JNTOがシンガポールで「Japan Travel Fair 2019」を開催へ

公開日:2019年07月09日

訪日旅行促進イベントを9月に主催 一般消費者が対象

日本政府観光局(以下、JNTO)が、シンガポールで「Japan Travel Fair 2019」を開催すると、7月8日に発表しました。

JNTOは、ビジット・ジャパン(VJ)事業の一環として、9月に一般消費者を対象とした訪日旅行促進イベント「Japan Travel Fair 2019」をする予定です。

「Japan Travel Fair」を2017年10月に開催したときには、3日間合計の来場者数がおよそ4.2万人、訪日旅行商品の購入者数はおよそ1,200人に上りました。現地旅行会社の訪日旅行商品の販売など、訪日旅行促進のための、大きなアピールの機会となります。

「Japan Travel Fair 2019」

「Japan Travel Fair 2019」

出展参加団体などを募集 1ブースあたり24万円に

同イベントの開催に合わせてJNTOはブース出展参加団体や配布パンフレットを募集しています。出展費用は1ブースあたり24万円。配布パンフレットは、A3サイズ以下の大きさのものが対象で、1団体あたり上限5キロとなります。

JNTOが用意している専用の申し込みフォームをダウンロードし、必要事項を記入、「JNTO シンガポール事務所 武田」宛にメール送信することで申し込みが可能。7月26日17時に申し込み締め切りとなります。

(画像はプレスリリースより)

まずは知ってもらう!旅マエに有効なインバウンド集客を資料で詳しくみてみる

「インバウンド動画プロモーション」を資料で詳しくみてみる

「SNSを活用したプロモーション」を資料で詳しくみてみる

「インフルエンサーマーケティング」を資料で詳しくみてみる

「広告プロモーション」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

JNTO プレスリリース
https://www.jnto.go.jp/jpn/news/20190708.pdf

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボニュース

訪日ラボニュース

訪日ラボ編集部が選んだ、企業のインバウンド対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。