パソナとAirbnbが業務提携~ シェアリングエコノミーを活用した新しい働き方の創造と、就労機会の拡大 ~

パソナとAirbnbが業務提携~ シェアリングエコノミーを活用した新しい働き方の創造と、就労機会の拡大 ~

[株式会社パソナグループ]

株式会社パソナ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 COO 佐藤司、以下「パソナ」)とAirbnb Japan株式会社(本社:米国カリフォルニア州サンフランシスコ、以下「Airbnb」)は、シェアリングエコノミーを活用した新しい働き方の創造や地域での就労機会の拡大を目指して、業務の提携に関する覚書を締結しました。両社は第一弾として、ホームシェアホストの「募集・育成」「業務支援」の分野において協働を検討してまいります。

空き部屋や空き家を活用することで、ゲストを招き宿泊体験を提供するホームシェアは、地方創生に向け大きな価値を提供する可能性を持っています。Airbnb調べによると 2016年、Airbnbコミュニティが経済活動により創出した利益は4,061億円であり、その経済効果は9,200億円に及ぶと推計されています。

Airbnbは、旅行先で現地の文化とつながり、ユニークな旅行体験をすることで参加できる世界を創り出すことを使命としています。Airbnbのコミュニティでは、世界191カ国6万5千以上の都市においてアパートやヴィラから城やツリーハウスにいたるまで、何百万というユニークな部屋へのアクセスをお届けしています。Airbnbは人を原動力としており、家の空きスペースを活用すること、または情熱、興味・関心を共有することで臨時収入が得られる最も容易な方法を提供してまいります。

パソナは、昨年より戦略的な観光地域づくりを支援する『観光立国ソリューションサービス』を開始し、観光分野における人材育成・雇用創出に取り組んでいます。これまで培ってきた観光客向け“おもてなし人材”の育成ノウハウや、全国の地方自治体等と連携して取り組んできた地方創生事業でのノウハウを活かして、ホームシェアをはじめとした様々なサービスの質の向上に貢献してまいります。
Airbnbとの協働により、シェアリングエコノミーを活用したアクティブシニアや若者の新しい働き方の創造と、さらなる就労機会の拡大に取り組んでまいります。

第一弾の協働として、『地域おもてなしホスト育成プログラム』を共同開発し、2017年6月より開始いたします。プログラムでは、ホームシェアの基礎知識や関連法制度を理解することにより、ホームシェアの運営方法を学ぶことができます。また、高い顧客満足度を得ているホストによるホームシェア体験談や安心・安全にゲストを迎える方法が紹介されます。
パソナは、シェアリングエコノミーを活用した新しい働き方を実践する人材を、2020年までに1万人創出することを目指してまいります。

■ 業務提携 概要

締結日:
2017年4月28日(金)
内 容:
シェアリングエコノミーを活用した新しい働き方の創造や、地域での就労機会の拡大を目指して、以下分野において協働していく

  1. シェアリングエコノミーを活用した新しい働き方の認知向上・普及促進 - ホームシェアホストの募集、育成 - ホームシェアホストの業務支援サービスの開発

【 ご参考 】 『地域おもてなしホスト育成プログラム』概要 日 程:
2017年6月より開始
実施場所:
東京、大阪、京都、福岡、沖縄、札幌、仙台で順次開催予定
〈東京〉日時: 6/23(金) 19:00~21:00/場所: パソナグループ本部(千代田区大手町2-6-2 日本ビル)
〈大阪〉日時: 6/29(木) 19:00~21:00/場所: パソナグループビル(大阪市中央区淡路町4-2-15)
内 容:

  • ホームシェアの基礎知識
  • ホームシェア関連法制度の紹介
  • ホームシェア体験談の共有
  • 「安心、安全」を担保する仕組みについて

対 象:
『地域おもてなしホスト』として活躍したい方
主 催:
株式会社パソナ
お申込み:
以下URLよりお申込み下さい
〈 東京 〉www.pasona.co.jp/event/2017/17050901.html
〈 大阪 〉www.pasona.co.jp/event/2017/17050902.html
お問合せ:
株式会社パソナ E-mail sharingwork@pasona.co.jp

<参考>

Favicon訪日ラボ

 

<日本における経済活動レポート>2016年のAirbnbによる日本経済の押し上げ効果は9,200億円

[AirbnbJapan株式会社]世界最大手のコミュニティ主導型マーケットプレイスのAirbnb(本社:米国カリフォルニア州サンフランシスコ、日本語名:エアビーアンドビー、以下:Airbnb)は本日、「日本における短期賃貸に関する活動レポート」を発表しました。本レポートには、日本国内のAirbnbコミュニティ(Airbnbを利用するホストとゲスト)に関するデータが含まれています。Airbnb内部のデータと2017年1月に実施したホスト/ゲスト調査の結果を基に作成されました。

Favicon訪日ラボ

 

古民家など100棟活用でインバウンド市場拡大を目指す 世界最大級のバケーションレンタル会社「HomeAway」と日本最大級のDMO「せとうちDMO」インバウンド観光推進で業務提携開始

本日4月19日、エクスペディアグループで世界最大級のバケーションレンタル会社「HomeAway(ホームアウェイ)」と日本最大級の広域連携DMOの「せとうちDMO」が業務提携を開始することをHomeAwayとせとうちDMOの業務提携発表会で発表しました。HomeAwayとせとうちDMOの業務提携発表会HomeAway・せとうちDMO業務提携開始世界最大級のバケーションレンタル会社「HomeAway(ホームアウェイ)」と日本最大級の広域連携DMOの「せとうちDMO」が...

Favicon訪日ラボ

 

民泊事業者が準備すべき設備とは何か?これだけは抑えたい3つのポイントをご紹介

外国人ゲストが宿泊先に求めるものとは?日本でも一般的になりつつ民泊サービスですが、民泊サービスの事業者として訪日外国人ゲスト向けに用意しておいたほうが良いものとは何でしょうか?民泊物件の運用、民泊事業参入のためのマーケティングリサーチを行っているBnBInsightの分析を元にみてみましょう。 民泊でニーズのある設備①:フリーWiFiフリーWiFiBnBInsightがAirBnbのレビューを分析した内容によると、レビューの中で最も言及されているのはフリーWiFi...

Favicon訪日ラボ

 

違法民泊262件を営業停止に 京都市 闇民泊撲滅・民泊サービスの適正化に本腰

京都市はこのほど「違法な「民泊」施設の適正化指導の強化に向けた調査業務」に関して受託候補者を公募型プロポーザル方式による受託候補者の募集を開始しました。本業務は違法民泊(闇民泊)の摘発・指導をするために営業者を特定するなどの基礎的調査を委託するもので、委託費の予算は1,880万円。京都市の違法民泊の撲滅への本気具合が伺えます。 京都市違法民泊262件に営業中止指導冒頭で触れた「違法な「民泊」施設の適正化指導の強化に向けた調査業務」の募集要項において、参考として京都市の今までの...

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!