中国向け訪日プロモーションのポイントとは?【訪日ラボ中国人スタッフが解説 vol.6】

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

2024年に入り、海外旅行需要の本格的な回復を見せる中国。訪日旅行も活況で、2024年4月の中国人訪日客数は韓国に次いで2番目に多い53万3,600人でした。2024年1〜3月(1Q)の中国の観光消費額は国・地域別で最も多い3,526億円で、全体の20%を占めています。

夏の旅行シーズンに向けて需要は順調に推移するとみられ、各方面で中国市場に向けた対策が急がれています。

そこで訪日ラボでは、中国市場の最新動向と中国SNSトレンドを解説するオンラインセミナーを開催。「プロ」の目線から中国の市場動向や最新の中国SNSの事情をお伝えしました。

本記事では、セミナー内で訪日ラボ中国人スタッフが紹介した中国旅行トレンドのなかからホットな内容をピックアップしてお届けします。

今回のテーマは「中国向けプロモーションのポイント」。プロモーションを成功させるための考え方や知っておくべき中国SNSの最新情報など、施策検討のヒントを解説します。

→ セミナー全編のアーカイブ動画はこちら

インバウンドの最新情報をお届け!訪日ラボのメールマガジンに登録する(無料)


中国SNSプロモーションのポイント

セミナーでは、訪日ラボの中国人スタッフであり、中国SNSで在日インフルエンサーとしても活躍する熊 孟華(ユウ モウカ)が登壇。複数のSNSアカウントを運用して感じた中国の旅行トレンドについて、実際の投稿をもとに紹介しました。

中国向けプロモーションを成功させるポイントは、「シチュエーションから対策を考えること」と「KFSプロモーション」の2つだといいます。

1. シチュエーションから対策を考える

従来の訪日旅行では、日本を訪れること自体に旅行者の高いモチベーションがありました。観光地選定においても、「日本にいくから◯◯を見よう(やろう)」というように、「日本に行くこと」を前提として、観光スポットを検討する傾向が強かったそうです。

しかしコロナ禍後、タイやシンガポールなど中国人に対して観光ビザを免除する国が増加。東南アジアを中心に海外旅行需要が高まり、旅行先の選択肢が増えました。その結果、「花火大会に行くなら日本」「ドリアンを食べるならタイ」など、シチュエーションに合わせて訪問先を選ぶ傾向が強くなっています。

日本の企業や自治体は、日本そして自らの地域の特色やユニークポイントを把握し、“ここでしか体験できない魅力”を適切にアピールすることが必要です。

2. 「KFS」プロモーションへの対応

「KFS」プロモーションとは、以下3つのアルファベットの頭文字をとったものです。

  • K:KOL・KOC・KOS
  • F:Feeds
  • S:Search

K:KOL・KOC・KOS

KOL(Key Opinion Leader)は、有名インフルエンサーなど大きな影響力を持ったユーザーのこと。KOC(Key Opinion Consumer)は、インフルエンサーよりも消費者の目線や立場に近い発信者であり、KOS(Key Opinion Sales)は、特定の専門知識を用いて発信を行う人のことです。KOL・KOC・KOSを活用すれば、良質なコンテンツを継続的に配信することができるようになります。SNS上に情報を蓄積でき、認知度向上やブランディングに有効です。

F:Feeds

近年のSNSはAIが発達し、ユーザーの嗜好に合わせたレコメンド機能が充実。中国のSNSでも同様で、ユーザーのタイムライン(Feeds)には検索や閲覧履歴に基づいた類似情報が常に表示されています。自社の情報をSNS上に蓄積し、常にユーザーのタイムラインに表示させる状態(Always on Feeds)を作ることで、日常的な情報の刷り込みを狙います。

S:Search

中国のSNSユーザーは、SNSを検索エンジンのように利用している人が多くいます。検索(Search)はユーザー習慣として定着しており、良質な内容を常に検索結果に表示させること(Always on Search)も重要な施策のひとつ。ターゲット層が多く使うSNSをチェックし、自社の情報がきちんと整備されているか把握することが大切です。

「KFS」を用いたプロモーションは現在の中国における主流ともいえる施策。中国市場を狙う日本の企業や自治体は必ず押さえておくべきポイントといえるでしょう。

→ セミナー全編のアーカイブ動画はこちら

KOCを活用するポイント

KOL・KOC・KOSの活用において、特に注目が高まっているのがKOCを活用したプロモーションです。KOCはインフルエンサーKOL)と比べて直接的な影響力は大きくありません。しかし、友人・知人やフォロワーとの強固なコミュニティを形成しており、紹介した商品への安心感が生まれやすいというメリットがあります。

KOCマーケティングを成功させるために、ポイントとなる考え方を2つご紹介します。

1つ目は、費用と情報ボリュームの面で効果が出やすいことです。有名インフルエンサーなどKOLを活用する場合は、ある程度、高額な費用がかかります。一方、KOCの場合は同じコストでも複数のKOCを起用でき、より多くの記事や動画の発信が可能なことも。コストを抑えながら、短期間で情報を蓄積することができます。

2つ目は、SNSのアルゴリズムについてです。上記でも述べた通り、RED小紅書)を筆頭に中国の新しいSNSでは、ユーザーの興味に合わせてAIが類似情報をおすすめしてくれます。SNS上の情報が多い方が、ターゲット層におすすめ記事として情報を届けやすくなり、場合によってはトレンドを作ることも可能です。そうした面からもKOCを活用するメリットは大きいと言えるでしょう。

KOL・KOC・KOSにはそれぞれに特徴があります。さまざまな施策を組み合わせながら、適切なプロモーションを検討することが大切です。

→ セミナー全編のアーカイブ動画はこちら

中国プロモーションのヒントが詰まったアーカイブ動画公開中

旅行需要が回復した中国では、日本を含め海外旅行への興味・関心が高まっています。訪日旅行のピークとなる夏に向け、中国SNSの特徴を把握し、適切なプロモーション戦略を考えていくことが重要です。

セミナー本編では、本記事で紹介した中国SNSの最新トレンド以外にも、中国の旅行需要に関する最近の動向や、SNSを活用したプロモーションのヒントなどを詳細に解説しています。

ここでしか聞けない情報ばかりですので、ぜひご視聴いただき、インバウンド対策のヒントをつかんでいただけたらと思います。

→ アーカイブ動画はこちら:中国SNS&訪日プロモーションのプロに聞く!日本のインバウンド事業者が知らない「中国現地の最新旅行トレンド」

訪日ラボでは、他にもインバウンドに関連したさまざまなセミナーを開催しています。ご興味のある方は、下記のセミナー一覧もご覧ください。

セミナー一覧はこちら

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

▼この連載の記事

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

インバウンド対策にお困りですか?
「訪日ラボ」のインバウンドに精通したコンサルタントが、インバウンドの集客や受け入れ整備のご相談に対応します!

訪日ラボに相談してみる

訪日ラボ セミナー紹介&最新版インバウンド情報まとめ

訪日ラボおすすめのセミナーや記事をご紹介します。

観光地域づくりに必要な”巻き込み力”とは?実例から学ぶ地域コンテンツの活性化ポイント


訪日外国人数は過去最大を見込んでいる2024年ですが、一方で誘客する企業や地域、自治体などでは今でも多くの課題に臨んでいます。

訪日ラボでも、山梨県(富士山)のオーバーツーリズム対策について、対策の重要性とそれに取り組む関係者の姿勢について取材をしてきたばかりです。

そこで今回は、地域産業や関係者を巻き込むことによって起きた地域活性化について最新のデータや情報をお届けします。

  • "巻き込み力"とは何か
  • 組織や地域で創り上げるコンテンツはどのようなメリットをもたらすのか

など、国内最大級の遊び予約サイト「アソビュー!」の専門家とともにこれからのポイントを徹底解説します!

詳しくはこちらをご覧ください。
観光地域づくりに必要な”巻き込み力”とは?実例から学ぶ地域コンテンツの活性化ポイント


【インバウンド情報まとめ 2024年6月後編】富士山の登山規制・通行料の徴収 7/1から開始 他



訪日ラボを運営する株式会社movでは、観光業界やインバウンドの動向をまとめたレポート【インバウンド情報まとめ】を毎月発行しています。

この記事では、2024年6月後半版レポートから、6月のインバウンド最新ニュースを厳選してお届けします。

最新情報の把握やマーケティングのヒントに、本レポートをぜひご活用ください!

本レポートの内容は、原則当時の情報です。最新情報とは異なる場合もございますので、ご了承ください。

最新情報の把握やマーケティングのヒントに、本レポートをぜひご活用ください。

口コミアカデミーにご登録いただくと、レポートの全容を無料にてご覧いただけます。

詳しくはこちらをご覧ください。

富士山の登山規制・通行料の徴収 7/1から開始 / 5月の訪日外国人数304万人、3か月連続で300万人超え【インバウンドまとめ 2024年6月後編】

今こそインバウンドを基礎から学び直す!ここでしか読めない「インバウンドの教科書」

スマホ最適化で、通勤途中や仕込みの合間など、いつでもどこでも完全無料で学べるオンラインスクール「口コミアカデミー」では、訪日ラボがまとめた「インバウンドの教科書」を公開しています。

「インバウンドの教科書」では、国別・都道府県別のデータや、インバウンドの基礎を学びなおせる充実のカリキュラムを用意しています!その他、インバウンド対策で欠かせない中国最大の口コミサイト「大衆点評」の徹底解説や、近年注目をあつめる「Google Map」を活用した集客方法など専門家の監修つきの信頼性の高い役立つコンテンツが盛りだくさん!

→ 【無料】「インバウンドの教科書」を見てみる


完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客インバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!

プロモーションのご相談や店舗の集客力アップに