【海外の反応】電車が「観光地」に?東西南北、訪日外国人に人気の国内ラッピング電車!

公開日:2020年01月08日

2019年10月下旬、JR西日本と和歌山「アドベンチャーワールド」がコラボレーションし運行の始まった「パンダくろしお『Smileアドベンチャートレイン』」が、運行の期間延長を発表しました。

動物園・水族館・遊園地を合わせた同施設は、訪日外国人に人気の国内のテーマパークです。オリジナルの内装デコレーションとキュートなパンダフェイスの電車は、同施設の魅力をますます高めてくれるでしょう。

今回はインバウンド観光の促進につながる「ラッピング電車」に焦点を当て、海外の反応も併せてご紹介したいと思います。

▲[パンダくろしお]:アドベンチャーワールドプレスリリースより
▲[パンダくろしお]:アドベンチャーワールドプレスリリースより

【国内テーマパークランキング】2019年インバウンド人気ベスト10:一番人気はUSJ!続くは老舗のTDR

日本政府観光局(JNTO)の発表によると、2019年1月~6月の半年間における訪日外客数は、前年比4.6%増の1,663万人を記録しており、2020年開催の東京オリンピックを控え、今後も訪日外国人旅行客の増加が予想されます。現在、多くの訪日外国人が全国各地の観光スポットを訪れていますが、なかでも遊園地などレジャーランドなどの人気が高いと言われています。日本にも数多くテーマパークが存在しますが、どのテーマパークが訪日外国人に人気なのでしょうか。ランキング形式で紹介します。目次国内のテーマパー...


ユニークなラッピング電車たち

ラッピング電車とは、その名の通り企業の新製品や新サービスの広告を乗り物全体に貼り付ける訴求効果の高いPR方法です。電車の外部だけの広告もあれば、座席や吊り革、車内のレイアウトを大幅に変える場合もあり、ただの広告以上に電車そのものがメインの観光名物になる時もあります。

ちなみに山手線に2週間広告を出すのに必要な経費は600万円ほどと言われており、そのインパクトの大きさに対してリーズナブルな価格設定という印象を持つ広告主も少なくないと考えられます。こうした要因も、公共交通機関のラッピング広告の人気を加速させていると考えられるでしょう。

日本全国にはたくさんのユニークでキュートな「ラッピング電車」が駆け巡っており、多くの訪日外国人に印象を残していることがTwitterからも確認できます。

ラッピング電車・海外からの反応は?

全国のラッピング電車たちはどの様に外国人旅行客の目に映っているのでしょうか。海外の反応を4件ご紹介します。

1. JR東日本・ピカチュウだらけの限定電車

東日本大震災で被災したこどもたちに向けた支援活動「POKÉMON with YOU」とJR東日本がコラボレーションして作った電車には様々なサイズのピカチュウが大発生しています。

ハリウッドでピカチュウの実写映画版が制作され、更にスマホアプリ「ポケモンGO」の世界的大ヒットを受け、訪日外国人の間でピカチュウと旅ができる電車として話題になっています。

SNSでは「日本は最高なものの集まりだ」 、「ピカ チューチュートレイン!!」、「おぉ…これは本当に興味がある」、「絶っっっっ対乗る!」と熱量の高いコメントがたくさん確認できます。

ポケモンGOがただのスマホゲームで終わらない理由:「ポケストップ」申請スタートで新たな観光名所が生まれる?

ポケモンGOは、言わずと知れたスマートフォン向け位置情報ゲームアプリです。駅前や公園に大勢の大人が集まり、熱心に操作している様子を目にしたことのある人も少なくないでしょう。同ゲームでは、実在する公園や建物などに紐づくように設置されている「ポケストップ」や「ジム」が重要な役割を担います。これらは一般に「ウェイポイント(waypoint)」と呼ばれ、経路上の地点情報を指します。プレイヤーの間では、実は以前から都市部と地方でのウェイポイント数の格差に対し不満の声が上がっていました。また経験値やア...

ポケモンGO好き外国人がハマる「沼」限定ポケモンが地方創生の救世主になる理由

国内外で人気のポケモンGOは、スマホなどで利用できる仮想現実モバイルゲームです。ポケモンGOには、地域限定ポケモンやプレイヤー同士の交流など、訪日外国人へのアップローチのきっかけとなる要素が多く含まれています。この記事では、ポケモンGOの概要と、インバウンド需要との関連性についてご紹介します。関連記事ポケモンGOがただのスマホゲームで終わらない理由【韓国】ポケモン人気にみる日韓関係中国で人気のキャラクター紹介目次ポケモンGOの概要ポケモンGOの遊び方「ポケモンGO好き」が世界から日本に来る...

韓国でもポケモンは大人気!アニメツーリズムにみる日韓関係

アニメツーリズムという言葉が生まれるほど、日本のアニメが好きで日本を訪れる訪日外国人が多くいます。その中でもポケモンは根強い人気があり、2019年5月に映画「名探偵ピカチュウ」が公開されました。世界で愛されるポケモンは関係が悪化する韓国でどのように扱われているのか、ご紹介します。関連記事「#好きです韓国」「#好きです日本」タグで紡ぐ両国の友好関係【韓国の反応】日本旅行を計画していた韓国人「69.3%」【韓国の反応】なぜ本『反日種族主義』は韓国でベストセラーとなったのか目次韓国でもポケモンは...


2. 東京都・幸福の電車(豪徳寺)

JNTO(日本政府観光局)が欧州15カ国を対象に制作したプロモーションビデオ「JAPAN―Where tradition meets the future」にも登場する東京都「豪徳寺」は、その道中も観光気分を盛り上げてくれるキュートな電車を運行させています。

豪徳寺には数えきれないほどの招き猫が並び、訪日外国人にとって非常に印象的なスポットです。SNSでは、「ここに行くには”猫顔”の電車に乗るのだけど、あなたの旅行をもっとカワイイものにしてくれるよ」といった訪日外国人の感想が確認できました。

3. 伊豆箱根鉄道・ラブライブ!サンシャイン‼ 記念電車

アニメ「ラブライブ!サンシャイン!!」の劇場版公開を記念し、伊豆箱根鉄道駿豆線はこれで第3弾となるラッピング電車「Over the Rainbow 号」を2019年10月25日から11月28日の期間で運行しました。

国内外に熱狂的なファンを抱える同作品は、電車に乗るだけでも訪日したいと思わせるパワーコンテンツとなっています。

SNSには「今日本に居れたならなー、この目で見たい!」 、「おーーーパーティー電車だ」、「ラブライブ電車は停まらない…(残念な気持ちを表現)」といった英語での書き込みが見られます。

4. 熊本電鉄・くまモン電車

熊本県のゆるキャラ「くまモン」は、日本国内だけでなく、アジアを中心に絶大な人気を博しています。熊本県にはこのキャラクターに包まれた電車が走っていますが、乗車を目的に訪日する旅行者もいるそうで、その人気は伊達ではありません。


東洋経済の取材によれば、このくまモン電車が運行開始してから今では毎月5,000人ほどの訪日客がこの電車を目的に訪れているそうです。

その大半を占めているのは台湾からの観光客で、九州一周のツアーでは「くまモン電車」が行き先としてプランに入っているとも言います。「電車」をただの移動手段ではなく「観光地」に昇華させた成功例でしょう。

まとめ

今回は、伝統的な観光名所ではなくとも、訪日観光客の日本気分を盛り上げてくれる注目のコンテンツである「ラッピング電車」についてご紹介しました。

複数回訪日経験がある訪日外国人も増え、訪日外国人が日本滞在に求めるものはますます多様化しています。ラッピング電車は眺めるだけでなく、乗車し、また移動中の外の景色を楽しむこともできます。貴重な旅行の時間を一秒たりとも無駄にしたくないという考えの訪日外国人におとっても喜ばれるコンテンツとなりうるでしょう。

また、コアな日本ファンであれば普段の日本人の様子を見てみたいと考えている場合も少なくありません。日本アニメやドラマのファンの場合、スクリーン上で見たことのある光景が再現されていることに感激を受ける人もいます。新たな日本の楽しみ方として交通機関の利用が広まれば、これまで訪日旅行に関心のなかった層の需要も喚起できるかもしれません。

京王電鉄がW杯で本気を出した!京王線新宿駅のインバウンド対策がスゴイ

ラグビーワールドカップの会場となっている、東京スタジアムの最寄駅「飛田給駅」がある京王線は、新たに乗車マナーに関する注意喚起のポスターの掲示を始めました。東京都と京王電鉄は、外国人観戦客を対象に、沿線で訪日外国人の受け入れ態勢を強化しています。今回は、京王電鉄によるラグビーワールドカップ観戦客のマナー向上に向けた取り組みや、これまでの訪日外国人対策について紹介します。目次新宿駅のポスターで情報発信イギリス政府発行のポスターも掲示台風情報も4つの言語で掲示訪日外国人を取り込むためにやっている...

【猫の島】世界40億回再生のエド・シーラン楽曲が、福岡県の小島にインバウンド客を呼び込む

福岡県の北西、玄界灘に浮かぶ相島は、猫の島として世界的に知られる1周6キロほどの小さな島です。福岡空港に向けて島の上を旋回する飛行機から見下ろすと、ハート型の島の形がはっきりとわかります。近年は猫の島として世界的に知られ、訪日外国人観光客も多く訪れる福岡県の観光スポットとして有名です。地元自治体や鉄道会社が協力し、観光客誘致の取り組みが継続的に実施されています。目次相島とはきっかけはCNN世界に向けて行われてた相島PR作戦地元の西鉄も相島をPRするイベントを実施ターゲットに刺さるきっかけを...


<参照>

駿豆線・大雄山線:「ラブライブ!サンシャイン!!」ラッピング電車の運行情報等(11/25更新)

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!