る昭和の民家の佇まいで人気のお好み焼き屋さんなど、古き良き時代の日本を堪能できるとして外国人観光客にとっては定番の観光スポットとなっています。

2. スクランブル交差点(渋谷)

一日に50万人もの人が通るという「世界最大の交差点」、それが渋谷のスクランブル交差点です。海外のメディアでも何度も取り上げられ、東京に来たからにはぜひ見てみたい場所として外国人観光客に人気です。スクランブル交差点内で写真や動画を撮る、訪日外国人の姿を見かけたことのある人も多いでしょう。

実際に訪れると、その人の多さに驚いたり、その人波にぶつからずに歩く日本人に感心したりするようです。

3. 竹下通り(原宿)

「KAWAII」文化の本場として、外国人観光客からの支持も高い原宿の竹下通りが3つ目の人気スポットです。日本の中高生に大人気のお店が並ぶ原宿の竹下通りは、30年ほど前から若者に人気のファッションや流行のお店が立ち並ぶ観光地です。メディアで取り上げられるお店や芸能人が経営するお店など、常に流行を作り出し、他の地方からの修学旅行の観光先としても有名な場所です。

時代が移り変わっても最先端の流行を発信し続け、SNS映えするスイーツや若者のファッションや雑貨など「KAWAII」文化を支えています

近年では中国人観光客も増加しており、竹下通りにある100円ショップやドラッグストアはお土産を購入する外国人観光客で込み合い、爆買いスポットとしても話題になっています。

訪日外国人観光客に人気の東京のスポット4選

訪日外国人観光客に人気の観光地である東京ですが、その中でも特に人気を集めている観光スポットがあります。東京都内の人気の観光スポットを押さえておくことは、インバウンド対策にも役立つでしょう。そこで今回は、訪日外国人観光客に人気の日本文化を体験できる東京の観光スポットや、日本人が知らない穴場の観光スポットを紹介します。インバウンド対策にお困りですか?「訪日ラボ」のインバウンドに精通したコンサルタントが、インバウンドの集客や受け入れ整備のご相談に対応します!訪日ラボに相談してみる目次東京で訪日外...


外国人ウケするお店、インバウンド対応の実例紹介

外国人が好んで訪れるお店とはどんなお店なのか気になっている方もいると思います。

近年の外国人観光客の増加に伴って、インバウンド対策を強化しているお店も増えてきました。そんな外国人ウケするお店のインバウンド事例をご紹介します。

1. 元気寿司(渋谷)

日本の食といえばお寿司と答える外国人が多いように、日本で食べられる新鮮なお寿司を楽しみに来日する外国人観光客も少なくありません。

渋谷にある元気寿司では、「回転しないお寿司」を提供しています。テーブルに設置された注文パネルから好きなメニューを注文するスタイルで、お寿司を新鮮な状態でお客様に提供し、同時に廃棄ロスを減らすことにもつながります。

注文したお寿司は高速レーンに乗ってあっという間にお客様の元に届けられます。少しでも早く新鮮なお寿司を召し上がっていただきたいというこの高速レーンシステムは、アトラクション性もあり訪日外国人観光客に人気です。

注文パネルは日本語、英語、韓国語、中国語繁体字、中国語簡体字の5言語に対応しており、英語や中国語、韓国語が話せるスタッフも勤務しています。

客の8割が外国人 渋谷の回らないハイテク寿司屋「元気寿司」がインバウンドで絶大な人気を集める理由

回転寿司業界の中で、「スシロー」「くら寿司」「はま寿司」「かっぱ寿司」の大手4社は「四天王」と呼ばれ、しのぎを削っています。そんな大手寿司チェーンの激しい競争の中、今業界で5番目に位置する「元気寿司」が訪日外国人の人気を集め、元気寿司渋谷店では来店者の8割が外国人という状況になっています。旅行情報サイトTripAdvisorが発表した2015年の「日本に来たら訪れたいレストラン」では全国26位になりました。訪日観光客の心をつかんでいるのはいったい何なのでしょうか? 顧客満足度を上げる...


2. 原宿カワイイツアー(原宿)

モノを購入するよりも体験型の「コト消費」に移行しつつある観光産業で、原宿のKAWAII文化を堪能できる「原宿カワイイツアー(Harajuku Kawaii Tour)」が外国人観光客の中で流行しています。

ロリータファッションに身を包んだガイドが、原宿の観光スポットやおすすめのファッションスポットなどを案内します。カワイイカフェでのお茶の時間やガイドおすすめのカワイイスポットを巡り、日本独自の文化として発展した「カワイイ文化」を体験することができます。

3. アキバフクロウ(秋葉原)

アキバフクロウは、東京秋葉原にあるふくろうカフェです。動物と触れ合えるというカフェは海外では珍しく、フクロウと触れ合える癒しの場所として、日本人だけでなく訪日外国人観光客からも人気のスポットとなっています。

フクロウに負担をかけないよう少人数・完全予約制で運営しているアキバフクロウは、日本語、英語、中国簡体語、フランス語に対応するウェブサイトから予約ができる手軽さと、InstagramなどのSNSでのこまめな発信でインバウンド集客に成功しています。

トリップアドバイザーでも好評のアキバフクロウは昨今の「コト消費」にマッチしたインバウンド事例です。

『なぜあのお店には外国人観光客が集まるの?』…トリップアドバイザーが「外国人に人気の日本のレストランTOP30」ランキングを発表:口コミ対策

少し前のランキングですが、ホテルや飲食店など、旅行に関する口コミサイトとして世界最大の閲覧数を誇るトリップアドバイザーは、今回で5回目となる「外国人に人気の日本のレストラン」を6月に発表しました。ランキングは1位から30位までの発表で、今回は19店舗が初登場となりました。和食、焼き肉、イタリアン、お好み焼き、中華料理、インド料理など多様なお店がランキングに登場していますが、このランキングから「どのようなお店が外国人に人気になる」と言えるのでしょうか?なお今回のランキングの決定に関しては今回...

業種別に見るインバウンド対策事例集

政府が策定するインバウンドなどの観光目標「明日の日本を支える観光ビジョン」では、2020年に訪日外客数4,000万人、2030年に6,000万人とすると定めました。東京や大阪などの都市部はもちろんのこと、各観光都市や地方にまで訪日外国人が増えてきたことを実感するものの、「では、インバウンドをビジネスとして取り込むにはどうしたらいいの?どんなことをしたらいいの?」となる担当者、マーケーターの方も多いのではないでしょうか。そんなお悩みを解決すべく、このページでは、各業種ごとにまとめたインバウン...

外国人観光客のニーズに合わせたインバウンド対策を

近年では、何度も日本を訪れるリピーター訪日外国人も多くなり、商品に価値を見出す「モノ消費」から、サービスから得られる体験に価値を見出す「コト消費」に消費者のニーズが移りっています。

外国人観光客に人気のお店にはコト消費が取り入れられており、たくさんの店やサービスであふれる東京でのインバウンド対策としては観光客のニーズをしっかりと把握し、思い出づくりができるようなひと工夫が必要です。

インバウンド対策にお困りですか?
「訪日ラボ」のインバウンドに精通したコンサルタントが、インバウンドの集客や受け入れ整備のご相談に対応します!
訪日ラボに相談してみる

訪日ラボおすすめのセミナーをご紹介

インバウンド市場の最新動向がわかる訪日ラボおすすめのセミナーをご紹介します。

2024年のインバウンド動向とデジタルプロモーション

昨年12月、JTBが2024年の旅行動向見通しを発表し、 訪日外国人旅行者がコロナ前の2019年を上回る過去最多の3,310万人に達するとの予測を立てました。

インバウンド市場が回復の動きを見せる中、訪日外国人を集客するために、どのような対策をすべきかお悩みの方も多いのではないでしょうか。

そこで本セミナーでは、訪日外国人の集客支援を行う2社にて、 2024年のインバウンド動向とデジタルプロモーション成功のポイントを独自の視点から紐解いていきます。

【訪日外国人の行動データと口コミデータで紐解く】2024年のインバウンド動向とデジタルプロモーション

今こそインバウンドを基礎から学び直す!ここでしか読めない「インバウンドの教科書」

スマホ最適化で、通勤途中や仕込みの合間など、いつでもどこでも完全無料で学べるオンラインスクール「口コミアカデミー」では、訪日ラボがまとめた「インバウンドの教科書」を公開しています。

「インバウンドの教科書」では、国別・都道府県別のデータや、インバウンドの基礎を学びなおせる充実のカリキュラムを用意しています!その他、インバウンド対策で欠かせない中国最大の口コミサイト「大衆点評」の徹底解説や、近年注目をあつめる「Google Map」を活用した集客方法など専門家の監修つきの信頼性の高い役立つコンテンツが盛りだくさん!

→ 【無料】「インバウンドの教科書」を見てみる

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客インバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!

プロモーションのご相談や店舗の集客力アップに