韓国人に人気のお土産は?食べ物以外にもオススメしたい日本のもの

公開日:2020年01月22日

日韓関係が冷え込み、訪日韓国人が減少するだけでなく韓国国内では日本製品の非買運動が起こるなど問題が深刻化しています。

その一方で「#好きです韓国」「#好きです日本」という2つのハッシュタグがTwitter上で話題となりました。

このハッシュタグからも分かるとおり、全ての韓国人が反日感情を持っているわけではありません。

韓国人の中にも日本に対し好意を持っている人もおり、そういった人をターゲットにしたインバウンド対策も必要でしょう。

この記事では、訪日韓国人観光客の現状と韓国人が喜ぶ人気のお土産をご紹介します。

関連リンク
「#好きです韓国」「#好きです日本」SNSで拡散
韓国国内で苦しむ親日派と韓国人同士の溝

韓国人観光客の現状

2018年まで毎年伸びをみせていた韓国人観光客数ですが、日韓関係の悪化にともない、2019年は減少傾向にあります。

日本にとって、韓国人は訪日外客数の約4分の1を占めるだけに、インバウンド消費への悪影響が懸念されます。

2018年訪日韓国人は全体の4分の1

日本政府観光局(JNTO)によると、2018年の年間訪日外国人客数は約3,120万人、そのうち訪日韓国人は中国に次ぐ第2位の約754万人で、全体のおよそ4分の1を占めています。

韓国の外国旅行需要の増加や、LCCの新規就航などを背景に、若者や家族をターゲットとしたメディアタイアップキャンペーンの実施のほか、インスタグラムやFacebookなどを活用したSNSでの情報発信を通じて、消費者に直接アプローチし、地方誘客の強化を図ったためと考えられます。

日韓関係による訪日客減少も話題に

日本政府観光局(JNTO)の訪日外客数(推計値)によると、2019年8月の訪日韓国人数は、2018年8月の約59万人に比べて48.0%減の約30万人と、大きく下回る数字が出ています。

日韓関係の悪化により、日本への旅行を控える動きが韓国で急速に広がったためとみられます。

ほかにも韓中関係の改善による中国への渡航需要の回復やベトナムなど日本以外の観光先への需要の高まり、韓国経済の低迷なども減少の要因と考えられます。

8月の韓国人客「半減」の急降下…未曾有の「コリア・ショック」どう乗り切る?

観光庁の18日の発表によれば、8月に日本を訪れた韓国人旅行者数は、前年同月より48.0%減の30万8,700人にとどまりました。この数年は中国に続き市場2位であるインバウンド韓国市場ですが、今年7月からの対韓輸出規制強化により反日感情の高まりが実際に数字として表れたとも見られ、業界に驚きと不安を与えています。目次訪日外客数、11ヶ月ぶりに前年同月割れ訪日韓国人48.0%減が大きく影響「コリアショック」 「影響は9月から」と言われていたが…ボイコットジャパンが向かい風に「コリアショック」どう...

【韓国の反応】日本旅行を計画していた韓国人「69.3%」キャンセルの衝撃:韓国シンクタンク最新調査で判明

9月12日から9月14日は韓国のお盆、「秋夕(チュソク)」です。本来ならこの時期に日本旅行に来る韓国人も多いですが、今年は日韓関係の悪化に伴い、双国への旅行者減のニュースが目立ちます。韓国の文化観光研究院はこれに先立ち、韓国人の日本旅行に関するアンケート調査を実施しました。※Twitterの日本語訳は特に断りのない場合、訪日ラボ編集部による。目次日本旅行キャンセルの9割原因は「日韓関係悪化」なぜ韓国人は日本を旅行先に選ぶのか実際に中止・変更した韓国人の反応は?今後の日韓旅行にも影響…?日本...

不買運動の傾向も

日本が韓国に対して輸出管理を見直して以降、韓国ではボイコットジャパンと呼ばれる日本製品の不買運動が拡大して話題となりました。

当初、影響は一時的との反応を見せていた日本政府や日本企業でしたが、長引く影響でさまざまな日本製品が売上の落ち込みを見せはじめています。

自動車業界では、韓国市場でのシェア率が20.4%から8月には7.7%にまで縮小し、ビール業界では、韓国では10年間1位だった輸入量が8月には13位まで落ち込んでいます。

ほかにもユニクロや無印良品なども売上が減少しました。

激化する韓国「ボイコットジャパン(不買運動)」影響インバウンドにも:訪日消費第3位の市場を失う可能性

7月4日に日本政府が韓国向け半導体材料への輸出管理厳格化に踏み切った影響で、現在韓国では日本製品の不買や日本旅行キャンセルといった「ボイコットジャパン運動」が激化しています。目次関係悪化の発端、韓国と日本で主張に相違徴用工問題とは?慰安婦問題とは?ボイコットジャパンの開始インバウンドにおける韓国市場の位置づけまとめ:逆境を活かした施策にも可能性が関係悪化の発端、韓国と日本で主張に相違今月24日の世界貿易機関(WTO)一般理事会で、韓国側はこの規制の理由について「元徴用工問題への対抗措置であ...

収まらないボイコットジャパンの波で自国が窮地に?韓国LCC各社の株価が下落した理由

7月4日に日本政府が韓国に対する輸出規制強化の措置を発動したことにより、韓国では反日感情が高まっています。韓国国内では、日本製品の不買や日本旅行をキャンセルするなどの反発運動「ボイコットジャパン運動」が激化しています。こうした事態について日本国内で実施されたあるアンケートでは、今回の日本の措置に納得している人が80%を超えるという結果も見られました。また28日には北朝鮮が日韓対立を好機とみて、日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)破棄を韓国側に要求し始めまるに至っています。今回の日韓対立...

韓国人に人気の日本のお土産3選(お菓子編)

2018年の観光庁訪日外国人消費動向調査によると、訪日韓国人の買物代のうち、消費費目で一番多いのが菓子類です。

訪日回数にかかわらず約80%を占めています。ここでは訪日韓国人に人気の高いお菓子のお土産を3つご紹介します。

1. じゃがりこ

ジャガイモを使ったスナック菓子は韓国でも老若男女問わず人気の高い商品です。

じゃがりこは韓国では販売されていない商品のため、とくに人気があります。いろいろなテイストが販売されていますが、定番のサラダ味が一番支持されているようです。

韓国では、同じような商品のジャガビーが韓国の会社「ヘテ」と日本の「カルビー」の協同で販売されていますが、日本で売っている商品とは若干違いがあります。

そのため訪日の際には、日本で販売している商品を買い求める人が多いようです。

2. 蒟蒻畑

韓国人なら誰もが知ってると言うほど知名度の高いこんにゃくゼリーは、お土産に必ず選ばれるほどの大人気商品です。

美容への意識が高く、健康志向の韓国人には、美味しくて低カロリーなうえに腹持ちが良いとして受けています。

こんにゃくゼリーは、いろいろなメーカーから販売されていますが、なかでも蒟蒻畑は、もちもちの食感と1つ25kcalほどのヘルシーさが評判です。蒟蒻畑のやわらかい弾力感は日本独特の食感なのだそうです。

ぶどう、りんご、白桃、温州みかん、コーヒーと種類も豊富なので、いろいろな味を楽しめます。

3. キットカット

台湾人や中国人からも人気の高いキットカットは、韓国人にも人気があります。なかでも韓国では「ノクチャ」と呼ばれる抹茶味は苦みが受け、特に人気の高い商品です。

韓国でも販売されていますが、価格が高いため訪日の際に、まとめて購入する人が多いようです。

訪日外国人客の多いドン・キホーテでは、抹茶コーナーが設けられていることからも人気の高さがうかがえます。抹茶、濃い抹茶、抹茶のちからの3つの種類が発売されているので、食べ比べてみるのも楽しいかもしれません。

韓国人に人気の日本のお土産3選(美容編)

2018年の観光庁訪日外国人消費動向調査によると、訪日韓国人の買物場所はコンビニエンスストアやドラッグストアが上位を占めています。

ここでは訪日韓国人に人気の高い美容商品のお土産を3つご紹介します。

1. 洗顔料 : パーフェクトホイップ(専科)

日本での口コミの良さがSNSなどを通じて韓国にも広まり、韓国のアイドルたちや人気女優も使用していると話題になったことから、人気に火がつきました、若い層を中心に人気の高い商品です。

日本の方が安く購入できるためお土産として購入する方が多いようです。

資生堂ブランドの知名度は高く、濃密で弾力のある泡でしっかり洗顔できると支持を得ています。

洗いあがりは肌がもちもちになると、美容大国と言われる韓国でも評価の高い商品です。

2. 足すっきりシート休息時間

足に貼るだけですっきりした気分が味わえる休息時間は、足の疲れやむくみが楽になり、リラックス効果が得られると、男女どちらからも人気のある商品です。デスクワークや旅行の多い方に好まれています。

この商品も日本の方が安く購入できるため、お土産としてまとめて購入する方が多いようです。

韓国アイドルがインスタグラムに投稿したことをきっかけに韓国でも知名度があがり、今では定番のお土産になっています。

3. フレーバーリップ デリシャスドロップリップ(NIVEA)

多くの韓国アイドルが使っている様子がSNSなどで発信され、知名度が高いニベアのリップは、うるおいと香りの良さから韓国では人気のブランドのひとつになっています。

オリーブオイルや植物スクワランなどの果実由来の保湿成分とUVカット成分配合のニベアのフレーバーリップ デリシャスドロップリップは、バニラとフルーツの甘い香りで若い女性を中心に人気の高い商品です。

比較的値段が安価で、ドラッグストアなどで手軽に購入できることもあり、プレゼントとして大量に購入していく方が多いようです。

訪日韓国人は減っているが人気のお土産は変わらず

観光庁訪日外国人消費動向調査によると、訪日韓国人の買物代の費目は訪日回数によらず、菓子類や医療品、化粧品の人気が変わらず高い傾向にあります。

YouTubeやインスタグラムなど、SNSで発信される情報に影響を受け、若い層を中心に人気が広まり、日本のお土産として買い求めている人が多く見受けられます。

2019年は日韓関係の悪化の影響もあり、訪日韓国人数が減少傾向にあるものの、日本の商品への関心は依然高いと考えられます。

九州や関西など、訪日外国人に占める韓国人の割合が高い地域は、地域経済への影響が懸念されます。新たなインバウンド市場の開拓に期待が高まります。

【ランキング】韓国人に人気の日本のお土産、1位は「招き猫」:韓国人が検索する日本のレストラン・化粧品・お土産TOP20調査より

ブルームストリート株式会社は6月25日、『韓国人が検索する日本のレストラン・化粧品・お土産TOP20』を発表しました。調査では韓国人が日本の製品について、どのような検索をしているのかが明らかになっており、今後のインバウンドの韓国市場対策において、重要なデータと言えるでしょう。韓国では、一連の日本商品の不買運動に伴い、日本旅行熱の低下も一部では伝えられていますが、SNSでは公開しないものの、日本ファンは引き続き旅行に訪れているとの情報もあります。今週12日~15日は韓国では中秋節の祝日もあり...

<参照>

東洋経済ONLINE:「ボイコットジャパン」から2カ月、続く余波

JNTO:国籍/月別 訪日外客数(2003年~2019年)

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!